マルコ・オーダーマットは、新しいスキー冬に新しいレーシングオーバーオールを着用する唯一の人物ではない。2022/23シーズンのワールドカップでは、スイスのスキーレーサーは伝統的な赤、白、青のスーツを着なくなる。レースの素材は、今後数週間のうちに明らかになる予定です。最近、スイス・スキー社は新しいメインスポンサーを獲得した。今のところ、新デザインの名称が「レバダ」(ラディン語で日の出)であることだけが漏れ伝わってきている。

しかし、昔のレーシングスーツは、まだまだ使い道があります。今後の使い道は、アスリートが自由に決めることができます。元スキーレーサーで、現在はSRFのエキスパートであるMarc Berthodが、若い才能を持つスポーツ高校にスーツを贈りました。オーダーマットは、新進気鋭のアスリートの支援も行っていた。昨年の春には、レーシングオーバーオールを何着かオークションに出品してもらった。集まったお金は、彼のスキークラブに寄付された。