昨シーズン、ワールドカップでトップ10入りし、ヨーロッパカップでも優勝したミドルベリー大学出身の彼は、オリンピックを視野に入れています。



コロラド州ビーバー・クリーク - 金曜日、フィニッシュエリアにいた子供がエリック・アルヴィドソンにゼッケンを求めたとき、このアメリカ人アスリートにとってゼッケンを渡すことは古いことのように思えました。

実は、カリフォルニア出身の25歳のアルビドソンにとって、ゼッケンを求められたのは初めてのことだったのです。ビーバー・クリークで開催されたバーズ・オブ・プレイのスーパーGレースは、アルビッドソンにとってアメリカの雪上で開催される初めてのワールドカップ・レースでもありました。

「スタートから観客を見下ろして、素晴らしい経験をしました」と語っています。

アルヴィドソンは、スーパーGとアルペン複合でノルアムの表彰台に上った後、2016年に世界ジュニアダウンヒルチャンピオンになるなど、常にスピードを愛してきました。彼は2017年に米国チームを離れてミドルベリー大学に入学し、技術系種目に焦点を当てました。彼の成功は続きました。昨シーズン、米国スキーチームに再合流する前に、大学とノルアムの大回転とスラロームのレースで数々の表彰台に打ち込み、ミドルベリー大学の4年生をオンラインで終えながら、ヨーロッパカップのスピードレースと両立させながら、初めてのワールドカップレースに乗り出しました。

アルヴィドソンは、技術系からスピード系へのシフトチェンジを短期間で行いました。昨年1月、フランスで開催されたヨーロッパカップのダウンヒルで初優勝を果たしました。その数ヵ月後、アルビドソンは6回目のワールドカップ出場となった3月のザールバッハ・ヒンターグレム(オーストリア)のダウンヒルで、8位という素晴らしい成績でワールドカップ初ポイントを獲得した。

アルヴィドソンは、ビーバー・クリークでのレースを待ち望んでいました。

「昨年は初めてのワールドカップの年でしたが、アメリカでレースができなかったのは辛かったですね。「私たちは冬の間ずっとロードにいて、バブルの中で一緒にいて、自分たちが仲間はずれにされているとか、負け犬にされているとか、そういう感覚に慣れています。だからこそ、ホームであるアメリカの雪の上で、大勢の観客の前で戦えることは特別なことなんだ」と語った。

金曜日のSGに出場するために選ばれたアルビッドソンは、55位からスタートして35位でゴールしました。

「今までこの丘でスーパーGに出場したことはありませんでした。この雪の上では、ところどころでスピードを落としてしまうと、かなりの時間をロスしてしまうことがわかっていました。この雪の上では、ところどころでスピードを落としてしまうと、時間を無駄にしてしまうことがわかっていたので、50秒台では終わらせたくないと思いました。30位以内には入りたいと思っていたので、プッシュしなければならないと思っていました。「こんなに遅くスタートするのはいつも大変です。一日中、長い時間座っていなければならない。ブーツが温かくなったりしてね。でも、ゲートを出たときの感動は格別です。私はベストを尽くしました。もう少し早く滑りたかったけど、自分の滑りにはとても満足しているよ」。

アルビドソンは、友人、家族、ガールフレンドを引き連れてビーバー・クリークを訪れ、今週末の両ダウンヒル・レースに出場します。彼の今シーズンの重要な目標は、北京大会への出場権を獲得することです。

「ワールドカップのスタートリストで30位以内に入りたいし、オリンピックにも出たい。私は本当にオリンピックに行きたいのです。アメリカを代表して行きたいです。"