11月28-29日にはマイヤーホーフェンで女子大回転とスラロームの第1ステージが、12月6-7日にはサンタ・カテリーナ・ヴァルフルヴァからフォルガリアとヴァル・サレンティーノの間で2月のレースまで、我々の雪上のスペクタクルには不足はない(ポンテ・ディ・レグノの偉大な帰還もある)。

旧大陸の雪の状況を考えると、天気が良ければ、あとちょうど30日。

第51回ヨーロピアンカップでは、ジョバンニ・フランゾーニを見ることはできないだろう。イタリアチャンピオンは、ワールドカップでの多くの仕事の合間に、いくつかのレースに出場することになるが(大陸サーキットでの勝利のおかげで、最大サーキットの名目チケットですべての種目に出場できる)、フランツィスカ・グリッチは、多くのイタリア人が参加する非常に豊かなシーズンに沿って一般クラスで彼女のパフォーマンスを繰り返すことになるだろう。

選手だけでなく、多くのオーガナイザーのおかげで、今回もクラシックなイベントが開催されることになり、雪上では9つのステージで17以上のレースが行われます。

スタートまであと1ヶ月、11月28-29日にオーストリアの雪山マイヤーホーフェン(昨年は中止でスタートしなかった)で女子大回転と回転が予定されており、12月1-2日には再びジナルで女子ダブルスーパーGが主役となり(その翌日にも同じスイスのリゾートで大回転が2回開催)、男子も同じ2日にグルグルで大回転2本がスタートします。

12月6日(火)と7日(水)にはサンタ・カテリーナ・ヴァルフルヴァで男子スーパーGが、デボラ・コンパニョーニで女子スラロームが、8日(木)と9日(金)にはヴァッレ・アウリーナで3大会連続で開催される。

そして、12月13日〜14日には、女子カレンダーのアンダロに代わって、(約20年ぶりに)ポンテ・ディ・レグノが復活し、タフな「ブラック・カソラ」で2つの巨大スラロームが行われるという目新しい大会が開催されます。12月15日にはオーベレッゲンの「マイアーレル」で歴史的な男子ヨーロッパカップ・スラロームが開催され、翌日にはポッツァ・ディ・ファッサの「アロッホ」でアンコールが行われる予定だ。

12月19日から21日にかけて行われる3つのスピードレースは、まだ正式に決定していませんが、サプライズがなければ、パッソ・サン・ペレグリーノの「ラ・ヴォラータ」が再び女性ジェット機を迎え入れることになるでしょう。

1月は12-13日にタルヴィジオのディ・プランペーロでダウンヒルが行われ、2月6-7日にはイタリアでの最後のレースが予定されている:女子はヴァル・サレンティーノでのクラシックスーパーG、男子はフォルガリアでのダブルジャイアントである。

3月中旬にノルウェーのナルヴィクで開催されるファイナルの前に、ガエリヴァーレ(スウェーデン)のダブルステージ、スオムとレヴィのフィンランド2大会が開催されるのだ。