悪天候のため男子スラロームが木曜日に変更されたザグレブ大会

クロアチアのザグレブ - 水曜日、悪天候のため、今年最初の男子ワールドカップ・レースは木曜日に変更された。

Crveni Spustのコースは雨、霧、強風のため、主催者は予定通り現地時間午後3時30分(1430GMT)にナイトスラロームを開始することができなくなった。

国際スキー連盟は当初、「審査員による追加コース点検のため」15分延期し、その後「異常気象のため」その日のレースを中止とした。

大会は木曜日の現地時間午後1時(1200GMT)に開幕し、午後4時10分に第2レグが行われる。

今シーズンの男子スラロームは、先月のヴァル・ディゼールでのクレマン・ノエル、マドンナ・ディ・カンピーリオでのセバスチャン・フォス・ソレヴォーグに次いで3回目となる。男子ワールドカップカレンダーには、2月4日の北京オリンピック開幕までの3週間に5本のスラロームが組まれている。

同じコースで行なわれた女子スラロームは、火曜日に厳しいコンディションの中で行なわれ、スロバキアのペトラ・ヴルホヴァがワールドカップ総合トップのミカエラ・シフリンを抑えて優勝した。





木曜日、ザグレブで開催されるスキーワールドカップ男子スラローム
スタート時間:1本目13.00 / 2本目16.10

クロアチアの首都ザグレブで行われたスラローム男子の延期で、新暦の2022年がスタートした。水曜日のベア・マウンテンでは、暖かい気温、霧、雨、そして柔らかいゲレンデのためにレースは行われなかった。しかし、ザグレブでは夕方から寒冷前線の影響が予想されます。一晩で、サーキットをレースができるコンディションに整えたいのだ。このように、今月はスペシャリストにとって非常に忙しい月となる。1本目のスタートシグナルは13時00分、2本目は16時10分に鳴り響く予定です。

2021/22年オリンピックシーズンの最初の2つのゲートランを見ると、ヴァル・ディゼールのアレックス・ヴィナツァーとマドンナ・ディ・カンピリオのクレメン・ノエルは、非常に良い順位が見えているのに、自信を持ちすぎてゴール直前でドロップアウトしていることに気づかされました。ザグレブのどのスターターにも同じような災難が降りかからないように、暗い気持ちになりたくない。南チロルの選手とフランス人の選手が、この不運から学び、最後まで集中力を切らさないことを願うばかりである。そうすれば、両者とも上位入賞は十二分に可能です。

種目別ランキングでは、ノルウェーの世界チャンピオン、セバスチャン・フォス・ソレヴォーグとスウェーデンの若手クリストファー・ヤコブセンが最大200点満点中140点で首位に立っています。両選手とも非常に調子がよく、終盤にどちらか一方だけが日章旗を掲げることも十分考えられる。エキップ・トリコロールのアレクシス・パントゥローは、ワールドカップで首位を走り、クロアチアのゲートレースには出場しないスイスのマルコ・オーデルマットとの差を詰めるために、足を踏み出したいと考えています。いつか追いつけるか、追い越せるか、まだ疑問が残る。

フォス・ソレヴォーグのチームメイト、ティモン・ハウガンも必ずや良い結果を残すだろう。12年前にここで優勝し、同じ年にカナダでオリンピック・チャンピオンになったイタリアのジュリアーノ・ラッツォーリにも同じことを期待できたはずだ。残念ながら、ラゾーリは風邪のため、急遽出場を取りやめることになった。いずれにせよ、スクアドラ・アズーラのアスリートは、その経験をすべて生かすことができたのだ。マンフレッド・メルグが、彼のために火中の栗を引き抜かなければならないのだ。5年前、この地で表彰台の頂点に立った南チロル出身の彼は、高齢にもかかわらず、中位でフィニッシュするだけでなく、もう一度成功を収めたいと考えている。

一方、スイスはあまりうまくいっていない。新年早々、事態が好転することを期待したい。今のところ、ダニエル・ユールは、成功に慣れきっているスイスのスキーチームでは最高の選手である。チームメイトのロイック・メイヤール、ルカ・アエルニ、ラモン・ゼンホイゼルン、タンギー・ネフ、サンドロ・シモネらと同じように、一つでも二つでも成績が上がることを望んでいるのだ。

また、ノルウェーの若手、ルーカス・ブラッセンもおり、彼の調子が良ければ上位を狙えるでしょう。しかし、そのためには、しばしば鋼鉄の神経と、さらに、安定した2本の走りが必要です。さらに、マドンナ・ディ・カンピーリオで10位に入った南チロルのシモン・マウルベルガーが、クロアチアでも同じような好成績を残すことは十分に予想できる。

ベルギー人のアルマン・マルシャン、イギリス人のデイブ・ライディング、紺碧の選手トマソ・サラ、ブルガリア人のアルベルト・ポポフ、スペイン人のホアキム・サラリッチ、日本人の小山洋平など、さまざまなタイプのアウトサイダー・チャンスが存在するのだ。これは、単に各国の選手が揃ったということではなく、参加者の顔ぶれが多彩で、うまくいけば、いい意味でのサプライズも一つや二つはあり得るということの証明です。ファッサのステファノ・グロス、ロシアのアレクサンダー・ホロシロフをはじめ、ドイツのリヌス・シュトレーサー、母国のフィリップ・ズブチッチ、フランスのヴィクトル・ミュファ=ジャンデは、これまでの経験をすべて証明し、2022年の新しい年を良い結果で迎えたいと考えています。

OSVのマルコ・シュワルツ、マヌエル・フェラー、マイケル・マット、ファビオ・グストライン、クリスチャン・ヒルシュビュールらのパフォーマンスについては、シーズン最初の2レースであまり多くを語る必要はないだろうと思います。アルペン共和国のスキーレーサーたちは、それを知っているのだ。同僚のスラローム副世界チャンピオン、エイドリアン・ペルトルが怪我で欠場していることは、彼らの不調の言い訳にはならないし、してはいけないことである。だから、スイスの友人と同じように、彼らにも適用される。新しい年、新しい運気。そして、1月には多くのスラロームが控えているので、いつかOSVチームのスラロームでの活躍も報告する予定です。表彰台は、すでにベルトコンベアーでのトップパフォーマンスへの最初の火種となり得る。

ザグレブでの最後のスラロームでシュトラッサーが優勝した。DSVの選手は、フェラー、シュワルツを抑えての勝利となりました。


2020/21シーズンの男子スラロームレースについて
ザグレブ大会 男子スラローム
ドイツ人スキーヤーのライナス・シュトラッサーがザグレブで開催されたスキーワールドカップ・スラロームで初優勝を飾った。オーストリアのManuel Fellerはコンマ1秒差で2位となり、種目別ランキングでトップの赤いジャージを着ることができたのは喜ばしいことだった。フェラー選手の僚友、マルコ・シュワルツ選手とマイケル・マット選手が3位と4位で振り切った。後者は2本目のベストタイムにより、22位まで順位を上げた。クロアチアのフィリップ・ズブチッチ選手は5位でした。ホームマンの後方では、1本目を終えてトップに立っていたフランス人のVictor Muffat-JeandetとClement Noelが6位と7位を獲得した。チロルの若手、ファビオ・グストレインが8位に入りました。スイスのRamon ZenhausernとDaniel Yuleは9位と10位で満足したようだ。



2021/22シーズン男子スラロームレース
バルディゼールでの男子スラローム
ヴァル・ディゼールでは、クレメン・ノエルが地元での勝利を喜んだ。スウェーデンのクリストファー・ヤコブセンが2位で驚きました。クロアチアのフィリップ・ズブチッチ選手が3位となりました。ベストスイスは、4位のダニエル・ユール。イギリスのデイブ・ライディングは、5位に入賞し、彼が決して古い人間ではないことを証明した。その後方では、ノルウェーの世界チャンピオン、Sebastian Foss-Solevagが6位に入賞した。ベルギーのArmand Marchantは7位に入りました。韋駄天アトレ・リエ・マクグラス(8位)とルーカス・ブラッヘン(9位)は、9位に終わったイタリアのジュリアーノ・ラッツォーリに挑みました。

マドンナ・ディ・カンピーリオの男子スラローム
イタリア北部のマドンナ・ディ・カンピーリオで開催された男子ナイトスラロームで、現世界チャンピオンのセバスチャン・フォス・ソレヴォーグが、フランスのアレクシス・パントュロー、スウェーデンのクリストファー・ヤコブセンを抑えて優勝を果たした。バイキングは、フランス人のクレメン・ノエルが、1本目でベストタイムを更新していたものの、最終ゲートで脱落してしまうというドラマを経験した。南チロルのAlex Vinatzerは4位でした。ティモン・ハウガンは5番目に振り切った。スイスのロイック・メイヤードは6位でフィニッシュし、強い生命力を感じさせた。Giuliano Razzoliは、ホームレースで7位となり、最高のAzzurroとしてレースを終えた。さらに、小山陽平(8位)、ピンチュローのチームメイトであるヴィクトル・ミュファ=ジャンデ(9位)、南チロルのシモン・モーベルガー(10位)がトップ10に名を連ねた。




クレイジーなコンディション 残念ながら再びコンディションが悪化し、男子スラロームは天候のため中止となりました😳。ただし、明日06.01のレースは補填される。開始時刻は13:00/16:10です。私たちは指をくわえて見ているだけです。✊




ザグレブ・スラロームが当面の間キャンセルに

水曜日にザグレブで予定されていたワールドカップ男子スラロームは、当分の間キャンセルされることになった。

クロアチアの首都は突風が吹き荒れ、気温が高いためにゲレンデはもろく、レースは不可能だった。さらに、スタート予定時刻の少し前から雪が降り出しました。火曜日の女子スラロームは、すでに強い風と柔らかいゲレンデに悩まされていた。

セリメのスタートは当初、審査員がゲレンデの追加点検を希望したため、15時45分に4分の1時間延期された。15時30分前、レースは中止となった。

後日談を検討した結果、主催者はベレンベルクでのレースを木曜日に延期することを決定した。1本目は13時、判定は16時10分の予定です(いずれもORF1でのライブ配信、ライブストリーム)。




痛いけど、それがアウトドアスポーツ。残念ながら、ザグレブでは気温が高すぎたため、男子のレースは行われませんでした。

















今日のザグレブはレースなし。❌
雪の状態がまた悪すぎる。次回の挑戦は、明日(木)13:00から!?





エマニュエル・クーデルが、本日ザグレブで行われた男子スラロームレースがキャンセルされた理由を説明した。レースは明日6日(木)に行われ、1本目は13:00、2本目は16:10(中央ヨーロッパ時間)に行われる予定です。