オリンピック3連覇中のエステル・レデッカは、12月にカナダのレイクルイーズで開催されるスキーワールドカップのレースへの出場を希望しています。まだ医師からの許可が下りていないため、復帰は難しいでしょう。時間はかかるが、スノーボードとスキーの両方で活躍するアスリートは、前向きに考えている。カナダでのスピードスタートに参加できることを望んでいる。

夏、チェコ人はトレーニング中に鎖骨を骨折する怪我をした。骨がきちんと治るまで、気をつけなければならないこともわかっている。しかも、レデッカは自分がトレーニングから大きく遅れていることを自覚している。しかし、彼女は赤字を補填するために全力を尽くします。

とはいえ、大きな疑問符がつくシーズンである。体調不良や素材の変更以外に、コーチ陣の変更もあった。だから、レデッカは新しい素材に馴染む機会がなかった。とはいえ、この素材変更は、シーズン中だけでなく、将来的にも必ず報われるはずだと彼女は確信している。新しい冬へのスタートは波があるものですが、彼らは再び成功するためにあらゆる手段を講じています。

彼女は、選手がスキー協会とまだ締結していない代理人契約をめぐる論争について、これ以上語ろうとしなかった。彼女は、メディアを通してすべてを放送するのは、組合側として少し無粋だと思ったのだ。そういうことは、契約と同じように個人で解決すべきことだと彼女は考えている。



皆さんこんにちは、スキー・スノーボードシーズンが近づいてきましたが、私はまだ代理店契約をしていません。
でも心配しないでください。私が一番楽しんでいるのは、これまでのようにレースをしてチェコにメダルをもたらすことなのです。スポーツに限らず、現状は厳しいと実感しています。
だから私は、優秀な子どもたちや学生コーチのために、スキー・スノーボード協会からの支援をあきらめることを提案したのです。
SLCRは、私が両方のスポーツでチェコ共和国を代表することを「許可」し、大会に出場させてくれることを高く評価しています。
来シーズンは、パートナーの方々のご支援もあり、自分で資金を調達する用意がありますので、ゲレンデでお会いしましょう
応援してくれたファンの皆さん、本当にありがとうございました。感謝します!