ティチーノ州の女性は、シーズン前の伝統的なミーティングに際して、"Blick "の取材に応じました。"コビトを完全に克服するには時間がかかりましたが、今では20歳の頃より元気になりました。"

スイスアルペンスキーは、チューリッヒ近郊のドゥーベンドルフにある「ザ・ホール」で1週間にわたりイベントを行い、新しいレースシーズンをスタートさせました。昨日は、スイススキーとそのパートナー企業のプレゼンテーション、選手への資料の配布、メディア部門に関するすべてのことに専念した一日でした。

Blick "のマティアス・ゲルマンがララ・グート・ベーラミにインタビューした。彼女は延慶での傑作スーパーGで初のオリンピックタイトルを獲得した年から戻ってきたばかりだが、数ヶ月前にレンツェルハイドでのペトラ・ヴルホワとの決戦で霧に阻まれ、2度目のワールドカップを逃しており、2021/22シーズンは非常に難しい状況にある。

ティチーノのスターは、サンクト・モーリッツでの転倒はもちろんのこと、ヴァル・ディゼールでのレース前の陽気な雰囲気も手伝って、9レースを失い、クリスタルボール争奪戦のチャンスも失ってしまったのである。春の分析で肺の感染症がわかった」と、今のララは言う。「呼吸能力が通常より20%低下していたが、腺熱の原因となるウイルスと似たようなものだった」。コロナウイルスの影響か?まだわからないが、幸いなことに、もうすっかり治っている。

もう何かを証明する必要もないし、スキーをするのが楽しいんだ」。私の未来?もしかしたら、1年だけかもしれないし、2年、3年、4年かもしれませんが、20歳のときよりも31歳の今の方が気分がいいのは確かです。周りの環境も良く、自分の体のことも良く分かっているので、もっと上を目指していきたいと思っています。だから、2026年のミラノ・コルティーナのオリンピックについて聞かれたら、そこに参加することに何の問題もないと思う日もあれば、4年後にはまったく違うことをやっているかもしれないと思う日もある、と答えることができるだろう。

その一方で、このスイスのスターはすでに2度優勝し、昨年はミカエラ・シフリンに僅差で2位となったソールデンに注目が集まっている...。