1週間後、ソフィア・ゴッジアはウシュアイアに向けて出発する。イタリアのスキーレーサーは、南米でトレーニング用のテントを張ることを楽しみにしている。Marta BassinoとFederica Brignoneも同じ計画を持っています。この夏、サースフェーでは気温が高すぎたため、ヨーロッパの氷河に関する満足のいく作業ができなかったため、アルゼンチンでのセッションが唯一の作業ブロックとなった。

ゴッジャは6月から7月にかけて新コーチのルカ・アガッツィとともにステルヴィオとチェルヴィニアでトレーニングに励んだ。マルタ・バッシーノはジムで汗を流し、自転車で何キロか走っている。紺碧の三銃士の3人目、フェデリカ・ブリニョーネは、ラ・トゥイユとその周辺地域で仕事をしていた。イタリア・ナショナル・スキーチームのエリート・トリオは、9月23日に南米から帰国します。

他の女子スキーヤー、特にエレナ・クルトーニ、デラゴ姉妹のナディアとニコルは、ようやくトレーニングができるようになったことを楽しみにしているようだ。Laura Pirovanoは、このグループとまた一緒に仕事ができることを楽しみにしています。Karoline PichlerとRoberta Melesiも参加しています。多目的コレクティブは、2週間後の金曜日にアルゼンチンへ向けて出発します。数日後、スラロームのスペシャリストたちは、ロベルト・ロレンツィ監督とともにアルゼンチンに飛ぶ予定だ。後者は、アオスタ渓谷のクールマイユールで活動してきたところです。

マルティナ・ペテルリーニが復帰したのは喜ばしいことです。来る2022/23年W杯の冬に向けて、仲間たちと一緒に準備できることを喜んでいる。European Cup Cortina 2026」のグループには、マルタ・ロセッティ、ベラ・チュルツェンターラー、ララ・デラ・メア、セレーナ・ヴィヴィアーニ、セリーナ・ハラー、アニタ・グッリが入っています。彼女たちは皆、いずれは紺碧のゴールスケートを成功に導くという目標を追い求めている。