木曜日に行われたワールドカップ男子スラロームレースは、19人のスキーヤーがぬかるんだコースでスタートし、最終的に危険と判断されたため中止となった。



ザグレブでの男子WCは危険な雪面のため中止となりました。
By SRスタッフレポート|2022年1月6日|1 Comment

ザグレブ、クロアチア(AP) - ワールドカップ男子スラロームレースは木曜日、19人のスキーヤーが雪で白くなっておらず泥だらけのコースでスタートし、続行するには危険すぎると判断されたため、中止された。

フランスチームによると、4年前のオリンピック複合の銅メダリストであるビクター・ムファット=ジャンデが、滑走中に右足首を骨折したという。彼が4週間後に開幕する北京オリンピックを欠場するかどうかは評価されていない。

レース主催者は、ワールドカップ総合優勝のアレクシス・パントュローを含むスキーヤーから、すぐに劣化する柔らかい路面でレースをスタートさせたことに批判を浴びた。

「今日はあまりにも多くの@fisalpineだった "Pinturault、Muffat-Jeandetの長年のチームメイトは、国際スキー連盟に向かってTwitterに書き込んだ。"私はちょうどイライラしていると私の友人のための重い心を持っている。"

暖かい気温の中、クルヴェニ・スプストのコースでは、3日間で2回目のレースが開催された。トップのセバスチャン・フォス・ソレヴァーグから3秒以上の差をつけられた選手もいた。

スイスのルカ・アエルニは、フィニッシュラインを通過する際、ヘルメットを指で何度も叩き、レースをしない方がいいと言わんばかりの強いジェスチャーをした。

ワールドカップのスラロームで2度の優勝を誇るヘンリク・クリストファーセンは滑走後、「これはワールドカップのコンディションではない」と語った。「ところどころ危険なところがある。マルコ(シュワルツ)とロイック(メイヤール)は草が生え始めていると言っていた。観客にとっては、奇妙に見えると思う」。

スキーの運営団体は、"悪条件のため、安全性と公平性のためにレースを中止した "と発表した。

主催者は、以前に予定されていたレースが1日延期された水曜日にスキーヤーと相談したにもかかわらず、レースの開始を許可した。

「とクリストファーセン氏は言い、スラロームのトップランカーのうち半数しかスタートを希望しなかったと付け加えた。"FISは、スキーレーサーにとって、コーチにとって、レースに出場するのに十分かどうかを判断するときに、状況がどうなっているかを知るために十分な知識を持つ必要がある。" と語った。

ベテランのダウンヒルレーサー、ヨハン・クラレー(フランス)はツイッターに投稿した。"Hey @fisalpine, are you still the boss in your own worldcup tour?"(おい、@fisalpine、お前はまだ自分のワールドカップツアーのボスなのか?

同じコースで火曜日に女子スラロームが行なわれ、スロバキアのペトラ・ヴルホヴァが優勝したが、その時に公平なレース面を作ることは、その後のレースの代償になったかもしれない。

「もし、女子が2日前にレースをしていなかったら、もしかしたらチャンスがあったかもしれない」とクリストファーセン氏は語った。「しかし、彼女たちは塩を使いすぎた。雪は完全に死んでいて、不安定で、弱くなっている」。

男子スラロームの選手は日曜日にスイスのアデルボーデンで再びチャンスを得ることになる。このリゾートのクラシックな大回転は土曜日に行われる。

女子スラロームでは、ザルツブルグ近郊でCOVID-19の患者が増加したため、来週予定されていた今シーズン最も活気のある、そして最もリッチなレースの1つがフラッハウからオーストリアのシュラドミングに変更された。

投光照明下でのナイトスラロームは、他の女子ワールドカップが45,000スイスフラン(49,000ドル)であるのに対し、優勝者には62,000スイスフラン(67,000ドル)以上の賞金が支払われる。現在シュラドミングで行われているレースは、火曜日に開催される予定です。





ザグレブでの無駄な労働

男子スラロームが今日の木曜日に延期された後、すべてのスキーヤーは元気で、新年最初のレースへの期待も大きかった。しかし、その喜びも束の間。最初の選手の後、ザグレブのゲレンデは決してワールドカップにふさわしいものではなく、ボーダーライン上の地形であることがすぐに明らかになった。何度も中断し、ゲレンデを救おうとしたが、1本目は19人のスキーヤーが滑走したところで断念した。

この時点で、ノルウェーのSebastian Foss-SolevaagがRamon Zenhausern(SUI)とClement Noel(FRA)を抑えてトップに立っていた。ブレイクオフ時のベストオーストリア人は、マルコ・シュワルツの6位(+1.74秒)だった。ビブNo.6で出場していたマニュエル・フェラーは、フィニッシュ直前の中間ベストタイムで途中棄権した。

"ゲレンデはボーダーライン。最初の頃は非常に粗い塊があり、そのうちに良くなり、今はむしろ危険な状態になっています。自分にとって最適ではなかったから、これだけ遅れてしまったのだ。コンディションを左右することはできないので、ベストを尽くします。レースでは、常に限界まで走るものだ」と、マルコ・シュワルツはフィニッシュの瞬間、外交的に言った。

チームメイトのマイケル・マットも、「残酷なほど難しかった」と同じ感想を述べている。スタートは良かったのですが、その後、急斜面で何度かゲートを踏んだ後、すぐに終わってしまいました。斜面は底が抜けたようになり、いくつかのターンは半メートル近い深さになっている。残念だけど、しょうがないよね。"

ワールドカップの代表選手はこれからスイスのアデルボーデンに移動し、土曜日と日曜日にそれぞれ大回転と回転のプログラムが組まれている。





ザグレブの男子スラローム、19人のスターターで棄権

ザグレブ - 気温が高く、柔らかいゲレンデコンディションのため、ザグレブの男子スラロームは昨日水曜日から今日木曜日に順延となった。天気も良く、寒くなり、選手たちは視界が格段に良くなったことに喜んでいます。しかし、1本目が長引けば長引くほど、ベア・マウンテンのゲレンデ・コンディションはボーダーラインに近づいていった。

1本目は、ゼッケン15番でスタートし、ノルウェーのセバスチャン・フォス・ソレヴォーグとともに種目別ランキングでトップを走っていたスウェーデン人のクリストファー・ヤコブセンの前で中断された。多くの門に手を入れ、緩んだ門は木のくさびで固定した。さらに、その穴を雪と水と塩で塞いでしまった。

その後、三冠王の男性選手などは、19人の選手を終えて最終ストップ前にスタートハウスから出された。ヤコブセンが雪上でベストタイムを出せないことは、スタート時から明らかだった。はるか後方にいたバイキングのヘンリック・クリストファーセンは、コース下部の全体を危険視し、「ここでは雪が死んでいる」と思い切った強調をした。ARDの専門家であるフェリックス・ノイロイターも、この哀れな光景を前にして、もはや世界を理解することはできなかった。

世界チャンピオンの座に君臨するフォス・ソレヴォーグが、やはり1番で最高のコンディションを手に入れ、それを利用してトップに立ったことは、茶番劇の最後に添え物程度の価値しかなかったのである。

ORFでの声。

セバスチャン・フォス・ソレヴァーグ:「ゲレンデはとても柔らかくて、今日は本当に難しい。1番は全開で行かなければならないと思っていたので、それほど悪い結果にはならなかった」。

ライナス・シュトラッサー「いつもはこういうコンディションが好きなんだけど、今日はスタートで...その時にはもう、本当にワールドカップに出場しているのかどうか分からなくなっていたんだ」。どうやって引っ張るんだろう "と。

Marco Schwarz「ゲレンデはボーダーライン。最初の頃は非常に粗い塊があり、そのうちに良くなり、今はむしろ危険な状態になっています。自分にとって最適ではなかったから、これだけ遅れてしまったのだ。コンディションを左右することはできないので、ベストを尽くします。レースでは、常に限界まで走る"

マイケル・マット:「残酷なほど難しかった。スタートは良かったのですが、その後、急斜面で何度かゲートを踏んだ後、すぐに終わってしまいました。斜面は底が抜けたようになり、いくつかのターンは半メートル近い深さになっている。仕方ない、何が決まったか見てみよう。"

ファビオ・グストライン選手談:「今日はスキーがうまくいった。これからどうなるかは、他の人たちが決めなければならない。スキーヤーとしてケガのことは考えてはいけないし、そうでなければ何かが起きてしまう。今日もコーチは多くを語らず、どうせみんな上のテレビで自分で見ているんだから "と。

ヘンリク・クリストファーセン:「これほどまでに遅れてしまったのは、コンディションのせいではないよ。そういう失敗をしたときは、驚かなくていいんです。でも、もちろん滑るとちょっと変な感じです。下の方で斜面が崩れると危険です。今の仕事ではどうにもならない、雪は完全に枯れている。この2日間の決断は、とても奇妙なものでした。すべてのカオスを今すぐ!"





男子スラロームが再びキャンセルに

昨日キャンセル-今日もキャンセル

ザグレブの男子スラロームは、悪条件のために中止される前にスタートする時間があった。

気温が高く、路面がデコボコしているため、1本目は何度も中断され、主催者はレースの中止を決定した。

2年連続表彰台のスウェーデンのクリストファー・ヤコブセンをはじめ、なんとか滑り出した選手たちは、滑れば滑るほど悪化する轍のあるコースでタイムを抑えるのに苦労していた。

ヤコブセンは、トップのSebastian Foss-Solevagから2.22秒差の10位でレースは中断された。

フォス・ソレヴォーグから49秒差でスイスのラモン・ゼンホイセルンが2位、58秒差でフランスのクレマン・ノエルが3位となった。

ヤコブセンをはじめとするライダーたちは、この週末にもう一度チャンスを得ることになる。そして、アデルボーデンではスラロームが待っている。





雪の夜とマイナスの気温の中、組織委員会の並々ならぬ努力もあり、今年の #SQT スラローム は中止となりました☹️ 女子レースを実現させてくれたチームの皆さんに感謝するとともに、今シーズンまだ続く素晴らしいレースに向けて期待しています🎿 今年のハイライトをチェックしましょう!