2021/22シーズンにW杯スタートリストポイントを獲得した女性選手に関する情報を堪能してください。

生のデータを見て意見を述べるのは、いつだって面白いものです。2021/22シーズンにワールドカップ・スタートリスト・ポイントを獲得した女性選手に関する情報を堪能してください。現在の女子アメリカワールドカップのスタート枠を作った15人のアスリートについて学んでください。

冬季オリンピックでは、上位15名はワールドカップ・スタートリスト・ポイントを獲得しますが、ワールドカップ・ポイントは獲得できないことを忘れないでください。ですから、例えば、ある選手がオリンピックのSLで優勝した場合、100点のスタートリストポイントを獲得しますが、ワールドカップポイントは獲得できません。しかし、ワールドカップSLで優勝すれば、100WCSLポイントと100ワールドカップポイントを獲得することができます。今回のオリンピックでは、ポーラ・モルツァン選手がSLで、ミカエラ・シフリン選手がSGで、トリシア・マンガン選手がアルペン・コンバインドでWCSLポイントを獲得しています。

さらに、国の枠は、WCSL上位60位以内に何人の選手が入るかで決まります。WCSLに入るには、ワールドカップで30位以内、オリンピックや世界選手権で15位以内の成績を収めなければならないことを覚えておいてください。

情報を得る
WCSLでトップ60になるために必要なポイント数は、リストごとに変化します。現在、女子のどの競技もワールドカップスタートリストで60人になっていないため、もし選手が1ポイントでも持っていれば、国の枠のスタートスポットが作られることになります。

ここに紹介するのは、ワールドカップスタートリストポイントを持つアメリカ女子選手です。彼女たちの順位を見てください。また、彼女たちの年齢と、もし興味があれば、2021/22シーズンのワールドカップのレースでどれくらいの賞金を稼いだかも見てください。もし賞金が少ないと思うなら、FIS会長のヨハン・エリアッシュと同じ陣営にいることになる。彼はFISの手元資金1億5000万スイスフランの一部を使って、全競技のFIS賞金を増やしたいと思っている。

また、現在のアメリカ女子の大会別スタート枠にも注目です。

選手やスポーツについて知れば知るほど、ファンになるのは簡単です。だから、楽しんでください。

スタート枠を支えるアスリートについてもっと知る
220627

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。