昨日のような感覚は初めてだ。恐怖、プレッシャー、幸せ、そして誇り...。
私のキャリアで最も特別な日にしてくれたアーデルボーデン、ありがとうございました❤️