南チロルのスキーコーチがスウェーデンにテントを張るのは、ほとんど大切な伝統になっている。クリスチャン・トーマは、ヨーロッパの極北で10年間働き、彼女たちを成功に導きました。ヴィンシュガウ出身の彼の後任は、マヌエル・ガンペール。アメリカやノルウェー、スイスやカナダでの勤務経験もあるウルテン出身の彼は、豊富な経験も頼りにしている。

ガンペール自身、新たな出発を語っている。これは、カナダでの騒動の後、必要になったものです。解雇され、選手の訴えで復職した話はよく知られている。南チロルの人は、淡々と効率よく仕事をすることで知られているが、もはや冷静に仕事をすることができないのだ。そこで、オリンピック大回転のチャンピオン、サラ・ヘクター選手を中心とする3冠チームからのオファーが、まさにタイミングよく舞い込んできたのだ。

それに、より責任の重いコーチになることもできる。ガンパーは、組織についてあまり心配する必要はない。スウェーデンの連盟が財政的にあまりうまくいっていなくても、サラ・ヘクターやアンナ・スウェン=ラーションをさらなる成功に導きたいと考えているのだ。経験豊富な二人の他に、スウェーデンの若い女性たちがどんどん前に出てきています。このように、若者の分野は非常に良い状態にあります。 だから、新監督には後者を丁寧にエリートに導くという使命がある。

ウルテンの男は、目標設定には慎重である。選手たちの言葉を学び、南チロルの家族に新しい国を見せてあげたいと思う。ヘクターは、安全だと思っていた小さなクリスタルグローブを、前回のレースでフランスのテッサ・ウォーリーに奪われたとはいえ、トップランナーの仲間入りをしたいのだ。

ガンペールとスリークラウンズ・アソシエーションの契約は、一度4年契約を結んでいる。その後どうなるかは、誰にもわからない。また、あまり未来を見すぎても、あまり生産的ではありません。だから、好感の持てるコーチは、プレッシャーをかけずにこの問題に取り組みたいと考えている。また、楽しさがおろそかにならないように、成功体験を増やしていきたいと考えている。