8ヶ月前から、カリンシア出身のマルコ・ファイファーがOSV男子レーシングチームの指揮をとっている。チームスピリットと調和を印象づける。しかも、ハーレーでツーリングに出かけるのが好きな家庭人である。彼自身が現役のスキーレーサーで、当時クリスチャン・マイヤー、フリッツ・シュトローブル、ヴェルナー・フランツらとレースをしていたことは、あまり知られていない。しかし、ワールドカップでは活躍するどころか、19歳の時に怪我に悩まされることになる。辞任という短い段階と、資金的なサポートがないことを周囲に知られた後、コーチ養成を巻き起こした。こうして、スウェーデンが男子テクニックのコーチを探し始める前に、貴重なジュニアの仕事をしたのである。あとは既知ですね。2022年3月、アンドレアス・プーラッハからOSVレーシングディレクターの座を引き継ぐ。

ファイファーが家にいるときは、妻のカトリンがボスであることを強調する。48歳の彼は、2人の息子を持つ妻が「経営者」であることを報告する。家族は彼を支え、力を与えてくれる。だから、カリンシア人をファミリーマンと呼ぶのは決して間違ってはいないのだ。また、スキー場以外でもスポーツを楽しんでいる。ハイキング、サイクリング、サッカー...OSVの男子レーシングディレクターは、行動しない人生は退屈だと知っています。ハーレーダビッドソンでヴァイセンゼー湖周辺を見回ったりもする。スポーツ関係者は、間違いなく「今、ここ」での生活を楽しんでいる。

プエラッハーの遺産について尋ねると、彼は即座に「労働集約型である」と言い切る。さらに言えば、グループ分けをして、ヨーロッパカップに多くの投資をすることも、彼にとっては重要なことだった。予算編成も官僚も見逃せないのは当然である。様々なアクティビティがあるので、飽きることがないそうです。だから、若いアスリートたちが既存のアスリートたちから何かを学び、結果として利益を得ることができるのは、カリントウ人にとって重要なことなのだ。

今は雪が少ないので、臨機応変に対応する必要があります。この挑戦は、元OSVのスラロームコーチによって完璧にマスターされた。20年以上の経験から、常に状況を把握し、全体像を見失うことはない。また、チームのために身を粉にして働き、鋭く分析し、集団のムードが和やかになると喜びます。

だから、何かを成し遂げようとするときには、みんなで力を合わせることが大事なのだ。たとえファイファーが卓球をすることがあったとしても、チームスピリットがすべてである。スウェーデンとオーストリアでコーチをしていたカリント人の経験は、その痕跡を残している。人間の本質を知り尽くしている彼は、個人の長所と短所をフィルタリングすることにかけては、いい兆候だと思います。つまり、48歳は一貫して我が道を行き、人間であり続けることを忘れていないのだ。そんな彼だからこそ、ギルドの代表として人気があるのだろう。