フランスのスキーワールドカップ・レーサー、アレクシス・パントュローは、ワールドカップ・シーズンのディフェンディング・チャンピオンとして、スイスのマルコ・オーダーマットの優位性を認めざるを得ず、しばしば価値以下の負けを喫したが、南チロルの首都ボルツァーノで彼のスポンサーの1人に立ち寄った。エキップ・トリコロールのメンバーは、長年にわたってロイシュを信頼してきた。アスリート用グローブを製造している機材メーカーです。

ピントゥローは、エッジとプロフィールと明確なメッセージを持った人物です。31歳の彼は、これからの冬が自分にとって特別なものになることを強調する。2023年2月に開催される地元クーシュベルでの世界選手権を当然見据えていることは間違いないだろう。彼はこの地で育ったので、地元での試合は最初で最後かもしれないと思っている。プレッシャーは大きいが、この名誉を奪われたくないというのが本音だ。これは外から来ることもあれば、自分で作り上げることもある。

また、このフランス人は言葉を濁すことがないことも知っている。2020/21シーズンの成功と、それに伴う大きなクリスタルグローブの獲得後、昨冬は3回しか表彰台に上がれなかった。ピントゥローは常にファイターであり、当然ながら再びレースで勝ちたいと思っている。それでも、氷河の融解に伴う気温の上昇を心配そうな表情で見つめる。しかし、当面はワールドカップのカレンダーを修正する必要があり、夏のトレーニングがますます難しくなっていることも知っている。

スキーレースには、いろいろなことを実現できるカリスマ性があります。ピントゥローはそこから始めたいのです。大きな水晶玉を見る限り、あまりチャンスはないと思っているようです。それはなぜでしょうか?スピードのスペシャリストは31レース、テクニシャンは27レースに出場する。合計すると、400ポイントの積み重ねです。昨冬、オーダーマットが見事に証明したように、最終的にトップに立ちたいのであれば、3つの種目を滑らなければならないのだ。それでも、ブルースのキャプテンは自信を持っている。彼は決してスキーを忘れたわけではなく、自分の専門分野ではトップクラスであり、明らかにスイス人の生活をできるだけ困難なものにしようとしている。