昨シーズンのチーム・オーストリアの新鋭といえば、フォアアールベルク出身の21歳、ルーカス・フォアシュタインだろう。ヘッドスキーを使用するスキーレーサーは、サースフェー氷河での初雪の日を見事に巻き返した。従兄弟のパトリックと同室で、二人とも自信満々に前を見据えている。

でも、ルーカスにとどまりましょう。3月末にはドイツ選手権の大回転に出場した。不運にも転倒し、右肩を脱臼してしまった。また、靭帯の張りも訴えた。リハビリの段階が予定より長引いたとはいえ、これはもう水の泡です。トレーニングに復帰できたのは6月中旬である。

昨冬のスーパーGヨーロッパカップのランキングでも3位と納得のいく結果を残し、この非常に良い成績のおかげでワールドカップのこの種目の確定切符を手にしたスキーレーサーは、よく働くことができたと思う。チームメイトも彼も、マルセル・ヒルシャーの元コーチであるマイク・ピルヒャーが最適なコーチングと伴走をしてくれるのだ。気温が高く、コンディションが良くないときでも、比較的すべてがうまくいきました。

また、チーム内の風通しも良い。コーチ陣はプロフェッショナルに仕事をこなし、みんな仲良しです。ルーカス・フォアシュタインは、ソールデンの高台にあるレッテンバッハファーナーで行われるシーズン開幕戦の内部予選に出場しなければならないが、その準備は有望である。

この先、冬はどうなるのか、スーパーGがいくつ予定されているのか、メラウ出身の彼はまだ知らない。いずれにせよ、大回転には大いに注目したいところだ。ダウンヒルのトレーニングも予定されているかもしれません。スーパーGもこのコースで行われるのであれば、コンディションや地形に慣れるためにも重要なことだろう。