レイクルイーズで開催されるスキーワールドカップ女子では、ダブルダウンヒルとスーパーGの3つのスピードレースがプログラムされています。火曜日から木曜日までのトレーニング日の天気予報は、はっきり言って非常に悪いです。カナダ環境・気候変動研究所は、バンフ国立公園とレイクルイーズに暴風雨・気象警報を発令しました。このような予報のため、中止や延期が予想されます。木曜日以降のレース当日は、天候がやや落ち着き、気温はプラス2度からマイナス13度まで下がる見込みです。

バンフ国立公園/レイクルイーズの天気予報について

火曜から木曜の朝にかけては、大雪で視界が狭くなり、吹雪くことが予想されます。

火曜日の降雪は夕方から増え、水曜日の朝までに20-30cmの積雪が予想されています。時折70km/hの強風が吹き、吹雪で視界が悪くなるでしょう。

降雪は水曜日まで続きますが、木曜日の朝には弱まります。

急激な積雪のため、場所によっては移動が困難になる可能性があります。大雪や吹きだまりの中、視界は一気にゼロに近づきます。

必要のない旅行は、状況が改善するまで延期することを検討してください。カナダ公安庁は、誰もが緊急時の計画を立て、飲料水、食料、薬、救急箱、懐中電灯などを備えた緊急キットを用意することを推奨しています。