アルゼンチン南部で5週間にわたって行われたトレーニングキャンプは、エレナ・クルトーニ、ラウラ・ピロバーノ、ナディア&ニコル・デラゴ、ロバータ・メレシ、カロリン・ピヒラーにとって、いよいよ終了を迎えることになった。ジョバンニ・フェルトリン氏を中心としたグループのバランスは良好だ。南米で活躍した7人のスラローム選手の旅は10月3日に終わり、さらにオリンピックチャンピオンのペトラ・ヴルホヴァ選手がヨーロッパに戻ります。ミカエラ・シフリンに再び歯を見せて、大きなクリスタルグローブの争奪戦に加わりたいと考えている。このアメリカ人は、数週間前からチリで活動しており、10月6日のアトミック・デイの主役となる予定です。

ソフィア・ゴッジアは、スクアドラ・アズーラの2人の精鋭とともに、すでに故郷に到着している。先週末、トレントで開催された "Festival dello Sport "の主人公の一人であった。そのことを報告しました。コーチであるルカ・アガッツィは、彼女がソールデンの大回転でスタートすることを確認した。ウスアイアでの合宿は、とてもポジティブなものでした。条件は完璧で、すべての目的が達成され、1ヵ月間素晴らしい仕事をすることができました。エッツタールでのレースの後、ツェルマット/チェルビニアでのダウンヒルレースを控えているが、雪の状況によりまだ確定していない。

11月にカッパーマウンテンで行われる重要なトレーニングブロックへの参加は、もちろん見逃せない。いずれにせよ、紺碧のスキーレーサーは大回転で快進撃を続けている。確かに、まだやるべきことはたくさんあるが、自分たちが設定した目標を達成するために、できることはすべてやりたいと考えている。