グループコーチのヴェルナー・フランツを中心とするワールドカップスピード2チームは、OSV男子の第一次派遣団としてすでにチリでトレーニングを行っています。ヴァレ・ネバドでは、マックス・フランツ率いるチームは完璧なコンディションを手に入れた。

南米最大のスキー場で、Otmar Striedinger、Christian Walder、Max Franz、Christoph Krennが約1週間、十分な雪の中で足跡を付けている。ヴァレ・ネバドの地形は比較的緩やかで、大回転やスーパーGのトレーニングに特に適している。

ヴェルナー・フランツ グループコーチ 「ヨーロッパの夏や気温のことを考えると、今、我々はここで非常にうまくいっている。十分な雪があり、コンディションは最高だ」。

来週末は首都サンティアゴ・デ・チレに戻り、第1コースの労苦を癒す。3,000mを超えるValle Nevadoの標高があるからこそ、必要なことなのだ。その後、ポルティージョに移動し、約2週間、ダウンヒルコースに特化したトレーニングを行います。

ヴェルナー・フランツ(グループコーチ):「ポルティロでは、ここヨーロッパでは非常に難しい、ジャンプや特殊な要素を含むダウンヒルのトレーニングを行うことができます。