ヨーロッパカップでの成功的なスタート💥
また、女子、男子ともにヨーロッパカップのシーズンがスタートしました Franziska GritschとLukas Feursteinは、最初のレースでそれぞれ2位となり、最初の2つの表彰台を獲得しました☺️
いいね!」=「おめでとう!」





ジナルで開催された第1回ECスーパーGでイタリアのMatteo Franzosoが勝利

40,32,36,30,24... スイスのジナルで開催されたヨーロピアンカップ・スーパーGでは、上位5人のスターナンバーが比較的高い値を示した。イタリアのMatteo Franzoso選手が56.25秒という比較的短いタイムで優勝しました。オーストリアのルーカス・フォイアスタイン(+0.18)とノルウェーのマーカス・ノードガード・フォスランド(+0.32)が2位と3位に入賞し、表彰台に上ることができました。

ベスト・スイスはJoel Lutolf(+0.41)で、4位に浮上しました。フランス人のフロリアン・ロリオット(+0.54)は、フォイアスタインの同胞であるクリストフ・クレンよりも100分の1秒速く、彼は2021/22年の欧州カップシーズンにゼッケン1でレースを開幕し、結果的に6位となりました。

7位と8位にもオーストリアチームのアンドレアス・プロイヤー(+0.56)とシュテファン・リーザー(+0.59)が入り、トップ10にはスイスのクリストフ・トレント(+0.63)とオーストリアのクリストファー・ノイマイヤー(+0.74)が入った。同じくスイス人のニコラス・マシェレは、100分の7秒差でトップ10入りを逃した。母国のレースでは11位に終わった。

また、チームメイトのRemi Cuche(+0.96)が14位、Marco Pfiffner(リヒテンシュタイン)にもポイントが与えられた。優勝したフランツォーゾとは1.17秒差の18位でした。

明日は、コンチネンタルレースシリーズの一環として、次の男子スーパーGがジナルで開催されます。

FIS公式最終ランキング:第1回欧州カップスーパーG男子





2021/22シーズン第1回欧州カップ大回転でリヒテンシュタインのシャルロッテ・リングが1位獲得

ついにヨーロッパカップのレディースが2021/22年の冬に向けてスタートする可能性が出てきました。マイヤーホーフェンで行われた最初の大回転では、リヒテンシュタインのシャーロット・リングが1分45秒65のタイムでトップに立ちました。2位には、コロナワクチン接種を拒否したためにキリングトンでのワールドカップレースに参加できなかったオーストリアのフランツィスカ・グリッチ(+0.43)が入った。スイスのロリーナ・ゼルガー(+0.73)が3位に振り切った。

ドイツのパウリナ・シュロッサーは100分の8秒差で4位となり、表彰台を逃しました。チーム・オーストリアのソフィア・ワルダフ(+0.85)とニーナ・アストナー(+0.86)が5位と6位に入りました。ここで重要なのは、ハーフタイムにアストナーがリードしていて、ホームでの勝利が手の届くところにあったことだ。スイスのヴァネッサ・カスパー(+0.97)は、今日のレースを7位で終えた。

イタリアのイラリア・ギザルベルティ(8位、+1.03)、ドイツのジェシカ・ヒルジンガーとセリーナ・エグロフの同時期のコンビ(それぞれ+1.13)がランキングのトップ10に入りました。最後の選手はスイスのスキーチームに所属しており、2本目はフライングしてしまいました。最終的には22位のタイムで、中間の2位から9位に後退してしまった。

同じくスイス人のLeana Barmettler(+1.17)は、決勝で6つ順位を落として11位となりました。メラニー・アーラー、ステファニー・レッシュ(各+1.35)、ヴィクトリア・オリビエ(+1.37)のOSVトリオは、ほぼ同じ速さで14位から16位で大回転を終えました。

同じくOSVグループで活動していたMagdalena Kappaurerも、AstnerやEgloffと同じ運命をたどった。2本目のタイムが25位だったため、ハーフタイムでの好成績(3位、編集部注)を確認することはできませんでした。ヴァル・ガルデナの若いヴィヴィアン・インザム(+1.84)は、マイヤーホーフェンで行われた最初の大回転を21位で終えた。

明日火曜日は、同じ会場で第2回女子ヨーロッパカップのジャイアントスラロームが行われます。1本目の上位3人が、今日の1本目の上位3人と同じように、決勝で良い結果を残せるかどうかを見てみましょう。

FIS公式最終順位:第1回ヨーロッパカップ女子ジャイアントスラローム