フランスの技術者たちは、今日火曜日、セロ・カストルで最後のトレーニングを行う予定です。リーダー格のフレデリック・ペランは、一旦棚卸しをして、希望を持ってソールデンを見つめる。エキップ・トリコロールのメンバーは、疲れてはいるが、自分たちの仕事に満足している。遠く離れた南米での長いトレーニングキャンプもそろそろ終わりです。コンディションは最高で、トレーニングセッションはとても変化に富んでいました。

マチュー・フェーヴルについて、ペランは「彼は新しい機材に慣れ続けている」と語る。2度の世界チャンピオンとオリンピックメダリストは、春にヘッドからサロモンに乗り換えました。滑る姿は何も変わらない。未来に自信を持っているし、自分のやるべきことも分かっている。

ビクター・マファット=ジャンデはよく頑張った。フランス人選手は、大回転、回転、スーパーGのユニットを巻き取った。また、素材やセットアップの微調整も行った。冬場のコンディションでは、何も問題なく、怪我は歴史に残る。すべてにおいて、彼は最初のレースであるソールデンに向けて準備することになる。

北京オリンピックの大回転で5位となったティボー・ファブロ選手は、技術系種目で活躍しています。日曜日のトレーニングランで転倒し、肘を縫うことになった後、フリー滑走でセッションを終えた。それでも、良いセッションができたと振り返る。スラロームでより多く滑り、SACカップでも活躍した。第1レースは2つの大きなミスで4位に終わったが、第2レースは優勝した。

シプリアン・サラザンは、チリのラ・パルバでスピードグループと仕事をした後、ウシュアイアで技術者と再会した。ムードはいい。彼のプログラムは適応されている。彼は、いくつかの種目でトレーニングの熱心さを証明することができ、ペランはスーパーGですでに興味深いアプローチをしていることに気づいたのだ。スピードレースにもっと投資したほうがいいというのは、すでに昨シーズンから言われていたことだ。

クレマン・ノエルは技術系で唯一の純粋なスラロームのスペシャリストであり、テオ・レティトルはBチームに所属しています。オリンピック障害物競走のチャンピオンである彼は、エッツタールでのシーズン開始時には欠場するものの、アルゼンチンでは大回転のトレーニングも行っている。物理的には何も問題なく、基本的な訓練の進歩がはっきりと見て取れます。狭き門をくぐり抜ける一貫性が、彼にはまだ欠けているのだ。バリエーション豊かなトレーニングで巻き返しを図るのは、本人にとっても良いことだと思います。スラロームに関しては、ノエルは柔らかい地面でユニットを欠いただけだった。フランスでのホームレースは、開幕戦のヴァル・ディゼールと重なるので、まだしばらく時間がかかりそうだ。