引退したスター選手は、ビーバークリークでの数え切れないほどの素晴らしい瞬間を特徴とするキャリアを振り返っています。



コロラド州ベアバークリーク - スタートハウスやバーズ・オブ・プレイ・ワールドカップのポスターではなく、マイクの後ろに陣取ったテッド・リゲティは、ここでレースをしないことを少しも悲しく思っていません。

木曜日のスーパーGレース後、リゲティは「今日はスタートゲートを押し出す気持ちになれなかった」と語った。「走り出したくてウズウズしているわけではない。次の世代に引き継ぐことに満足しています。」

ユタ州出身の37歳のリゲティは、昨シーズンの世界選手権中に引退を表明しました。20年にわたるレースキャリアの中で、ワールドカップで52回の表彰台、5つのワールドカップタイトル、7つの世界選手権メダル、2つのオリンピック金メダルを獲得してきました。

リゲティは、ワールドカップでの25回の優勝のうち5回をこのビーバークリークで達成し、世界選手権でも金メダルを獲得しました。リゲティは、ワールドカップ男子ツアーでアメリカ唯一の開催地であるここビーバー・クリークで、数年間にわたりスター選手として活躍し、また、このイベントの広告塔としても活躍しました。リゲティのレガシー」。

「間違いなく名誉なことです」とリゲティは言います。「私のキャリアの中で、ビーバー・クリークのような場所があったことは幸運だったと思います」。

ビーバークリークでのキャリアを振り返ってみると、リゲティにはたくさんの輝く瞬間があり、その中でも特に際立ったものを挙げるのは難しいですね。

「印象に残っているハイライトは、世界選手権の大回転で優勝したことです。あの2本目の滑りは、私のキャリアの中でも最高の滑りでした」と彼は言います。「1本目で4位だったのが戻ってきて勝てたのは、ホームの雪で夢が叶ったようなものです」。

でも、待ってください。まだまだあります。2013年を忘れてはいけません。

「ボデと私が1-2位になったGSでは、子供の頃からのヒーローであるボデと表彰台を共にできたことが最高でした」とリゲティは語り、ボデ・ミラーに1.32秒、3位のマルセル・ヒルシャーに1.82秒、その他の選手に3秒近くの差をつけての驚異的な勝利だったという。

そして、リゲティにとってビーバー・クリークでのレースの最も古い記憶は、2002年のNorAmでした。

「2002年のノルアムです。J2としては、最初のスーパーGの1つをレースするという、さらに本格的なものでした。その数年前のワールドカップと世界選手権をここで観戦しました。この丘のことは知っていた。実際にレースをしてみて、これもまた素晴らしかったです。"

ビーバークリークは、リゲティが初めてワールドカップで表彰台に立った場所でもあります(2005年のスラロームで3位)。

「ビーバークリークは、リゲティが初めてワールドカップで表彰台に立った場所でもあります。「この大会の顔であるポスターに何年も登場し、その多くの時間を費やしてきたことは素晴らしい経験でした。確かに名誉なことです。ビーバー・クリークは常にこのスポーツに誇りを持ち、サポートしてくれています」。

リゲティはビーバー・クリークのコースで、ダウンヒル以外のすべての種目で合計13回の表彰台を獲得しました(ただし、2014年のレンツェルハイドではワールドカップのダウンヒルの表彰台を獲得しています)。

彼は、長年にわたる腰痛と、キャリアを通じての複数の怪我による後遺症に悩まされ、昨年、引退を決意しました。今週、彼はNBCのBirds of Preyレースの解説をする前に、コースの点検やフリーランをしていました。

ワールドプロスキーツアーへの出場を考えているかという質問には、少なくとも今シーズンは考えていないと答えています。

「私の計画の大部分は、家族と一緒にディアバレーを回ることです。すぐにレース用のスキーを履くわけではありませんが、外に出て楽しむことにとても興奮しています。「今の私は、体も腰もレースに参加できる状態ではありません。今のところ、家族と一緒に出かけることが一番の優先事項です」。

リゲティと妻のミアは、4歳のジャックスと1歳半の双子のウィルとアレックという3人の男の子を育てている。リゲティは、ワールドカップでのコールや今年2月の北京オリンピックでのレース分析を担当するほか、自身の光学機器・ヘルメットメーカーであるShred社でも多忙な日々を送っています。

「今も多くのパートナーと仕事をしています。今でも多くのパートナーと仕事をしていますが、多様な仕事があるのは楽しいことです。「引退したことに後悔はありません。あそこにいて、仲間や友人たちに会うのは楽しいよ。見ているだけでも楽しいし、ビーバー・クリークに戻ってくるのも楽しい。」