OSV男子アルペン・ナショナルチームの新レースディレクター、マルコ・ファイファー氏は、これまでの仕事に誇りを持っている。例えば、グループの星座を変えている。また、サポート分野の充実も彼にとっては重要なことです。Kaprunで行われたメディアミーティングにて、Carinthianが報告した。

さらにファイファー氏は、コーチや理学療法士とアスリートとの相乗効果で、これから冬にかけてのフランスでの季節のハイライトを戦えるようにしたいとも考えています。技術的な分野では十分な位置を占めているが、2025年にザールバッハ・ヒンターグレムで開催される世界選手権のために、スピードの分野でもギアを上げたいのである。

ファイファーは、世界選手権では、数人の優勝候補だけでなく、トップスピード集団で臨みたいと思っている。ヨーロッパカップは重要で、30人近い選手が良いベースを形成しています。テクニカルエリアでは、2つのグループ(6人)があります。Stefan Brennsteiner、Christian Hirschbuhl、Roland Leitinger、Patrick and Lukas Feurstein、Dominik Raschnerの世話はMike Pircherが担当。Martin KroisleitnerはJohannes Strolz, Manuel Feller, Michael Matt, Adrian Pertl, Marco Schwarz, Fabio Gstreinと集中的に仕事をしています。リストアップされた選手の多くは、少なくとも2種目のレースに出場することが予想されます。

Sepp Brunnerは、7人のダウンヒルグループの責任者です。マックス・フランツ、オトマール・シュトリーディンガーの活躍はもちろん、マティアス・マイヤー、ヴィンセント・クリーチマイヤーも常に勝利を目指している。また、ジュニアで活躍しているジュリアン・シュッター選手とシュテファン・リーザー選手も、トレーニングキャンプでチリに渡ります。マルコ・シュワルツは南米には行かないが、スピードチームの一員になる頻度を増やしたいと考えている。カッパーマウンテンには行くだろうし、レイクルイーズで滑るかどうかはまだ評価しなければならないだろう。

昨年は大回転に専念していたが、今年はスラロームで練習することになるだろう。さらに、経験豊富なスキーレーサーは、あと数キロ体重を増やす必要がある。

フランスで開催されるアルペンスキー世界選手権を前に、彼らは滞在先を探していた。氷河にはまだほとんど雪がないが、当分の間はこの状況が変わることが期待される。アルペンスキーの新しい責任者であるヘルベルト・マンドルは、ピッツ谷とエッツ谷の雪貯蔵庫が氷河訓練の見込みがあるかどうかチェックしたことを強調した。また、サースフェーにあるユニットも視野に入れているようです。大回転のスペシャリストたちは現在カプルンでトレーニング中で、再びゲレンデに出る前にフィットネストレーニングを行う。