航空運賃が高騰しているため、マニュエル・フェラーやマルコ・シュワルツといったオーストリアの回転・大回転のスペシャリストは、ニュージーランドに渡航しない予定である。オーストリアやスイスの高山氷河を訪れ、たとえ数メートル雪が溶けていても、昨年を基準にして働きたいという。

世界選手権2連覇のヴィンセント・クリーチマイヤー選手とオリンピック3連覇のマティアス・マイヤー選手を中心とするスピード男子は、8月のほぼ全期間チリに滞在しています。常にホームグラウンドのツェルマットでトレーニングしているスイス人と比べて、不利になることを恐れているのだ。

マルコ・ファイファーヘッドコーチは、高速種目で開いた穴を塞ぎたいのだ。その結果、ジュニアとヨーロピアンカップのセクションの構成について作業が行われました。2025年に開催される本国開催のワールドカップで、無残な姿にならないようにするためだ。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。