2029年のアジア冬季大会は、サウジアラビアの砂漠で開催されることが決定しています。Felix NeureutherとMarkus Wasmeierは、この決定を「狂気」と呼んでいる。



ノイロイターとワスマイヤーが砂漠の冬季大会を批判
2029年のアジア冬季大会は、サウジアラビアの砂漠で開催されることが決定しています。バイエルン州の元冬季選手、フェリックス・ノイロイターとマルクス・ワスマイヤーは、この決定を「狂気」と呼んでいる。

砂漠で冬季大会?サウジアラビアが2029年の冬季アジア大会の開催地に決定 - トロヘナのスキーリゾートで- 火曜日(2022.10.04)より決定しています。まだ何も建設されていない、砂漠の真ん中にあるエリアです。トロヘナは、紅海沿いに170キロメートルにわたって建設が予定されている未来型都市「Neom」の一部である。冬は氷点下まで気温が下がることもあるが、砂埃のように乾燥しているため、競技はすべて人工雪で行われることになる。

決定の翌日、スキー競技の元五輪代表選手マルクス・ワスマイヤー氏は、冬季アジア大会の授与に不可解な反応を示した。"本当に怖い "です。どうやら何もわかっていないようだ」と59歳の彼はSIDに語った。"何が起こっているのか、本当にとても奇妙だ "とね。

ドイツの政治家からも批判が
BRのウィンタースポーツ専門家で元スキーレーサーのフェリックス・ノイロイター氏は、この計画を「狂気」と呼んだ。ワスマイヤーも、「どうしてこのような問題を持続可能だと考えるのか、ただただ理解に苦しむ」という。アジア・オリンピック委員会は、火曜日、論争の的になっている10億ユーロのプロジェクトに承認を与えていた。

また、政治家からもこの賞に対する批判が出た。「FDPのスポーツ政策スポークスマンであるフィリップ・ハートヴィヒ氏は、「サウジアラビアでの開催は、特にこの困難な時代には考えにくいことです」と述べています。

持続可能性に関する主な懸念事項
国際オリンピック委員会(IOC)は、受賞について「相談を受けていない」とし、「意思決定プロセスには関与していない」とIOCの広報担当者は述べた。CDU/CSUのステファン・マイヤーは、アジアオリンピック委員会が「自由に判断している」ことを懸念している。

「そのため、欧米からのコメントには十分な配慮が望まれる。とはいえ、砂漠の地に冬季競技大会を授与するのはおかしいと思う。" メイヤーは、主催者が「環境と持続可能性の面で本当に正義を貫きたいのなら、大きな課題に直面する」と見ている。現状では、このような懸念に十分配慮したイベントとなるとは考えられなかった。

今日の世界では、主要な国際スポーツイベントは「環境に優しく、持続可能であること」が求められています。そうでなければ、スポーツの世界でも他の場所でも受け入れられません。

サウジアラビアは、2022年のオリンピックで初めて冬季スポーツのスターティングメンバーとして参加した
アジア冬季競技大会は、前回2017年に開催されました。サウジアラビアは2022年の北京大会で冬季オリンピックに初参加しており、アルペンスキーのファイク・アブディは唯一のスターターで、大回転で44位だった。"母国でスキーをすることになるとは想像もしていなかった。

2029年冬季アジア大会の表彰に関する詳細は、こちらのsportschau.deでご覧いただけます。
"Here is Bavaria": BR24ニュースレターは、毎週月曜日から金曜日の営業終了時に、その日の最も重要な出来事を一目でわかるようにコンパクトにまとめ、直接あなたの個人メールボックスにお届けします。




🎙「フェリックス、あなたにとって自然はどんな価値を持っているの?」