Petra Vlhovaは決して間違っていない...これまでに! リーバイで5勝、ミカエラ・シフリンが2位に追い込まれる

カップ戦の第2スラロームもスロバキア人が優勝し、ウォールでの重大なミスで非難されたアメリカ人を破って優勝した。また、デュエルが3位で表彰台に上がりました。 イタリアチームからの小さなシグナル:マルティーナ・ペテルリーニが16位でカムバックしました。

彼女は、歴史的な5点(フィンランドでの史上最多勝利)を獲得し、2020年以降も2点を獲得したレヴィでは、決してミスをしない。

スラロームのオープニングはペトラ・ヴルホヴァが担当した。今日もミカエラ・シフリンとの直接対決を制し、ワールドカップ総合ランキングでトップに立ち(260点、他の選手はすでに彼女の後ろにいる)、赤いスペシャルビブスを身につけた。

第2ヒートのスロバキアのチャンピオンも完璧で、ヴルホヴァ-シフリンのダブル(CdMでの2人のダブルは20回目で、絶対的な記録となった)で、2人のうち1人がレヴィで8回目の優勝を果たし、総合優勝のクリスタルボールの持ち主が5つのシールを持っていることになった。中盤では100分の18秒差だったが、終盤では100分の47秒差となった。しかし、ミカエラがウォールのスタートで重大なミスを犯したため、ペトラが下降する前から2位が確定していた。

誰よりも一歩先に進んでいるように見える2人の見事なデュエルは、シーズンの残りの期間で見ることができます。表彰台は第1レースと同じで、レナ・デュエルは24時間前と同じように6位から3位に上がり、ヴリホバとは100分の78秒差、ウェンディ・ホルデナーとは0.19秒差でゴールした。

1本目にビブ46で5位に入ったのが素晴らしかったのに脱落してしまったツビベルグや、スウェン・ラーソン自身が重大なミスを犯して11位に終わったのに対し、トップ10には1分24秒で5位と健闘したジシン、6位と7位で笑顔になれるドゥボフスカとブシク、そして同胞のトルッペとフーバーを差し置いて8位に入った無念のリアンスベルガーがいた。

土曜日に出場した他の6人のイタリア人選手が失格となった後、イタリアチームにわずかな希望の光が差し込んだのは、マルティナ・ペテルリーニ選手の第2ヒートでした。第2ヒートでは7位、決勝では16位でしたが、ヴリホバ選手とは2分49秒の差があり、トレント出身のペテルリーニ選手がこの週末にいつもうまく解釈していた「レヴィ・ブラック」の中心部で、実に質の高いレースを展開し、9位を回復しました。フィンランドのゲレンデでは彼女のキャリア最高の結果となりましたが、次の日曜日に行われるキリングトンのスラローム(シフリンは4回中4回は必ず優勝している)では、さらに良い結果が期待できます。