セルデンとは対照的に、ツェルマット/チェルフィニアには妖怪が忍び寄っている。雪が少なすぎて、新しいマッターホルンのダウンヒルのデビュー戦は危うい。12年前のオリンピック・チャンピオン、ディディエ・デファゴが新コースを作り、やはり前向きな姿勢を見せているのは既報の通りだ。.

一方、FISのスピードチーフであるハネス・トリンクル氏の言葉は、まるで最後通告のように聞こえる。よほど天候が急変しない限り、ソールデンの大回転の1週間後に男子のレースを開催することは考えられません。

グランベッカ」の斜面をよく見てみると、第1セクションが良さそうなのがわかりますね。コースの終盤では、寒さに頼らざるを得ない。そして、スノーキャノンでホワイトゴールドを作ることができるのです。中盤では、Frau Holleの助けを期待することになる。生態学的な理由から、氷河の通路に人工的に雪を降らせることはできない。

FISの正式な雪上視察は、今からたっぷり2週間後の予定です。責任者の祈りがポジティブに響けば、すべてがうまくいく。みんなよくやってくれた。今は皆、ハッピーエンドで、ソールデンのような良いコンディションになることを望んでいる。