ミカエラ・シフリンは、金メダルや世界タイトル以上の存在です。彼女は、弱さを見せることはそれ自体が力であることの証明でもあるのです。