FISアルペンワールドカップ勝利番号 ✅ FIS Alpine World Cup Victory no. 73
スラローム勝利数 ✅1位 47
✅ 歴史を作った
私たちは言葉を失いました。ミカエラ・シフリン選手





ミカエラは総合首位をキープ、ペトラはスラロームカップで優勝:シュラドミング後のランキング

シフリンとヴルホヴァが再びプラナイでのスラロームの主役となり、その後ワールドカップの新しい局面がオリンピック(そしてクロンフラッツでの大回転)前の6つの高速レースで幕を開ける。ゴジアは309点からスタートし、アメリカから挽回を図る。

ミカエラ・シフリンには、今年のレースと総合防衛ランキングの首位が、ペトラ・ヴルホワには、2020年に獲得したスラロームの水晶玉に続く、彼女のキャリアで2個目の水晶玉が贈られました。

シュラドミングのナイトレースは、北京オリンピック前の最後のレースであり、スラロームワールドカップへの挑戦は2レース早く終わったことになる。

ミカエラとペトラは1月25日のクロンフラッツの「エルタ」での大回転を除けば、ほとんど力を使わずに滑走できるだろうからである。残り17戦、うちダウンヒル6戦、スーパーG5戦、ジャイアント4戦、スラローム2戦、来週末のアルテンマークト・ザウヘンゼー(土曜日ダウンヒル、日曜日スーパーG)から、また振り出しに戻るのである。

2月9日のオリンピックレースに向けて、この時点でWCSLスラローム、ファイナル。トップ7に変化はなく、スウェン・ラーソンが今日の0点にもかかわらず、スロベニアのアナ・ブチクと僅差で7位を守り、キアラ・マイアとレオナ・ポポヴィッチが今夜の素晴らしいレースで第2サブグループに入りました。

イタリアは、30位に入る選手がおらず、アニタ・グッリ選手のみで、スタート時の順位を上げるには程遠い状態だったため、実質的には何も変わりませんでした。

女子スラロームワールドカップランキング(7/9)
1位ペトラ・ヴルホヴァ 660pt、2位ミカエラ・シフリン 440pt、3位ウェンディ・ホルデナー 321pt、4位レナ・デュアー 312pt、5位カタリーナ・リーンスベルガー 272pt、6位アナ・ビュジック 191pt、7位ミシェル・ジシン 187pt、8位アナ・スウェン・ラーソン 182pt、9位サラ・ヘクター 175ptでした。10位 カタリーナ・トラッペ 157、11位 レオナ・ポポヴィッチ 146、12位 カタリーナ・ガルフーバー 116、13位 アリ・ヌルマイヤー 115、14位 カタリーナ・フーバー 113、15位 マルチナ・ドゥボフスカ 108、32位 マルチナ・ペテルリーニ 25、35位 フェデリカ・ブリノーネ 24、45位 アニータ・グッリ 8。

女子ワールドカップ総合順位(20位/37位)
1位 ミカエラ・シフリン 966pt、2位 ペトラ・ヴルホヴァ 911、3位 ソフィア・ゴッジア 657、4位 サラ・ヘクター 582、5位 ウェンディ・ホルダーナー 408、6位 フェデリカ・ブリニョン 407、7位 ミシェル・ジザン 385、8位 ラモーナ・シーベンホーファー 353、9位 レナ・デュアー 348、10位 ララ・グート・ベラミ 343、10位 カタリナ・リエンスベルガー 343。12位 ラグンヒルド・モーウィンケル 336、13位 ブリージー・ジョンソン 322、14位 テッサ・ウォーリー 312、15位 マルタ・バッシーノ 298、16位 エレナ・クルトニ 288、34位 ナディア・デラーゴ 117、56位 フランチェスカ・マルザーリア 68、62位 ニコル・デラーゴ 61、84位 マルティーナ・ペーターリーニ 25、87位 ロバータ・メレーシ 22、96位 カロライン・ピヒラ 15、107位 アニータ・グッリ 8。

WCSL 女子スラローム
1位ペトラ・ヴルホヴァ 880pt、2位ミカエラ・シフリン 654pt、3位カタリーナ・リーンスベルガー 509pt、4位ウェンディ・ホルデナー 460pt、5位レナ・デュアー 388pt、6位ミシェル・ジシン 334pt、7位アナ・スウェン・ラーソン 249pt、8位アナ・ブチク 237ptでした。9位 サラ・ヘクター 218、10位 カタリーナ・トラッペ 198、11位 ローレンス・サンジェルマン 171、12位 マルチナ・ドゥボフスカ 164、13位 キアラ・マイア 158、14位 レオナ・ポポヴィッチ 156、15位 ポーラ・モルツァン 153、34位 マルチナ・ペテルリーニ(inf. )41、36位フェデリカ・ブリニョーネ36、40位イレーネ・クルトーニ(引退)28、53位マルタ・ロセッティ10、54位アニタ・グッリ9、59位マルタ・バッシーノ4。





投光照明のショーでW杯最高の結果に歓喜

シュラドミングで行われた女子スキー競技の壮大なフラッドライト・プレミア。

プラナイでの最初のナイトスラロームで、ミカエラ・シフリン(アメリカ)が長年のライバル、ペトラ・ヴルホワ(SVK)を抑えて勝利を収めた。レナ・デュール(GER)が3位で表彰台に上がりました。

赤白赤の視点でキアラ・マイアは感嘆符を打った。中間地点の14位から4位まで順位を上げ、ワールドカップでの自己最高成績を達成した。

カタリーナ・フーバーは15位でオーストリア勢の2番手となった。

カタリーナ・リーンスベルガーは、中間地点で8位とOSVスキーヤーの中では依然としてトップで、決勝でも好調だったが、ゴール直前の重大なミスで21位まで後退した。1本目を終えて11位だったマリー=テレーズ・シュポアールは、決勝で脱落した。





オリンピック前最後の女子スラロームで、@minaholtmannが7位と健闘🔥👊🏼😁。
マリアトヴィベルクは第2戦で14位まで順位を上げ、@thenightrace_schladming🌟で10位を獲得しました。
シフリン🥇ヴロヴァ🥈とデュアー🥉の記録更新おめでとうございます。







シュラドミング・ナイトレースで、@lenaduerr がまたもや3位入賞を果たしました。
「今夜はなんと美しいレースだったことだろう。今、私はスキーをとても楽しんでいて、この斜面はまさに完璧だった。この丘で競技ができるなんて、本当に素晴らしい気分だ。今、スキーはとても簡単で、スキーを履けば完璧に機能することがわかるし、自分の道具を信頼できることはとても重要なことだ。今、僕は自信に満ち溢れていて、過去数年間は自分を信じられなかったが、今は一緒になってやっている。スキーはパズルのようなもので、今はすべてがうまくいっている。あまり考えすぎず、ただこの感覚を楽しんでいます。将来、レースで勝つチャンスはあると思うんだけど......」。
また、数日間欠場していたリーベルが、幻のカムバックを果たしました。カミーユはスラロームで自己最高の4位に入り、惜しくもワールドカップ初表彰台を逃した。
おめでとう、女性たち!