マルコ・オーダーマットはヴェンゲンでのレースを楽しみにしている

マルコ・オーダーマットはヴェンゲンのラウバーホルンで初戦を迎える。24歳のスイス人スキーヤーは、とても興奮しています。ワールドカップの総合首位は、当然ながらプレミアで良い姿を見せたい。最初のトレーニングセッションで優勝したクリストフ・インナーホーファーとの4秒の差は、大きな痛手にはならない。オーダーマットは慎重に行動し、スタートカーブからフィニッシュSまでの要所をすべて記憶していた。スイス人にとって最初の走行はまったく未知の領域であり、まだすべてのオートマティズムを理解できていないのは明らかだった。

水曜日の2回目のダウンヒルトレーニングでは、すでに状況はかなり違っていた。オーダーマットは1.52秒差の19位で、まだ改善の余地があった。

オーダーマットは、経験豊富なチームメイトのカルロ・ヤンカから貴重なアドバイスを受けた。ゲレンデは、良いラインを取らなければならないパッセージが豊富です。また、ラウバーホルンのコースを攻略するためのプランも十二分に用意されています。一方、24歳の彼は、ベルナー・オーバーラントの厳しい斜面でのライディングはとても楽しかったと認めている。あとは、ダウンヒルの2レースで得た印象を、金曜日と土曜日に積極的に実践していくことだ。走った後のリラックスした印象のオーダーマットは、ちょっとした手助けになります。

土曜日に行われたアデルボーデンの大回転でホームの勝利を収め、彼の心にはすでに大きな重荷が降ろされたのだ。これでウェンゲンのクラシックをプレッシャーなく戦うことができる。





ラウバーホルンレンネンウィークに突入です⛷🇨🇭🇭。
私にとっては初めてのことで、とても楽しみです🤩




アレキサンダー・アーモット・キルデ(ノルウェー)に0.5秒差をつけて、この日のベストタイムをマークした。




ウェンゲンでの第2回ダウンヒルトレーニングは✅、残念ながら今回も@vincent__kriechmayrは欠場ですが、ここでは最速のレベルズ10人をご紹介します。
ラウバーホルンのレースウィークは明日12:30(中央ヨーロッパ時間)にスーパーG(ボルミオの代替開催)でスタートします。