まもなくレヴィで開幕する女子スラロームのシーズンでは、スイスのウェンディ・ホルデナーもスタート地点に立つことになります。28歳のスイス人は、フィットネストレーニング中に両手を骨折しました。ゾルデンの大回転を欠場した。しかし、スイスのスキー選手の闘争心は抑えられなかった。インスタグラムで "リヴァイ、行きます!"と発表しました。

先週の金曜日に医師から許可が出て、再びスラロームのゲートを回ることができました。全てが順調で、トレーニングランでも痛みを感じることはありません。だから、ウェンディ・ホールデナーが幸せであることは明らかだ。また、チーム全体、シュバイザー博士、バルグリスト・チームにも感謝しています。スイス人がさらに幸せになるためには、トップの結果が必要です。彼女が極北の地でこれらを達成すれば、スイスは自信を持って2021/22年のオリンピックシーズンを見据えることができます。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。




もう戻ってきたのか!?😲💪🇨🇭
ウェンディ・ホルデナーは、10月初めのトレーニングで両手を負傷したばかり。現在、シュヴィーツ出身のスキーヤーは、来週末に開催されるレヴィでのワールドカップにすでに復帰しています。彼女はInstagramで発表しました。
⛷⛷⛷
最初に特別なゲートを使ったトレーニングが成功した後、医師は土曜日と日曜日に行われる2つのスラロームのスタートに許可を出しました。"シュールな感じがしますが、言えることが嬉しいです。リヴァイ、今行くよ!」と28歳の方が書いていました。レビではホルデナーは3回も表彰台に立ちました。