ミラノアカデミージュニアキャンプは、ワールドカップスキーヤーのドミニク・パリの故郷であるウルテンの近隣自治体、南チロルのSt. 後者は、地元のアマチュア・リーグ・クラブASC St.Pankrazが主催したものである。

5日間、ウルテンバレーとその周辺に住む50人の子どもたちが、ラウンドレザーに向けたランニングとトレーニングを行うことができました。ドミニク・パリスは二度も聞かず、訪ねてきた。ダウンヒルとスーパーGのスペシャリストはサインをしたり、質問に答えたり、また一体感の代名詞である赤と黒のジャージを身に着けたりしていました。さらに、スキーレーサーはボールを蹴って、その技術を見事に証明した。

最後に、子どもたちは一人一人、素敵な卒業証書を受け取って喜んでいました。さらに、チャンピオンズリーグのカップを皮肉るように、ハンドルポットと一緒に写真に写る機会もあった。ミランアカデミー・ジュニアキャンプ」のディレクターであるジュゼッペ・ブオノは、それ以上に満足したようだ。