クラブアルペン情報局

選手への必要な情報を発信していきます。

2022年03月

ドイツ選手権



エマ・アイヒャーが複合種目でも優勝

ガルミッシュ・パルテンキルヘン-本日水曜日、今年のドイツスキー選手権の複合競技が行われた。女子はエマ・アイヒャーが1.49,69分のタイムで優勝しました。キム・マルシェール(2位、+2.71)、ルイザ・クラプロット(3位、+2.96)を抑えての圧勝でした。

カトリン・ヒルトル=シュタンガシンガー(+3.28)は4位でコンマ3秒強の差で表彰台を逃した。トップ5は、ソフィア・エクスタイン(+3.79)が占めた。レースはガルミッシュ・パルテンキルヒェンで開催されました。

男子はペピ・フェルストルが転倒したため、判定が取り消された。ゲレンデが柔らかすぎるため、フェアで安全なレースができなかったのだ。

FIS公式最終順位表:ドイツ選手権 女子コンバインド

マヌエル・フェラー、”ATOMIC SKIと一緒にテストしたいくつかの良い日々”

ミカエラ・シフリン、”わあ...かっこいい 🙃非常に心のこもった贈り物を(そしていつも通りの素晴らしいサポートを)ありがとう、oakley🙏🤙”


マチュー・フェーブル、”エリゼ宮で歓迎され、国民勲章シュヴァリエの称号を与えられたことは、大変な名誉でした。”


カタリーナ・リエンズベルガー、2021年フォアアールベルク州スポーツウーマンに選出💪🏻





アフターシーズンは、新しい季節の始まりです。私は健康のために何をしているのでしょうか?たくさん体を動かすことと、夏場のトレーニング🏃🏃🏃🏈🙌💪☀️🏃🏃。
健康維持のためのプログラムはありますか?
春よ来い🌸

マテイ・ビドビッチ、”難しいシーズンが終わり、必要なときに良いパフォーマンスができなかった。戦いは続く。”

鹿角インカレ、感染対策のノウハウに成果

ダニエル・ユール 、ハイビブスと太陽☀️と楽しい時間✌🏼 サンモリッツで🐿


ヨハン・エリアッシュはFIS会長としてやり残したことがたくさんある



1週間前の日曜日にスキーワールドカップ2021/22冬が終了しました。マルコ・オーダーマット、ミカエラ・シフリンと、新人とリピーターが総合ランキングの上位に立ちました。FISの裏側では、来シーズンのスキーワールドカップ・カレンダーの作成だけが行われているのではない。その中心人物は、昨年6月、長年会長を務め、その後亡くなったジャン・フランコ・カスパー氏の後を継いだスウェーデン人のヨハン・エリアッシュ氏である。

転職組で起業家精神旺盛なエリアッシュは、改革に力を注いでいる。就任から10カ月足らずで、楽観主義的な精神はほとんど消え去ってしまった。新しいビジョンは届かず、日常生活は問題だらけで行き詰まっている。現在、クーシュベルとメリベルで開催される世界スキー選手権のプログラムがどのようなものになるのか、誰も知らない。また、2022/23年の新カレンダーもまだ未定です。レースオーガナイザーや各国の連盟が待っている。

エリアッシュの立候補には、イベントを一元的にマーケティングするというポイントがあった。ただ、この問題は今に始まったことではありません。構造的なソフト化には、取り組んでいない。多くのメディアの権利は各国の連盟が持っていますし、スポンサーシップのパッケージも同様です。また、多くの権利が外部に流失しています。代理店は、保証金の見返りとして、これを専門に扱ってきた。上記のマーケティング体制は、放送局との長期的な関係を持ち、さらに多くのことを行っています。エリアッシュは今、すべてを調整したいと思っているが、そう簡単にはいかないことを理解しなければならない。契約は契約です。

今のFISは、既存と決別したいのか、それとも単なる計算なのか。これでは、すぐに対処できるとは思えません。法的な係争が議題に上ることもある。スウェーデン人の対決路線は、実は誰の役にも立っていないのです。カスパーがまだFISの笏を握っていた時代の取引は、そう簡単に棚上げにすることはできないのだ。たとえ一元化されたマーケティングが多くの人の賛同を得たとしても、合意は尊重されなければならない。短期間ですべてを改革するのは不可能に近い。

しかし、今度は新しい冬にカレンダーがどうなるのかを見てみましょう。2022年12月にカタールで開催されるワールドカップも、絶対に手をつけなければならない問題です。

昨シーズンを振り返ると、テクニックの調整とスピードのあるレースはとても良い変化でした。バランスが良いので、エキサイティングなレースが多かったですね。

スピードレースが1カ所に圧縮されるのは歓迎すべきことです。旅行とダウンヒルトレーニングは、カレンダーからプレッシャーを取り除き、選手たちに長い再生期間を保証することができる。

並走はもちろん、コンビネーションもモノを言う。しかし、スーパーGのレースをさらに少なくし、その代わりにパラレルレースを多くプログラムに入れようとしていることを考えると、普通のスキーファンには到底理解できないことである。

スキーワールドカップは進化した商品です。調整は常に良いことですが、伝統全体を変えようとする人は、スキーにとって良いことよりも悪いことの方が多いでしょう。

新しい市場を開拓しなければならないという公式が常に繰り返されることは、従来のワールドカップ開催地からアジアにレースが移されることも意味している。ワールドカップのレースが空席の前や夜間に行われるのは、スキーワールドカップの宣伝にならない。

特にトップでないアスリートは、そのパフォーマンスに見合った報酬が得られていないことは否めません。ここで、FIS会長と同意見なのは、レースのマーケティングを適切に行えば、より高い賞金や参加費が支払われるようになるということだ。

ペトラ・ヴルホヴァの今後について - 多くの可能性がある



スロバキア人スキーワールドカップレーサーのペトラ・ヴルホヴァは、すでに大小のクリスタルグローブを獲得しており、世界チャンピオンとオリンピックチャンピオンの座を獲得しています。26歳という若さでありながら、勝つべきものはすべて勝ってきた。北京での成功の後、彼女はすでにボーイフレンドに、荷物をまとめてスキーを置いてもいいと言ったことを認めている。

オリンピックの回転競技で金メダルを獲得した後、数え切れないほど受けたインタビューの中で、彼女は「すべてを勝ち取ったとき、モチベーションを上げるのは難しい」と強調していた。多くのファンは、現在最も成功しているスロバキア人アスリートが、スポーツ選手としてのキャリアを終えることを考えるとは、その瞬間には考えもしなかっただろう。何しろ、基本的に彼女はこれからが本番なのですから。

ペトラの父イゴールは、ある新聞のインタビューで、彼女のキャリアの終わりはそう遠くないかもしれない、とほのめかした。また、長期的な目標は、ミラノとコルティナ・ダンペッツォで開催される冬季オリンピックに出場することだろうとも付け加えた。2026年に開催される「五輪の祭典」。

その時、ペトラ・ヴルホヴァーはまだ30歳。それは、スタート時に年上のライバルをよく見かけるので、それほど古いものではありません。例えば、大回転の種目別優勝を果たしたばかりのフランスのテッサ・ウォーリー選手は、今年すでに33歳の誕生日を迎えています。だから、確実なことは何もない」とイゴール・ヴラハは認めた。現在の計画や目標は、今後4年間で何度か変更される可能性があります。しかし、今日すでに一つ確かなことがあります。イゴール神父は、娘がいつまでうまくスキーをするモチベーションを見つけ続けるか、すべての自由を娘に委ねた。

ミシェル・ギジンは、ワールドカップの総合優勝争いに介入するだけでなく、それ以上のことをしたいと考えている



2022年10月末にソールデンで新しいスキーの冬が始まると、スロバキアのペトラ・フルホバとアメリカのミカエラ・シフリンがワールドカップ総合優勝をかけて戦うだけでなく、その前に、スロバキアのペトラ・フルホバが、アメリカのシフリンがワールドカップ総合優勝をかけて戦う。スイスのオールラウンダー、ミッシェル・ギザンも言いたいことがあるようだ。2020/21シーズンは、ヴルホヴァにわずか186点差で総合3位となった。

次の冬も同じような成績が予測され、期待さえされていた。しかし、このスイス人は、いくつかの健康上の問題を抱え、ハンディキャップを背負っていた。シーズン終了後、コロナウイルスに感染し、最後の夏期練習中にファイファー腺熱でストップがかかった。定期的に痛みを感じ、すぐに疲れ果ててしまう。

振り返ってみると、スイス人は難しいシーズンを過ごしたという。ジーサンは、ソファに横たわり、階段を上れないと報告した。他の人はトレーニングができるのに、彼女は何もしないまま、疲弊した夏を過ごした。レッテンバッハファーナーの大回転で25位、シーズン終盤のレースで6位となった。4種目34レースに出場し、5回表彰台に上った。さらに、オリンピックで2つのメダルを獲得した。結局、ワールドカップ総合で5位となった。

ジーサンは、「完全にクレイジーだった」と表現する。結果的に、彼女にとって素晴らしいシーズンとなった。秋にはまだスピードレースをスキップしようと思っていたのに、今は途方に暮れている。この冬、彼女は十二分に満足している。これらの好成績により、このスイス人は大きなクリスタル・グローブの候補の一角を占めるに違いない。オールラウンダーとしての実力から、多才ぶりを印象づける。彼女は、気分が良くなる種目はないとさえ言っています。彼女はどこでも上手に滑って、それを楽しみたいと思っている。

ジーサンは、2026年の冬季オリンピックまでに、大きなクリスタルグローブを手に入れたいと考えています。彼女にとって、憧れのトロフィーをかけた戦いは夢のようなものだろう。いろいろなことが重なり、運も必要です。彼女は、手を抜かず、すべての分野に集中したいと考えています。そうすれば、どうなるか。

スイスの黄金世代の一人である彼女は、ウェンディ・ホールデナーとの共同作業を楽しんでおり、長い間そうしてきた。スピードにおいても、信じられないようなレベルで滑るコリンヌ・スーターやララ・グート・ベーラミと一緒に練習できるのは、ルカ・デ・アリプランディーニのガールフレンドから見ても驚異的である。スイスのスキーチームには、すべての種目で世界トップクラスの選手が所属しているので、ミシェル・ジザンの夢はすぐに現実のものとなるだろう。




このシーズンは私の人生の中で最もクレイジーでした。この10ヶ月間のすべての感情を表現する言葉が見つかりません。私はどん底に落ちましたが、周りの素晴らしい人たちに恵まれ、何度も何度も立ち直ることができました。
しかし、周りの人たちは、それが可能だと信じ続けてくれた。そして今、僕は世界ランキング5位で、同じ数の表彰台(メダル)、25回のトップ10入り、そして何よりも、スタートゲートに立つたびに感じた大きな感動を手に入れることができたのだ。
ルカ、家族、チームのみんな、みんな最高の人たちです。❤️

OSVアルペンのボス、ヘルベルト・マンドルは多くのことを計画している



2021/22年アルペンスキーシーズンの終了と、アンドレアス・プエラッハとクリスチャン・ミッターの両ヘッドコーチの退任は、オーストリアスキー連盟の新時代の到来を告げるものです。アルパイン代表のヘルベルト・マンドルには、多くの仕事が待ち受けている。OSVのRoswitha Stadlober社長がこの変更を発表し、その後一貫して実行に移したかどうかは未解決の問題である。

連盟は、オリンピックシーズンが終わると契約は更新されないため、失効するとしている。このような人事になったのは、他の事情もあるのではないかという声も上がった。ただし、財務担当のパトリック・オートリーブやスポーツディレクターのトニ・ギガーの意見も重要です。

1990年代末にはヘルベルト・マンドルがミカエラ・ドルフマイスター、レナーテ・ゲッチュル、アレクサンドラ・マイスニッツァーを、その後ヘルマン・マイアーやステファン・エバーハーターらスピードメンを成功に導いた。60歳が頼りにしているのは、身内の人間である。プエラッハーの後任には、長年スラロームのコーチをしていたマルコ・ファイファーが、女子チームの責任者にはトーマス・トリンカーが就任した。ファイファーが自分の考えを持ち込んで、ジュニアの領域にも幅を持たせたいと考えているのに対し、トリンカーはレディースに勝利への強い意志と、自信に満ちた姿と精神力を要求しているのだ。

トレーニングの条件が整わなければならないことは明らかです。調整、再調整が必要なのです。そうやって、2つ以上の種目で良い結果を出せるアスリートを育てていきたいですね。必要な一貫性を備え、勝つための選手を育てたい。チーム・オーストリアの前途は多難であることがおわかりいただけると思います。

スイススキー会長 ウルス・レーマンのつぶやき



スイスのスキーレーサー、ミッシェル・ギザンは、現在のスキーワールドカップは決して持続可能なものではないことを強調した。あるメディアは、スイスのスキー大統領に厳しい意見を突きつけた。ウルス・レーマン氏は、これに立ち向かった。昨年、FIS会長に立候補したスポーツオフィサーにとって、ワールドカップのレースはあまり多くありません。彼にとっては、流通が問題なのだ。秋の早い時期から、あるいは冬のニュージーランドからスタートするのもいいのではないか、と彼は考えている。1つの場所でダブルレースを行うのは理にかなっていると思います。その結果、復讐のチャンスも増える。

さらに、レーマンは、アルペンコンバインドをパラレルレースに置き換えるのは間違いだと考えている。早ければ、オリンピック・ファミリーが北イタリアで開催される2026年に開催する計画もあるようです。スイスでは、チーム競技としてパラレルレースを行うのは、大きなイベントとシーズン終了時だけである。また、中国に行かなくなるのも致命的である。スキー文化は一朝一夕にできるものではなく、何年もかけて築き上げなければならない。

テニスのようなポイント制を導入しようという動きもある。そうすれば、季節ごとのハイライトにボーナスポイントが加算されるかもしれません。しかし、若い選手がレースでポイントを獲得することで、スキーワールドカップへの飛躍が期待できるのだ。全部を考えて、解決していくんだ。レーマンにとって、これは理にかなっている。

さらに、元スキーレーサーのウルス・レーマン氏は、大きなイベントは後回しにしてほしいと考えている。そのあとは、ワールドカップの決勝戦とクリスタルグローブの授与だけでいいはずです。選手たちは何度も疲弊し、体力を消耗している。しかし、国際オリンピック委員会は、2月初旬に5つの輪のマークの下で大会を開催するという原則に固執している。この点からも、導入は難しいでしょう。

イタリアから見た2021/22シーズン・スキーワールドカップ



イタリア冬季スポーツ連盟FISIも、一昨日の日曜日に終了したアルペンスキー・ワールドカップ2021/22年冬を振り返っている。男子では2勝しかできず、非常に苦しいシーズンだった。女子は11勝をあげ、記録的な冬を満喫した。また、スピード競技では4つのメダルと2つのクリスタルグローブを獲得し、喜びを分かち合いました。

中国オリンピックでのマッティア・カッセ選手とマッテオ・マルサリア選手をめぐる事件は、茶番劇であり、アルペン部門の紺碧の男たちに良い影響を与えるものではなかった。フランスのスラロームコーチ、ジャック・セオリエの退任のニュースも、多くの人にとって良いものではありません。シーズン最終戦のクーシュベル/メリベルで、チームキャプテンのルカ・デ・アリプランディーニが言った言葉は、決して聞き流すことはできない。

ジャイアントスラローム2位の選手は隠れることなく、すでに前方を見ていた。フランスでのレースでは、アジュールの選手たちは春のような雪のコンディションに苦労しました。例年、4月から5月にかけて活躍するノルウェー勢は、コンディションも良く、成功したようだ。

トレンティーノのデ・アリプランディーニは、同僚たちの心をも動かす言葉を口にする。それは、これからの季節に向けた準備のことです。ミッシェル・ギザンの友人によると、4月に働くことは不可能で、トレーニングプランもないとのこと。だから、彼はすでに昨年、自分自身を再編成したのです。これらは、アスリートとして背負わなければならない結果です。
もちろん、オリンピックの4年間が終わったところではあるが、スキーヤーにとって明日のことは誰にもわからない。自分が正しいと思うことを行い、改善できることは何かを考えなければならない。実は、この組織的な作業は、連盟の仕事でもあるのです。

スイス・スキーから見た2021/22シーズン・スキーワールドカップ



13人の個人優勝、各種目での表彰台獲得、そして全てを凌駕するワールドカップ総合優勝。アルペンワールドカップは、日曜日、多くの祝福を受けながらシーズンを終えた。

振り返る・・・
「12」-この数字を最初に置くことは避けて通れない。スイスはスキー国として、再びワールドカップの男子総合優勝を祝うまで、同じように長い年月を待たなければならなかった。マルコ・オーダーマットは、最後の優勝者であるカルロ・ヤンカの引退に合わせ、その後継者となった。クーシュベルで開催されたワールドカップ最終戦のダウンヒルで2位となり、ニドワルデンのスキーヤーはもはや侮れない存在となり、彼の極めて好調なシーズンの幕を閉じたのである。

ニドワルデンのスキーヤーは、大きな地球儀に加えて、今シーズンの大回転の活躍で小さな地球儀も手に入れたのだ。この冬の最悪の成績は、クランスカ・ゴラでの3位だった。この冬、オーダーマットは合計16回ワールドカップの表彰台に上り、そのうち7回は表彰台の頂点に立った。彼は、スイス人として初めて、ワールドカップ大回転でシーズン中常にトップ3入りを果たした。

そのため、特にシーズンを通してオーダーマットが表彰台の常連になりかけているのに対し、プリスカ・ヌファーは今季初めてトップ3の成績を収めることができた。クランモンタナの第2滑降で、オブヴァルデン出身のスキーヤーはワールドカップ初優勝を果たした。今シーズン、最高峰の表彰台に初めて上った唯一の選手であり続けている。一方、ダウンヒルのニールス・ヒンターマン、スーパーGのジノ・カヴィーゼル、ダウンヒルのマルコ・オーダーマットとジャスミン・フルーリーは、それぞれの種目で初の表彰台を達成した選手と1人の選手であった。


表彰台の概要

マルコ・オーダマット:1位7回|2位8回|3位1回(合計16回表彰台獲得)
ララ・グート・ベーラミ:2|2|1(計5名)
ビートフェウズ:1|1|5(計7名)
コリーヌ・スーター:1|1|1(計3名)
ニールス・ヒンターマン:1|0|3 (計4)
プリスカ・ヌフェール:1|0|0(計1名)
ウェンディ・ホールデナー:0|1|1(計2名)
ロイック・メイヤール:0|1|1 (計2)
ダニエル・ユール:0|1|1(計2名)
ジャスミン・フルーリー:0|1|0(計1名)
ヨアナ・ヘーレン:0|1|0(合計1)
ミッシェル・ジザン:0|0|5(計5名)
ジーノ・カヴィーゼル:0|0|1(計1名)

合計:13|17|20(合計50)

"以前より広い範囲での位置づけ "になっています。表彰台に上がる選手はもっと多い。シーズン前は、女子はトップ4(ララ・グート・ベーラミ、ミッシェル・ギシン、ウェンディ・ホルデナー、コリンヌ・スーター)に大きく左右されると考えていたので、これはすごいことです。しかし、突然プリスカ・ヌファーもクラン・モンタナで優勝したり、ジャスミン・フルーリーとヨアナ・ヘーレンがトップ3に入ったりするのです。男子もそうですが、やはり絶対的なハイライトは、スイス人がワールドカップで総合優勝できれば、それはそれで絶対に素晴らしいことです。チームとしてのレベルは高いままだ」とスイス・スキー社のウルス・レーマン社長は言う。

この冬、スイス・スキーチームは154ものトップ10入賞(団体戦を除く)を果たし、若い選手たちも印象的な活躍を見せています。この冬のワールドカップ・デビューを飾ったのが、ファドリ・ヤヌーティンだ。グラウビュンデン出身のこの選手は、ガルミッシュ・パルテンキルヘンの第2回転で17位に入り、最高峰での初戦を飾った。 その数週間後、2022/23年冬季ワールドカップ大回転のヨーロッパカップの出場権を獲得。 そしてシーズン末にはワールドカップ最終戦でアンドレア・エレンベルガー、デルフィン・ダルベレ、ファドリ・ジャヌティンとチーム競技の表彰台を独占することになったのだ。

10,667点対10,410点、これがネーションズカップでオーストリアを支持する僅差の評決だった。2021/22シーズンは、両トップ国の選手46名がポイントを獲得しているのが興味深い。優勝(14:8)、表彰台(51:44)、4位から10位までの順位(104:103)では、いずれもスイスが優位に立っている。

男子チームは19点差でクーシュベルとメリベルのワールドカップファイナルに臨んだが、強烈なラストスパートでオーストリアチームを追い詰めた。最終的には23点差で、トーマス・シュタウファーヘッドコーチのチームが勝利した(5705点:5682点)。この結果、スイス・スキーは3年連続でアルペン・ワールドカップの男子チームのトップに立った。

男子(37レース):優勝9回、表彰台32回

ダウンヒル(11レース):表彰台15回(1位2回/2位5回/3位8回)
スーパーG(全7戦):表彰台5回(2/2/1)
ジャイアントスラローム(8レース):表彰台9位(5/2/2)
スラローム(10レース):表彰台3回(0/2/1)
パラレル(1レース):表彰台獲得数0(0/0/0)

女子(37レース):優勝4回、表彰台18回

ダウンヒル(9レース):表彰台6回(3/2/1)
スーパーG(9戦):表彰台6回(1/2/3)
ジャイアントスラローム(9レース):表彰台2回(0/1/1)
スラローム(9レース):表彰台4回(0/1/3)
パラレル(1レース):表彰台獲得数0(0/0/0)




マルコ・オーデルマット
個々のアスリートは、彼を支えるチームと同じ強さを持っています😌
こんなにも強いチームがあることに感謝🤩🙏🏼


DSVから見たスキーワールドカップ2021/22シーズン



アルペンスキー・ワールドカップ2021/22年冬は、先々週末に終了した。ドイツスキー協会の結論はまちまちだ。アルピーヌのボス、ウォルフガング・マイヤーは、トーマス・ドライセンがすぐにスピードのスペシャリストに復帰することを望んでいます。また、ライナス・シュトラッサーはスラローム種目別ランキングでヘンリック・クリストファーセンに追いつくことを目標に掲げていた。しかし、クーシュベル/メリベルでの2本目の失敗で、これはもう不可能になった。5度のトップ10入りを果たし、プラナイでの不思議なシーズンに勝利を収めたにもかかわらず、このように苦いシーズンフィナーレを迎えてしまったのだ。アレクサンダー・シュミットも、一度は表彰台に上ったことがある。全体として、チーム全体の成績はあまり良くなかった。

また、マイヤーは、得られた結果に幅がないことにも言及し、批判した。さらに、明らかな品質の低下も挙げられました。3位に3回入賞し、北京の冬季オリンピックで惜しくもメダルを逃したレナ・デュールは、間違いなく今シーズンの勝者と言えるでしょう。シーズン最終戦のフランス大会では2位という好成績を残したが、勝利のために足りないものはあまりない。さらに、アルピーヌのボスであるマイヤーは、DSVチームが表彰台を狙えなくなり、昔のように後退するのを防ぎたいのだ。

OSVから見た2021/22シーズン・スキーワールドカップ



OSVから見た過去のスキーワールドカップシーズンを一言でまとめると、クリスタルグローブは獲得できず、8つの勝利を収め、ネーションズカップを再び勝ち取ったということになります。

アンドレアス・プエラッハヘッドコーチが脱帽する男子では、1位6回、2位11回、3位11回を達成した。マティアス・マイヤー(レイクルイーズ・ダウンヒル)、ヴィンセント・クリーチマイヤー(ウェンゲン&クールシュベル・ダウンヒル、スーパーGクールシュベル)、ヨハネス・シュトロルツ(アデルボーデン・スラローム)クリスチャン・ヒルシュビュー(レフツ・パラレル競技)は、表彰台の頂点で喜びを分かち合いました。チーム・オーストリアの11人の選手が表彰台に上りました。

男子のナショナルランキングでは、23点差で負けを認めただけで、全体としては良いシーズンだった。スイスは、太陽の下で場所を確保した。プーラッハーは、ローランド・ライティンガーとエイドリアン・ペルトルという非常に優れた2人の選手が、序盤にケガで欠場したことを強調する。滑降では6人がトップ15に入り、大回転では、最後に小さなクリスタルグローブが欠けたものの、積極的な展開で非常に大きな進歩を遂げたのです。

女子は15回トップ3入りを果たした。優勝したのはCornelia HutterとKatharina Liensbergerだけでした。また、2位が4名、3位が9名であった。退任するクリスチャン・ミッター監督は、ソフィア・ゴッジア、ララ・グート・ベーラミ、フェデリカ・ブリノーネ、ミカエラ・シフリンなど、偉大な世代の代表が現在活躍中であることを指摘している。とはいえ、彼の目から見ると、赤白赤の女性たちはレースでの勝利が少なすぎた。7人のアスリートが表彰台を喜んだ。

さらに、ウィンタースポーツの大きなイベントがあるときには、良い体制と良いルーチンを持つように心がけた。冬季オリンピックでは、常に競争力を発揮していました。スキーのエースが安定し、指導者からの必要な信頼を得ていれば、最高のパフォーマンスを発揮し、大きな成果を上げることができる。それは重要なことで、おそらくこれからもそうでしょう。

モルツァンとシーモアが全米選手権でスラロームを制す

ポーラ・モルツァンとジェット・シーモアは全米選手権で優勝し、アレックス・リーバーはその素晴らしいキャリアの最後を祝いました。



全米アルペン選手権が火曜日、男女のスラロームレースで始まった。このレースは、月曜日に行われたノルアムファイナルの男女スラロームの直後にシュガーローフマウンテンで開催された。多くの選手は、レースとレースの間に休養日を設けず、両日とも競技に参加した。

女子
ポーラ・モルツァンは、火曜日のナショナルチャンピオンシップ回転競技で、1分35秒09のタイムで優勝した。彼女のUSSTのチームメイトであるKatie HensienとAJ Hurtは、それぞれMoltzanから2.81秒と2.85秒差で2位と3位に入り、表彰台に上った。
注目すべきは、アメリカのカリッサ・キャシディ選手が、ビブ21を着用していたシード圏外から6位に浮上したことです。彼女はトップ15に入った選手の中で最年少でした。
カナダ人スキーヤーのキャシディ・グレイもビブ42からトップ10に0.29秒差と、ビブより大幅に良い成績でゴールしました。彼女は1本目15位でフリップの真ん中に入り、その勢いで2本目を8位で終え、総合11位となった。

リザルト
女子



男子
男子は、ジェット・シーモア選手が1分28秒18で0.53秒差で優勝しました。2位はベン・リッチー選手、3位はジョージ・ステフィー選手で、0.80秒差でシーモア選手が入賞しました。3人ともアメリカ人ですが、USSTに所属しているのはリッチーだけです。彼らのチームメイトであるジェイ・ポルターは、ビブ39から9位に浮上した。
今シーズンの大半をUSSTで過ごし、ヨーロッパでレースをしていたルーク・ウィンタースは、表彰台からわずかに外れて4位でフィニッシュした。ウィンタースは今シーズン、ワールドカップ11レース(うち10レースはスラローム)に出場し、ワールドカップトップ10に3回入賞している。
アレックス・リーバーにとって、これがプロ選手としての最後のレースとなった。チームメイトのウィンタースと同様、リーバーもシーズンの大半をヨーロッパで過ごし、ワールドカップとヨーロッパカップのサーキットで競い合った。彼はビブ1を着用してそのキャリアを終えた。

リザルト

男子




モルツァンとシーモアが全米スラローム選手権で初優勝

ポーラ・モルツァン トヨタ米国アルペン選手権大会
オリンピアンのポーラ・モルツァンは、メイン州シュガーローフで開催された全米アルペン選手権の女子スラロームで、2本ともリードし、圧倒的な強さを見せつけた。(Jay Riley-U.S. Ski Team)
オリンピアンのポーラ・モルツァンは、メイン州シュガーローフで開催された全米アルペン選手権の女子スラロームで2本ともトップを走り、圧倒的な強さを見せつけた。27歳のモルツァンは、1本目の4位から2位に順位を上げたデンバー大学のパイオニア、ケイティ・ヘンシアンに2.81秒差をつけて、1分32秒28という素晴らしいタイムでフィニッシュしたのである。

モルツァン選手は、天候に悩まされながらも、シーズン終盤のレースがどのようなものかを語ってくれました。「友人や家族と一緒にここシュガーローフにいるのは楽しい。コンディションは確かに厳しいし、簡単なものではない。「とモルツァンは言った。「アメリカに戻って、シーズンのこの時期に競技ができるのはいいことだ。

米国スキーチームメンバーのAJハートは、カナダのアメリア・スマートとノルウェーのクリスティアン・ベッケスタッドを抑え、1分35秒13の総合タイムで3位となった。1本目を終えて5位につけていたアリー・レスニック(ベイル)は、この日2本目のスラローム滑走を終えることができなかった。

風が強く、寒く、耕された氷のコンディションの中で行われたレースには80人の女性がスタートした。10人の選手が2本目を完走しなかった。同じくNarrow Gauge Trailで開催された男子スラロームでは、この日スタートした89人のうち55人が完走した。

男子回転では、スチームボートスプリングス出身の米国スキーチームメンバーで2019年NCAA回転チャンピオン、ジェット・シーモア(23)が、1本目を終えて0.16秒リードしたチームメイトで2位のベン・リッチーを抑え、優勝した。

シーモアは、今日のスラロームでトップになったこと、そして彼にとってコースとコンディションがどうであったかについて意見を述べた。"素晴らしい気分だ。ちょっと厳しい年だったので、ポジティブな形で終われたのは良かった。"とシーモアは語った。"路面は素晴らしく、コースはとても楽しかった。"

ジョージ・ステフィーは、この日の2本目で最速を記録し、1本目を8位で終えた後、3位でフィニッシュした。24歳のステフィーは、ストラットン・マウンテン・スクールの卒業生で、1分28秒98の合計タイムを記録した。

代表歴4年で2022年北京五輪代表のルーク・ウィンタースは4位、カナダのジャスティン・アルキエは5位となった。アスペン出身のブリドガー・ガイルは、ステフィと同じく2本目で10位から6位へと大きくジャンプアップを果たした。

不安定な天候は、トヨタ米国アルペン選手権のスケジュールに大きな影響を与え、大回転は水曜日と木曜日に、総合競技は1日短縮されることになった。シュガーローフが全米アルペン選手権の会場となるのは、史上8回目である。

競技結果
女子スラローム
男子スラローム

ドイツ選手権



スーパーGでアンドレアス・サンダーが勝利

ガルミッシュ・パルテンキルヒェン - アンドレアス・サンダーは幸せになれる。2021/22年のスキーワールドカップの冬はやや困難だったが、ガルミッシュ・パルテンキルヘンでドイツ・スーパーGチャンピオンに輝いた。成功のためには、1.05,04分というタイムが必要だった。最終的にコンマ2秒遅れの2位で振り切ったのはS・ヨッハー。ロメッド・バウマン選手(+0.43)はカンダハールで3位となり、銅メダルを獲得した。サンダーにとって今日の成功は、スーパーGで2011年、2012年、2014年、2015年に続く5つ目のドイツ選手権タイトルであり、通算8つ目のタイトルとなった。

アンドレアス・サンダー:「今日のスーパーGでは、もう一度、本当に "パフォーマンス "をしたかったんだ。もちろん、次のシーズンに向けてのトレーニングや素材テストもすでに前面に出ていた。でも、今日はいいレースができたことも重要だった。非常に厳しい急勾配のコースを完璧に走れたわけではありませんが、非常に満足しています。この結果で夏休みに入ることができ、うれしいです。"

J・フェルスツルは4位に留まり、チームメイトから1.18秒遅れていた。マキシミリアン・シュワルツ(+1,44)がベスト5に入りました。

公式順位表:ドイツ選手権 男子スーパーG



エマ・アイヒャー、スーパーG優勝を喜ぶ

ガルミッシュ・パルテンキルヘン - スラロームの後、若いエマ・アイヒャーはスーパーGのタイトルも獲得した。今日、彼女はドイツ選手権のスーパーGで1.07,89分というタイムで優勝した。2位にはKatrin Hirtl-Stangasinger(+1.30)が振り切った。ルイザ・クラプロット(+1.61)が3位となった。

ナディーン・カプファー(+1.87)とロザリー・コッツ(+2.18)は4位と5位に入りました。ランクインしたのは16名のみ。外国人ワールドカップスキーヤーが大会を盛り上げただけでなく、先発の6人が完走できなかったのは不思議なことであった。アイチャーは気にしない、彼女はキラ・ワイドルの後継者としてふさわしい。

フランス選手権



シプリアン・サラザン選手がフランス選手権(トロフェ・ケースデパーニュ、オーロン、ニース・コートダジュール)でDOUBLEを達成! 🇫🇷
フランス人はスーパーGで優勝し、アルペンコンバインドでも優勝しました🏆🏆。
スーパーG
🥈 マチュー・バイレ
🥉ニルス・アレグレ
コンバイン
🥈 レオ・デュクロス
アドリアン・フレスケ



テッサ・ウォーリー
晴天、笑顔、ユーモア、そして良いスキー:フランス選手権の成功のための完璧なレシピ
この度はお迎えありがとうございました🙏🏻🤩🤩
livedoor プロフィール

C.A

Archives
QRコード
QRコード
記事検索
ガソリン価格情報

gogo.gs
tozan