元スキーレーサーのマルセル・ヒルシャーが常に落ち着きがなく、多才なエネルギーの塊であることは、彼がモトクロスレースに出場していたときから知っていたことである。そして今、このネオスキーメーカーは、伝説のダカールラリーへの参加をちらつかせている。ワールドカップで通算8度の優勝を誇る彼は、実際にはそんなチャンスはないことを知っている。

ザルツブルクの男性は、Audi RS Q e-tronに大胆な試乗をしました。大胆なマルセル・ヒルシャーは、確かに二の足を踏んでいたことは確かだ。年明け、ドイツの自動車メーカーは、新しいハイブリッド・ドライブを搭載した有名なラリーに、レース経験のないまま参戦しました。マティアス・エクストロム(スウェーデン)、カルロス・サインツ・シニア(スペイン)、ステファン・ペテランセル(フランス)は、14回の表彰台と4回のステージ優勝を達成しました。

試乗したヒルシャーは、それ以上に感激していた。モータースポーツ最大の挑戦ともいえるラリーで、いつか自分が活躍する姿も想像できるという。ザルツブルグ出身の彼は、簡単に冗談を言いながら、アウディがコックピットを譲ってくれるなら喜んでと言った。