かつてのライバル、マルセル・ヒルシャーとヘンリック・クリストファーセンの新しい協力関係がうまくいくのかどうか、多くの人が注目している。いずれにせよ、バイキングにサインをするという野心的なヴァン・ディアのプロジェクトは、波紋を広げている。もちろん、成功例となることもありますが、コラボレーションには双方にとってリスクが伴います。これらを無視してはいけない。

北欧のスキーヤーがワールドカップシーズンをどのようにスタートさせるのか、その競争力は、ソールデンの大回転で正式に確認できるだろう。ヒルシャーのチームには素晴らしいノウハウがあるので、レッテンバッハファーナーでの上位入賞は間違いないだろう。

元OSVの役員やサービスマンであるToni Giger、Ferdinand Hirscher、Edi Unterberger、Bernhard Arnitzは多くの経験を持ち、その分野では著名人とも言える存在です。このように、「完璧を求めると、不思議なことが起こる」というクリストファーゼンの言葉は、少なからず真実味を帯びている。

ノルウェー人は今でも勝ちたいと思っている。数週間後に28歳になる北欧人は、機材がすべてであり、最終的なものであることを知っている。しかも、彼は明らかに早く勝利のレースをしたいのだ。とはいえ、バイキングは感情を抑えなければならず、それが仇となることもしばしば。よく暴言を吐くことで知られ、気の短い性格が目立ち、必ずしも楽しいとは言えない。

この気質は、目標とする成果が得られなかった場合に問題となる可能性がある。かつてのライバルであり、今日のパートナーでもある彼らの目標が達成され、2022/23年のワールドカップの冬にたくさんの応援の理由が生まれることを期待しよう。