日曜日、チロルの首都インスブルックでインスブルックアスロンが開催された。スキーワールドカップで回転、大回転ともに名選手の一人であるオーストリアのレーサー、マヌエル・フェラー選手も参加していた。

いつもこの大会を楽しみにしており、すでにグラーツアスロンに参加したことをインタビューで報告している。しかも、彼の極意は、トップがやる気のある集団で、戦力を分けてスタートダッシュをすることだ。この競技では、協調性、持久力、跳躍力、スピードなどを鍛えると良いそうです。その点では、特に準備する必要はなかった。チームの大きな目標は、結束力だった。一緒にゴールを目指し、楽しく走り抜けることが課題でした。スキーワールドカップと同じように、ゴールした後は幸せな気持ちが広がります。

これからのトレーニングの日々に向けて、良い準備になりました。ここでも、感情の起伏がある。フェラー氏は、氷河訓練中の秋の雨の日のことを例に挙げた。 太陽が出て空から笑うと、チロリアンたちは自分が最高の職業を選んだことを知る。

最後にスキーの上に立ったのは、6週間も前のことだ。8月末からスイス、正確にはサースフェーで仕事をすることになったが、まだピリピリ感はない。その間、ピラーゼターラーは体力に磨きをかけている。日常生活では筋トレが主流ですが、ちょっとした休日を過ごす時間もあります。

今後の大きなイベントや目標について聞かれると、フランスで開催されるスキー世界選手権でメダルを獲得したいという。簡単なことではないが、昨冬の実績をもとに、運動面でもさらなるステップアップを図りたい。また、一つの目標として、小さな水晶の地球儀を掲げています。

また、若い人たちには、最初から多くの種目に挑戦することを勧めた。彼の目には、スポーツは楽しいものであり、遊び心を持って発見されるべきものだと映っているのです。動くことの喜びは、生きることの喜びと同じ。