アレクシス・パンチュローは、世界の反対側の雪の中に戻ってきます。健康上の問題から2年間ウシュアイアでの合宿を奪われていたサヴォワイヤールは、この日曜日にアルゼンチンへ飛ぶ予定だ。

アレクシス・パントゥローとウスアイアの歴史は長い。31歳のこのサヴォワイヤールは、世界の反対側にあるアルゼンチンにはすでに15回近く訪れている。連邦政府の団体で行く前に、まずクーシュベルのクラブで。この2年間は、皆と同じように、ウスアイアとその港から車で45分のリゾート地、セロ・カストルでコースを奪われたのである。

アルゼンチンへ出発する前に、イタリアで1週間の休暇を過ごす。
セッション...出発前にマットの上で

アレクシス・パントュローと彼の献身的なチームは、今週、南米の冬に戻る。今週の日曜日、ローマ経由で出発。ウェイトトレーニング、PPG、サイクリング、ジョギングを何時間もこなした夏の準備の中心で、「もう行かなくてよかったのに、また行けてよかった」と彼は言ったのである。だから、雪山に帰るときには、とても調子がよかった。しかし、1週間前、彼はついにブーツを履き、クールシュベルの自宅、プラッツ・スキージャンプのふもとにある彼のクラブのカーペットの上で、屋内を歩いたのだ。「と、ファビアン・ムニエの後任として新体制になったステファン・キテは強調する。