メイヤー、ヴェンゲンの表彰台に立つ

マティアス・マイヤーが今季5度目のワールドカップ表彰台を獲得。カリンシア出身の2度のオリンピック・チャンピオンは、木曜日にウェンゲン(SUI)で行われたスーパーGで3位に入賞した。

優勝したマルコ・オーダーマット(SUI)とは0.58秒差、2位はアレクサンダル・アモット・キルド(NOR)だった。

COVIDの病気を克服し、水曜日の夜11時にウェンゲンに到着したフィンセント・クリーチマイヤーは9位でトップ10に入り、ダニエル・ダンクルマイヤーは10位でワールドカップ最高成績を達成した。Max Franzが12位、Christian Walderが13位、Stefan Babinskyが15位となっています。

「こんなスーパーGはめったにない。うまくアタックして、スピードをキープできるようにした。2回のダウンヒルでは、間違いなくそれを生かすことができる」とメイヤーは語った。

クリークマイヤーは、旅についての前後関係を経てレースに取り組んだことを喜んでいる。「家でじっとしているより、スキーをしたほうがいい。今日の結果は二の次ではありません。表彰台に上りたかったが、うまくいかなかった。それが最大値だったのかどうかは、わからない。何度もスイングを見失った。"

当局が例外を認めないというのは、理解できる」と、当局の判断に理解を示す。嬉しい限りです。ダウンヒルでのスタートはまだわからない。"
ウェンゲンでのプログラムは、金曜日に短縮ダウンヒル、土曜日にクラシックダウンヒル、そして日曜日に最終スラロームが行われる。



ウェンゲンスーパーG◀でマイヤーが3位に入賞
ワールドカップ4戦のうち、ウェンゲン(SUI)で行われたスーパーGでは、マティアス・マイヤーが3位(+0.58秒)でOSVの表彰台を獲得しました。💪🤩
優勝はスイスの地元ヒーロー、マルコ・オーダーマットで、アレキサンダー・アモット・キルド(NOR)を100分の23秒の差で下した。