「2本目がとても良かったので、優勝は間違いなく可能だったけれど、2位という結果にも満足している。結果は考えず、ただ昨日よりいい滑りをしたかったし、成功した。フィニッシュエリアの緊張感はいつも特別で、本当に楽しかったし、キリントンが楽しみだ。- ウェンディ・ホルデナーはレヴィで行なわれた今季2本目のワールドカップ・スラロームについて次のように語った。
レナ・デュールが4位、サラ・ヘクターが5位となり、レベルズにとってまたとない素晴らしい結果となった。コーネリア・オーランドは22位で、初のワールドカップポイントを獲得した。