ウシュアイアでの長いトレーニングの後、イタリアのスピードチームのエースは、南チロルで4日間の個人トレーニングを行う予定です。

自宅のすぐそばで、ヴァルセナレスのような質の高いトレーニングを保証する地域の再開発を利用することができます。

ドミニク・パリスは、ウシュアイア(他のイタリア人スピードレーサーのキャンプが終了するところ)で行われたキャンプ終了から約10日後、実質1ヶ月間、南チロルの氷河で再開した。 Dtマッシモ・カルカは、アルベルト・ギドーニとマイケル・グフレーがサポートする「ドム」に4日間の個人ワークを企画した。




ヴァル・セナレスでトレーニング中のドミニク・パリス

ドミニク・パリスは、アルゼンチンへの長旅から戻り、数日間の休養を経て、ヨーロッパのゲレンデでスキーを再開する準備が整った。ヴァルディモ出身の33歳のスター選手は、テクニカルディレクターのマッシモ・カルカによって、10月2日(日)から5日(水)までヴァルセナーレスで行われるトレーニングに招集され、アルベルト・ギドーニとマイケル・グフラーコーチも参加する予定だそうです。