セメリングでは、女子ナイトスラロームがキャンセルされるとは誰も思っていない。

現在のエネルギー危機により、ウィンタースポーツ界は投光照明を使用しない競技を行うべきかどうか、誰もが口にしている問題である。しかし、まだ誰も正しい答えを出すことができないし、出したくもない。一方、ゼメリングでは女子ナイトスラロームの準備が進められている。12月28日の大回転に加え、翌日にはミカエラ・シフリン、ウェンディ・ホルデナー、カタリーナ・リーンスベルガー、ペトラ・ヴルホヴァらがヒルシェンコゲルのゲートレースでスキーの技を披露する予定である。

主催者のフランツ・シュタイナーは、レースがキャンセルされるとは考えていない。準備は進んでおり、政府が何か言えば規制も遵守するとのこと。もちろん、節電が必要な場合は、節電もしたい。ゼメリングでのレースはファンにとってハイライトである。観光も盛んになり、宿泊や美食の回転率も上がるだろう。

もし、投光照明がなくなれば、日常業務に大きな支障をきたす可能性がある。ゼメリング鉄道は、ワールドカップが開催されない遅い時間帯に、売上の3分の1を稼ぐことになる。だから、投光器が必要なのは明らかなのです。それが崩れると、ターンオーバーの大きな部分が失われてしまう。先日行われた男子スラロームと同じような光景で