昨年3月、オーストリアのスキーレーサー、エミリー・シェプフがコロナウイルスに感染した。これは、心臓の病気を伴っていた。しかし、この選手は勇敢に立ち直り、冬場の準備は決して最適ではなかったにもかかわらず、ワールドカップの切符をほぼ手中に収めたのです。アトミックの板を使い、スピードのスペシャリストとして活躍したいお嬢さんが、またまた攻めてきました。

数週間に及んだ南米でのトレーニングキャンプの後、22歳の彼は時差ボケに少し悩まされた。しかし、今はすべて順調で、金曜日までピッツタールでトレーニング用のスラットを装着する予定だ。前回のヨーロッパカップ滑降でランキング4位だった彼女は、最近力をつけてきた大回転のトレーニングを少しずつ始めている。安定感を欠いたために入賞を逃したとしても、元気はある。

だから、大回転は彼女にとって基礎的な種目であるだけでなく、成功を収めたい重要な種目なのだ。欧州カップ戦への足がかりをつかみたいと考えている。内部予選で良い走りをすれば、開幕戦のソールデンへの出場権を獲得できる可能性がある。もし彼女がダメでも、それはそれで災難ではありません。というわけで、11月末にヒッパッハでフォーラルベルガーに会えることになりました。ツィラータールでは、コンチネンタルレースシリーズのジャイアントスラローム(ヨーロッパカップ)がプログラムされている。