スラロームでもバルッツィがナショナルタイトルを獲得(コルトゥーリが2位)。佐々木明さん!?

セロ・カテドラルで行われた今週のFIS最終戦では、アルゼンチン人が15歳のアルバニア人を抑えて総合優勝も果たした。40歳の日本人レーサーは、引退から8年ぶりにゲートに戻り、数百分の一の差で勝利を収めた。

FISスラローム2種目はアルゼンチン選手権でも有効で、今日セロ・カテドラルで行われた4日間のレースでは、火曜日から木曜日まで南米カップのポイントを獲得するための閉鎖が行われた。

大回転で優勝した後、細いポールの間でフランチェスカ・バルッツィ・ファリオルがナショナルタイトルを獲得した。彼は総合レベルでララ・コルトゥリを明確に打ち負かし、シーンを支配した。アルバニア国旗の下で戦う2006年組は、1本目終了時点でアルゼンチン選手から1.38秒差の2位(前日と同じく23番という高いゼッケン番号のため)でしたが、2本目はさらに遅れ、バルッツィから2.58秒差でトップとなり、カナダのマリーペネロペ・ロビンソンがマカレナ・シマリ・ビルクナー、イギリスのゴリンジの前の3位で4.80の表彰台を達成しました。唯一のイタリア人女性、ジョルジア・アイメが脱落したのだ。

男子スラロームでは、このようなサプライズがあった。amarcord:もうすぐ41歳(9月末に迎える)、2014年のクランスカ・ゴラでトップレベルの競技から引退してから8年以上、佐々木明はレースに復帰していた。

ワールドカップで3度表彰台に立ち(すべて2位)、オリンピックに4度出場した純日本人スラロームレーサーであることは、愛好家ならよく覚えていることだろう。素晴らしいのは、佐々木も非常に高いビブナンバーでスタートし、決戦ヒートで6つ順位を上げ、非常にタイトなレース(このヒートでは、昨日優秀だったピエトロ・トランキナが第1ヒートに出てきた)の末、イギリスのサミュエル・トッドサンダースがわずか100分の5で2位、アルゼンチンのバチスタ・アロンソとクリスチャン・ハビエル・シマリ・ビルクナーはこうして日本からわずか100分の7差で3位という結果だったことである。