一昨日、オーストリアのスキー界のエースたちが北京に飛んだ。初日は、高所順応と中国の人工雪との初対面が予定されていた。Katharina Liensberger, Katharina Truppe, Katharina Huber, Stephanie Brunner, Matthias Mayer, Max Franz, Vincent Kriechmayr, Raphael Haaser, Otmar Striedinger, Daniel Hemetsberger, Marco Schwarz, Johannes Strolzも宿舎に入りました。

リーンスベルガーは、旅が順調に進み、中王国にもうまく馴染めたと報告した。レースへの期待も大きく、五輪開催はこの季節のハイライトとなる。チームメイトのカタリーナ・トラッペは、「部屋はカジュアルで、すべてが印象的」と強調した。数え切れないほどの国から多くのアスリートが集まり、オリンピックの華やかさを感じることができます。

本日日曜日は、オリンピックゲレンデでのオープンエアスキーは行われませんでしたが、中国の雪を紳士淑女に紹介しました。マティアス・マイヤーは、北米の白い輝きを思い出していた。比較的急勾配で厳しい。1週間後、最初のメダル決定は、男子滑降の形で行われる。OSVのどの選手が参加するかは、トライアル終了後に決定されます。

オリンピック・デビューを果たしたダニエル・ヘメッツベルガー選手は、何が重要かを知っている。キッツビューエルで表彰台に上ったことで、彼は中国での仕事に完璧に対応できるようになったのです。彼にとって、この場にいることは狂気の沙汰であり、同時に大きな名誉でもある。すでにオリンピック村を見てきたと説明した。また、ここで行われたことに感動しているようです。

他の多くの選手と同様、上オーストリアは大回転とスーパーGのトレーニングも行っている。木曜日には、最初の男子ダウンヒルトライアルが行われる。日曜日には、輝くオリンピックチャンピオンが決まります。女子の最初のレースは女子大回転で、月曜日に開催される。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。