クラブアルペン情報局

選手への必要な情報を発信していきます。

2022年02月

残り8レース、W杯女子の総合優勝争い



シフリンとブルホバのペアリング、どうなる?ゴッジアは最終戦10位で十分だ!

クランモンタナでのダウンヒル2レースを終えた女子ワールドカップの順位:総合カップは残り8レース、ブリニョーネが完全に試合から外れたわけではないにせよ、決戦の場となります。

ワールドカップランキングのトップに立つペトラ・ヴロヴァとミカエラ・シフリンのカップリングが実現した。たとえスロバキア人であっても、クランモンタナのダウンヒル2レースで獲得した17ポイント以上のものを期待していただろう。この週末は、絶対的な水晶玉をめぐる戦いにおいて重要な週末となり、その後アレのテクニカルレース、クーシュベル・メリベルのファイナルが待っている。ダウンヒル1回、スーパーG2回、大回転3回、スラローム2回という日程で、トップコンビから175ポイントで3位のソフィア・ゴッジアがレースに復帰することは事実上不可能と思われ(この意味で1月末のコルチナ、クロンプラッツ、ガルミッシュの高速レースの中断は決定的だった)、204ポイントのフェデリカ・ブリニオーネはまだチャンスが残っているようである。

一方、ゴッジャはダウンヒルカップに出場し、決勝前にコリンヌ・スーターに「+75」した。最終戦で10位に入れば十分だが、スイス人選手が2位になればポイント圏内(15位以内)に入る。

日曜日のレースでは、クーシュベル・メリベルのダウンヒル最終戦のビブ25枚が割り当てられた。5人のイタリア人が参加できる。ゴッジャ、ナディア・デラゴ、ブリニョン、クルトーニが専門ランキングで、マルタ・バッシーノが一般WCSLで獲得したポイントで、この試合に参加できるのだ。オーストリア人8名、スイス人6名、そしてレデッカ、モヴィンケル、ヴァイドル、ギャニオン、シュトゥヘク、ミラドリ、ジョンソンは怪我のため欠場、もちろんヴルホワとシフリンは総合レースに参加できるだろう。


ワールドカップ・ダウンヒル女子ランキング(8/9)
1位ソフィア・ゴッジア 482pt、2位コリンヌ・スーター 407、3位ラモーナ・シーベンホーファー 311、4位エステル・レデッカ 303、5位ミルヤム・プフナー 296、6位ナディア・デラゴ 246、7位ブリー・ジョンソン 240、8位ラグニルデ・モウィンケル 234、9位プリスカ・ヌファー 228、10位キラ・ヴァイドール 224。11位 コーネリア・ヒュッター 221、12位 フェデリカ・ブリニョーネ 185、13位 ジャスミン・フルリー 179、14位 マリーミッシェル・ギャニオン 177、15位 ララ・グート・ベーラミ 163、17位 エレナ・クルトニ 142、26位 ニコル・デラゴ 94、31位 フランチェスカ・マルザーリア 33、40位 マルタ・バシーノ 9、43位 カロリン・ピヒラー 7

女子ワールドカップ総合順位(29位/37位)
1位 ペトラ・ヴルホヴァ 1026pt、1位 ミカエラ・シフリン 1026pt、3位 ソフィア・ゴッジア 851、4位 フェデリカ・ブリニョーネ 822、5位 サラ・ヘクター 682、6位 コリンヌ・スーター 646、7位 ラグニルディ・モーウィンケル 590、8位 ラモナ・シーベンホファー 580、9位 ミシェル・ジザン 558、10位 エレナ・クルトニ 532、11位 ララ・グート・ベーラミ 530。12位 ミルヤム・プフナー 482、13位 テッサ・ウォーリー 457、14位 ウェンディ・ホルデナー 421、15位 マルタ・バッシーノ 409、27位 ナディア・デラゴ 264、48位 ニコル・デラゴ 138、58位 フランチェスカ・マルザーリア 93、77位 ロバータ・メレーシ 44、83位 カロリン・ピヒラー 34、92位 マルチナ・ペーターリニ 25、111位 アニータ・グッリ 8。

女子WCSLダウンヒル
1位ソフィア・ゴッジア 610pt、2位コリンヌ・スーター 558pt、3位ラモーナ・シーベンホーファー 357pt、4位ミルヤム・プフナー 342pt、5位エステル・レデカ 329pt、6位ナディア・デラゴ 317pt、7位キラ・ヴァイドル 308pt、8位ブリー・ジョンソン (inf.) 357pt、8位エステル・レデカ 318pt、9位ナディ・レデカ 318pt 276、9°コーネリア・ヒュッター 261、10°ラグンヒルド・モーウィンケル 260、11°プリスカ・ヌファー 240、12°マリー=ミシェル・ギャニオン 224、13°エレナ・クルトーニ 211、14°ジャスミン・フルリー 210、15°ララ・グート・ベーラミ 207、16°フェデリカ・ブリニョン 195、24°ニコル・ドラゴ123、30°フランチェスカ・マーサーリア 39、37°ラウラ・ピロヴァーノ(inf. 24、44° Marta Bassino 13、47° Karoline Pichler 7、54° Roberta Melesi 1.

ペトラ・ヴルホヴァ、それともミカエラ・シフリン?ワールドカップ総合優勝は盛り上がること間違いなし



スロバキアのペトラ・ヴルホヴァは、スイスのクランモンタナで開催されたワールドカップダウンヒルで14位と、まずまずの成績を収めた。大きな水晶球を争うアメリカのライバル、ミカエラ・シフリンは、今週末は休養に入る。戦わずして、同い年の相手が総合順位で自分と並ぶのを見届けることになったのだ。

37回中29回の判定を経て、ワールドカップ総合の争いは、特にヴルホヴァがシフリンと同じ1,026点を集めているため、非常に接近したエキサイティングなストーリーとなるだろう。このように、後者の女性の戦いは、まだまだこれからです。対等な決闘になる。ヴルホヴァが昨年の優勝を再現するのか、それともアメリカ人女性がオリンピックでの失敗をワールドカップ総合優勝で帳消しにするのか、それは別として。盛り上がるのはいいことです。それだけが、スキーレースの最高の宣伝になる。

そういう主人公がいることに感謝しなければならないし、8レース、10レースで1位になったからといって、すでに終わっているわけではないのです。その結果、FISは種目のバランスを取ることで良いことをしたのです。テレビの前やフィニッシュエリアでのスキーファンは幸せです。そして、それが一番大切なことなのです。

まだ8つの未決定事項があります。
2022年03月05日(土)
女子スーパーG レンツェルトハイデ(SUI)
2022年03月06日(日)
女子ジャイアントスラローム レンツァーハイデ (SUI)
2022.03.11(金)
女子ジャイアントスラローム オーレ (SWE)
2022年03月12日(土)
女子スラローム オーレ(SWE)
2022.03.16(水)
女子ダウンヒル コルシュベル/メリベル(FRA)
2022.03.17(木)
女子スーパーG コルシュベル/メリベル(FRA)
2022年03月19日(土)
女子スラローム コルシュベル/メリベル(FRA)
20.03.20(日)です。
女子ジャイアントスラローム コルシュベル/メリベル(FRA)

スラロームのクリスタルグローブに手を伸ばすヘンリック・クリストファーセン



スラローム種目別ランキングを見てみよう。ガルミッシュ・パルテンキルヘンで2勝したヘンリック・クリストファーセンが同胞のルーカス・ブラッテンに49ポイントの差をつけているとはいえ、ドイツのライナス・シュトレーサー(-78)、イギリスのデイブ・ライディング(-94)、オーストリアのマニュエル・フェラー(-95)も最終戦のクールシュベルで垂涎のクリスタルトロフィーを掲げるチャンスは十分にあるのだ。

残り2戦です。フラッハウとクールシュベルが会場です。とはいえ、ザルツブルクに本拠地を置くクリストファーゼンは、2022年3月9日の「ホームレース」に自信をもって挑むことができる。48時間以内に2つの勝利を収めた後、ノルウェー人がインタビューで語ったように、ヘルマンマイヤーのワールドカップコースで行なわれるナイトスラロームへの期待はすでに非常に高いものである。

クリスタルグローブの授与を2週間後に控えたガルミッシュ・パルテンキルヘンのレースでリタイアしたスイスのロイック・マイヤード、ダニエル・ユール、世界選手権優勝のノルウェーのセバスチャン・フォス・ソレバーク、スラロームのオリンピックチャンピオンであるクレメント・ノエル、オーストリアのダブルオリンピックチャンピオン、ヨハネス・ストルツはスラロームのクリスタルへの望みを来季に託さなければならないでしょう。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。

ステファニー・ヴェニエ、クランモンタナのダウンヒルで5位に返り咲く



ステファニー・ヴェニエが世界の頂点に返り咲いた!
クランモンタナ(SUI)で行なわれたダウンヒルで、チロルは5位に入賞し、オーストリア人選手として最高の成績を収めた! これは、彼女にとって今シーズン最高の結果だった。優勝はプリサ・ヌファー(スイス)で、昨日優勝したエステル・レデカ(チェコ)、ソフィア・ゴッジア(イタリア)を抑えての優勝となった。

この数年、上位入賞を果たせずにいたベニアーにとって、トップ5入賞は絶好のタイミングだった。オリンピックの期間中は、トレーニングの時間に充てていた。ヴェニエは、今日のゲレンデでその成果を見事に発揮した。

ステファニー・ヴェニアー「ゴールしたときは、とてもほっとしました。私のキャリアの中でも最高の配置で、言葉にならないほどです。今日は本当に涼しいですね。もちろん、帰ってくることを前提にプレーしているわけですが。でも、その甲斐あって、戦果を上げることができました。"

レースはコーネリア・ヒュッターの大クラッシュで影が薄くなった。前日3位の選手が最後のジャンプで転倒し、再び上位入賞を果たした。時速100kmを超える空中でこれを逃したシュティリアンは、横向きに着地し、凍ったレーストラックに身体と頭を強く打ち付けた。今のところ、シュタイヤーマンは元気だ。脳震盪の疑いがある。彼女は今日、オーストリアでさらに詳しく調査される予定です。

マルコ・シュワルツ、ガルミッシュのスラローム2本目で惜しくも表彰台を逃す



ガルミッシュ・パルテンキルヘンのスラローム2本目では、マルコ・シュワルツがベストタイムで見事に復活を遂げた。カリンチャンスは26位から5位へと順位を上げた。優勝は今週末2度目のヘンリック・クリストファーセン(ノルウェー)で、イギリスのデイブ・ライディングとライナス・ストラッサー(ドイツ)を順位を下げての優勝となった。

シュワルツは、表彰台から100分の4秒差でゴールした。マイケル・マットが9位に入り、2人目のOSVスキーヤーがトップ10に入りました。マルク・ディグルーバーは13位だった。土曜日に3位だったManuel Fellerは、2本目にミスをして今回は15位に留まった。

マルコ・シュワルツ:「何よりもまず、今回も装置がうまくいったことがうれしい。私は幸せで、スタートで解放され、失うものは何もありませんでした。走りは自分としては順調だった。このまま続けてほしい。"



W杯女子ダウンヒル クランモンタナ 第2戦


プリスカ・ヌファーは、クラン・モンタナで開催されたワールドカップ第2戦のダウンヒルで、15,000人を超えるファンの声援を受け、自身初となる優勝を飾った。
オブワルディアンは、難易度の高い壮大なモンラショーのゲレンデを見事に制覇した。チェコのEster LedeckaとイタリアのSofia Goggiaを抑えての優勝となった。



マリウス・ロビールは、クラン・モンタナで開催された2つの女子ダウンヒルレースで、「私がワールドカップレース組織委員会の会長を務めて以来、最も美しい週末を経験することができた」と、ポジティブな結論を出した。
オー・プラトーのレース担当者は、モンラショーで開催された2つの大会にそれぞれ15,000人のファンが訪れたことを特に喜んでいました。"絶対に素晴らしい "と。



プリスカ・ヌファー、エステル・レデッカ、ソフィア・ゴッジアは、日曜日のクランモンタナの太陽の下で、夢のような一日を過ごしました。オブワルディアンはワールドカップ初優勝を飾り、チェコは前日の成功を確認した。イタリア人は、彼女のベストレベルに近づいている。15,000人の観衆の前で行われたこのクレイジーなレースを終えた彼らの反応。

W杯男子SL ガルミッシュ 第2戦


ヘンリク・クリストファーセン
「そう、ここガルミッシュで連覇を達成するのはすごいことなんだ!」。2x🥇🐢💨
また、レッドビブ🔴に戻れたことに超ストークしています!
デイブ・ライディング選手、ライナス・ストラッサー選手おめでとうございます👏🏻👏🏻



デイブ・ライディング
一日で何が変わるのか?
チームってなんだろう 👊
今日は何の日?




アレクシス・パンテュロー
ガルミッシュをスラロームスキーで気持ちよく出発し、すでに小さな勝利を手にしている😉
ウィークエンドの男、ヘンリク・クリストファーセンに🎩



ラモン・ゼンホイザーン
スポーツは時としてそうなる🥴でも、また立ち上がる💪🏼
今日も速いターンができて、大きな怪我もなくてよかった🤕🙏



ダニエル・ユール
思い切ったことはしない、得るものはない
自分の滑りに満足しているが、結果には満足していない...。スピードは戻ってきているので、あとはフィニッシュまで持っていくだけ。



ジュリアーノ・ラッツォーリ
今日は、技術的にも戦術的にも体力的にも難しいレースでした 他のライダーはあまり寝ていないので、表彰台に近いところでゴールできたことはとても嬉しい。😜 🚀#6th



アレックス・ビナッツァ
P9! スキーワールドカップでの2日間、お疲れ様でした😴 🎩



ミヒャエル・マット
ガルミッシュで2回P9 😑
1本目は本当の戦いだった。2本目は自分の滑りを改善することができなかった。
今は、ホームレースのフラッハウが楽しみだ。🙃✌🏼

W杯男子SL ガルミッシュ 第2戦

クリストファーゼンは、それまでの7戦で7人が優勝していたスラロームで、今季初めて複数回優勝したスキーヤーとなった。



クリストファーゼンが2日連続での2勝目を挙げ、スラロームランキングで首位に立つ

ヘンリック・クリストファーセンは、日曜日、2日間で2勝目を挙げ、ワールドカップ・スラローム・シーズンの折り返しを完了させた。

このノルウェー人選手は、2021-22年のキャンペーンにおいて、最初の4レースでトップ10入りなし、2回のリタイアという劣勢なスタートを切っており、長期的なスキー技術者を交代させることになった。

そして今、ノルウェーは今シーズン初めてスラロームで複数回優勝したスキーヤーとなり、これまでの7レースで7人の優勝者が出ている。

また、スラロームでは残り2戦で49ポイントをリードしており、自身3度目のシーズンタイトル獲得に王手をかけている。

クリストファーゼンは、1本目の上位3人がフィニッシュできなかったため、後方から追い上げて21勝目を挙げた。

クリストファーゼンは1本目を終えて8位につけていたが、最終滑走で4番手のタイムを出してトップに立った。しかし、最終滑走で4番手のタイムをマークしてトップに立つと、続く7人がすべて自分のタイムを更新できず、そのうち4人はフィニッシュすることさえできなかった。

「でも、これもゲームの一部であり、スポーツの一部なのだから、また勝てて本当に嬉しい」とクリストファーセンは語った。

1本目を終えたトップ3、スイスのロイック・メイヤール、ラモン・ゼンホイセルン、オーストリアのヨハネス・シュトロルツは、いずれも氷のコースでゲートをまたぎ、最初の数本は異常に鋭いターンが設定されており、スタートからリズムをつかむのが難しい状況であった。

「2本目からは、本当の男のためのコースだった。2本目からは、本当の男のためのコースになった」。「この2日間、彼は本当にいい滑りを見せてくれた。

マイヤードはオープニングランで0.5秒以上のリードを奪い、凍ったグディベルクのコースをマスターし、同じタイムを出したゼンホイザーとシュトロルツに0.51秒差をつけてゴールした。

土曜日のレースとは打って変わって、一晩中気温が下がったために表層が硬く滑りやすくなり、何人かの選手はスキーのチューニングセットアップに悩まされた。

「アグレッシブな部分とアイシーな部分があり、足元の感覚をつかむのは簡単ではなかった。とオープニングランの後、メイヤードは語った。

2本目は気温が上がり、路面も少し弱くなったが、「まだ滑りやすいところもあった」とクリストファーセンは言う。

ノルウェーのチームメイトで世界チャンピオンのセバスチャン・フォス・ソレヴォーグもまたがり、ワールドカップポイントを獲得することはできなかった。

2本目のコースはデイブ・ライディングのコーチであるトリスタン・グラッセ=デイヴィスが設定したもので、彼は19位からクリストファーゼンに0.35秒差の2位に浮上し、イギリス人スキーヤーによく似合うコースとなった。

「彼は私の好みを知っているし、私の好みに合わせてくれた」とライディングは語った。「彼は私の好みを知っていて、私の好みに合わせてくれた。

ライディングのキャリア5回目の表彰台は、キッツビューエルのスラロームでイギリス人初のワールドカップ勝者となった5週間後のことである。

ライナス・シュトラッサー(ドイツ)が0.47秒差で3位に入り、ルーカス・ブラッヘンは24位から4位に順位を上げた。

ブラッセンはスラロームで356ポイントを獲得しているチームメイトのクリストファーゼンに首位の座を奪われた。ブラッセンは307点で2位、シュトレーサーは278点で3位となっている。

「赤いビブスを着るのは確かにカッコイイけど、今は地球儀を見ることはない」とクリストファーセンは語った。

アメリカのベン・リッチーは20位でフィニッシュし、ワールドカップスラロームのキャリアベストの成績を収めた。

3月9日にフラッハウで行なわれるナイトレースと、3月14日にメリベルで行なわれるワールドカップファイナルの2つのスラロームが、今シーズンのカレンダーに含まれている。

オリンピック・チャンピオンのクレマン・ノエルは2日連続で滑落し、シーズン・スラローム・タイトル争いから脱落した。

リザルト

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。

220227SLm

W杯女子ダウンヒル クランモンタナ 第2戦

ヌーファーは日曜日のワールドカップダウンヒルで優勝し、150レース近く戦ってきて初めての表彰台を獲得し、3人のオリンピック金メダリストを抑えてのフィニッシュだった。



ヌーファー、30歳でWCダウンヒル優勝というブレイクを果たす。

スイスのスキーヤー、プリスカ・ヌファーが30歳でブレイクするとしたら、それは間違いなくクランモンタナのホームスノーでのことだろう。

ヌーファーは、日曜日のワールドカップ・ダウンヒルで、オリンピック金メダリスト3人を抑えて、約150戦目にして初の表彰台を獲得したのである。

10年間のワールドカップキャリアにおいて、土曜日に彼女が得意とするモンラショーのコースで行なわれたダウンヒルで4位に入るまで、5位以内に入ったことがなかった。

日曜日の勝利により、彼女はワールドカップレースで8回のトップ10入りを果たし、そのうちの6回がクランモンタナでのレースである。

「この瞬間にとても感謝している」とヌーファーは語った。「また、スイスで、私の故郷で、友人や家族と過ごすことができたことに感謝しています」。

太陽が降り注ぐ南向きの斜面で、ヌファーは土曜日のダウンヒルを制した2018年オリンピック・スーパーGのチャンピオン、エステル・レデカより0.11秒速かった。

ソフィア・ゴッジアはヌフェルに0.23秒差で3位、オリンピックダウンヒル新チャンピオンのコリンヌ・スーターは0.27秒差で4位だった。

ゴッジアは、1月にクラッシュした際に負った膝と脚の怪我からの急速なカムバックで、2018年のオリンピックタイトルを防衛した際に滑降の銀メダルを獲得しました。それまでは、彼女はダウンヒルシーズンを支配していた。

"今日の出来にはかなり満足している "とゴッジャは言った。"シーズン前半に披露していたソフィアの70%かそれよりも少し低いレベルで滑った "と。

ゴッジアは、3月16日にフランスのクールシュベルで開催されたワールドカップ最終戦の1戦を残して、シーズン中のダウンヒルランキングでスーターとのリードを広げた。

ミカエラ・シフリンは、オリンピック前にワールドカップ総合ランキングでわずかにリードしていたが、クランモンタナでの連続ダウンヒルをスキップするという計算されたリスクを冒し、それが功を奏した。

シフリンのライバルであるディフェンディング・チャンピオンのペトラ・ヴルホワは、前日の29位に続き、日曜日も16位でフィニッシュした。この2人は現在、同点で並んでいる。

シフリンは来週末にスイスのレンツェルハイドで開催されるスーパーGと大回転で復帰する予定である。

ヌファーは北京オリンピックに出場したものの、滑降とスーパーGのスピードレースの女子4人組のスイスチームには選ばれなかった。滑降とスーパーGは、それぞれヌファーのチームメイトであるスーターとララ・グート・ベーラミが優勝した。

グート・ベーラミは土曜日にゴールできず、日曜日にはヌファーから1秒以上遅れて19位となった。

37番のビブスを着用したイザベラ・ライトは、0.55秒差で10位となり、自己最高位を記録した。

リザルト

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。

220227




W杯女子ダウンヒル クランモンタナ 第2戦



スイスのクランモンタナでは青空と完璧な雪に恵まれ、週末にはレディースが2つのDHレースで活躍しました。土曜日のレースでは、@ragmowが@connyhuetterを抑えて2位となり、ノルウェーにとって23年ぶりのDH表彰台となった。今日、@corinnesuter_official(4位)、@ragmowと@itsstephanievenier(5位タイ)はほんの少し表彰台を逃したが、ステファニーにとってこの結果は勝利のように感じられた。レース後、彼女はこのように語っています。
「今日はとても安堵しました。この数ヶ月は本当に厳しかったから、この結果は私のキャリアで最も重要なもの。5位という結果で自信を取り戻したが、今はまだ言葉もない。今日はとてもいいレースだった。家族は、僕が正しいかどうか疑っているときでさえ、ずっと僕を支えてくれた。スキーレースはとても素晴らしいものですが、良い結果を残せずに競技を続けるのは意味がありません。キャリアを終えることを考えたこともあったが、今日、クーシュベルで開催されるワールドカップ・ファイナルの出場権を獲得して戻ってこられたことを嬉しく思う。"
女子はレンツェルハイド(GS/SG)、男子はクヴィットフェルでDH2本とSG1本を予定している。


W杯男子SL ガルミッシュ 第2戦













W杯男子SL ガルミッシュ 第2戦



ガルミッシュ・パルテンキルヒェンでヘンリック・クリストファーセンがスラロームをダブル制覇 - 日曜日のギディベルクでもノルウェー人が勝利

今日、日曜日、ワールドカップ男子スラローム第2戦がガルミッシュ・パルテンキルヒェンで行われた。昨日と同じく、今日の優勝者はノルウェーのヘンリック・クリストファーセンさん。1本目を終えて8位に甘んじていた経験豊富なバイキングは、1分52秒66というタイムで勝利を収めた。イギリスのデイブ・ライディング(+0.35)とドイツのライナス・シュトラッサー(+0.47)を2位と3位に降格させたのだ。このレースも、1本目の上位5人が表彰台に上がれず、3人が脱落しているのが不思議なくらいだった。

クリストファーゼンは2回の優勝により、357ポイントを獲得し、種目別ランキングで競合他社をややリードしている。ブラッセンは2位で、すでに49点差。ストラッサー、ライディング、フェラー、そして今日の不運なスキーヤー、メイラードもクリスタルのチャンスを持っている。


「ここガルミッシュで2回も勝てるとは思っていなかったよ。実にクールな感覚です。ロイックとヨハネスには残念だが、これがレースなのだ。決勝のコースセッティングは、本当に男性向けでしたね。オリンピックの後、メダルを取れなかったことに動揺することはありませんでした。それからしっかりトレーニングをして、少し技を変えたらうまくいきました。今は赤いジャージでカッコいいですが、今は弾丸のことは考えていません。今はザルツブルクの自宅で睡眠と休養を考えているところです。それから、フラッハウが楽しみです。"


マニュエル・フェラー:「ミスで1秒以上ロスしてしまったので、コースに残れたことがとにかく奇跡的だった。弾丸はもう遠のいた。しかし、フラッハウのおとぎ話のような草原で何が起こるかは誰にもわからない。今は再生と準備、シーズンがとても長くなりました。"

Johannes Strolz:「スレッディングはすぐに起こります。もちろん迷惑なんですけど、それも含めて。今は少し休んで、家での時間を楽しみたいと思っています。"



クリストファーゼンの若い同胞、ルーカス・ブラッセン(+0,49)とオーストリアのマルコ・シュワルツ(+0,51)は、最初の走行で24位と26位にとどまり、遅れていたため、4位と5位に振り出し、100分の数秒差で表彰台を逃すことになった。イタリアのジュリアーノ・ラッツォーリ(+0.57)は、スペイン人のホアキム・サラリッチ(7位、+0.60)を抑えて6位となった。クロアチアのイストク・ロデス選手(+0.71)は8位でした。オーストリアのミハエル・マットと南チロルの才能あるアレックス・ヴィナツァー(各+0.96)が9位を分け合い、バイエルンの雪で滑った第2ゲートのトップ10を完成させた。

マルコ・シュワルツ:「ポールを失い、今は少し手ごたえを感じています。でも、走っている最中はそれを感じないんですよね。でも、今日も半分くらいはうまくいったので、満足しています。イメージ通りに乗れました。最初はとても開放的でした。今はいい感じで開眼しているので、このまま続けていければと思います。"

オーストリアのマルク・ディグルーバー(+1.21)とマヌエル・フェラー(+1.39)はそれぞれ13位と15位で、最後尾の選手も最終滑走の欠点をなんとかうまく克服した。1本目の6位と同様、もっともっと期待されていたのだ。スイスのスキー競技者ファドリ・ヤヌーティンは、1本目29位でベスト30の決勝に進んだばかりだったが、スタート番号59の高さで17位に脱落した。決勝では9名の選手が敗退しました。オーストリアチームのDomnik RaschnerとJohannes Strolzに加え、スイスのDaniel Yule、Tanguy Nef、Ramon Zenhausern、Loic Meillardも脱落した。

マニュエル・フェラー:「あのミスで1秒以上ロスしてしまった。コース上に残れたのはとにかく奇跡的だった。弾丸はもう遠のいた。しかし、フラッハウのおとぎ話のような草原で何が起こるかは誰にもわからない。今は再生と準備、シーズンがとても長くなりました。"

Johannes Strolz:「スレッディングはすぐに起こります。もちろん迷惑なんですけど、それも含めて。今は少し休んで、家での時間を楽しみたいと思っています。"

非常に不思議なシーズンの次のスラロームは、フラッハウで開催される。ヘンリック・クリストファーセンが2勝を挙げたとはいえ、ヘルマン・マイヤー・スロープからまた何かエキサイティングで驚くべき報告があるのかどうか、判断するのは難しい。3月9日深夜に詳細が判明する予定です。




HENRIK WINS YESTERDAY!!! 🇳 昨日もセイヤ、今日もセイヤ。ジャダ!!!🤩🏆⭐️の方
ルーカスは2周目に素晴らしい走りを見せ、20位まで順位を上げ、表彰台まであと100分の2というところまで来ました😱。
ティモンが11位と健闘! アトレ選手、ラウンド2で大きなミスを犯し21位で終了。セバスチャンは1回戦を終えて6位につけていましたが、残念ながら2回戦で順位を落としました😤。
Mye bra slalamkjoring av vare gutter i dag!👏 スラロームカップはルーカスよりヘンリックが先でダブルノルウェーです!(笑) HEIA NORGE❤️🇴(ヘイア・ノルゲ)。
ライディングの2位、ストラッサーの3位、おめでとうございます。
男子の次の大会はKVITFJELL! ホームグラウンドでのショーを楽しみにしています。皆様のご来場をお待ちしております🤩👊。








グディベルグでハッピーエンド! ガルミッシュ・パルテンキルヘンで今季3度目の表彰台を獲得した@linusstrasserさん😍👏



続きを読む

W杯女子ダウンヒル クランモンタナ 第2戦



プリスカ・ヌファーは、クラン・モンタナで開催されたワールドカップ第2戦のダウンヒルで、15,000人を超えるファンの声援を受け、自身初となる優勝を飾った。
オブワルディアンは、難易度の高い壮大なモンラショーのゲレンデを見事に制覇した。チェコのEster LedeckaとイタリアのSofia Goggiaを抑えての優勝となった。

W杯男子SL ガルミッシュ 第2戦



220227SLm


W杯女子ダウンヒル クランモンタナ 第2戦








W杯女子ダウンヒル クランモンタナ 第2戦



EXCEPTIONAL!
ワールドカップ・クランモンタナ大会の2戦目は、プリスカ・ヌーファーがセンセーショナルな優勝を飾りました! 🤩。
大接戦の中、初めて表彰台に上がり、しかも一番高い段に! 🇸🇭。🔥
2位のエステル・レデッカ、3位のソフィア・ゴッジアもおめでとうございます。🎉





W杯女子ダウンヒル クランモンタナ 第2戦





プリスカ・ヌフェルがクランモンタナのダウンヒルでプレミア優勝

スイスのプリスカ・ヌファーは、クラン・ラショーの第2ダウンヒルで、1分29秒93のタイムで、昨日の4位ですでにその走りを予感させ、ワールドカップ10年3ヶ月ぶりの優勝を飾った。昨日の優勝者、チェコのエステル・レデッカ(+0.11)は2位に振り切った。イタリアのソフィア・ゴッジア選手(+0.23)は3位に入りました。

種目別ランキングでは、フェアが読まれているようです。ゴッジャはシーズン終了まであと1戦というところで487ポイントを獲得した。2位のスーター(75点差)が彼女から小さなクリスタルグローブを奪い取るとしたら、事態はかなり荒れ模様になるはずだ。3位争いのみが、エキサイティングなものになるだろう。おそらく、ラモーナ・シーベンホーファーかミリアム・プフナー(オーストリア)に軍配が上がるだろう。

スイススキーチームのコリンヌ・シュター選手(+0.27)は昨日よりかなり調子を上げ、4位に入った。ノルウェーのラグンヒル・モヴィンケルは、復活したオーストリアのステファニー・ヴェニエ(各+0.31)と共に5位に入賞した。またスクアドラ・アッズーラにはフェデリカ・ブリニョーネが出場しており(+0.33)、彼女は7位にランクされています。ミッシェル・ギシン(8位;+0,43)とジョアナ・ヘーレン(9位;+0,46)もヌファーと一緒に喜んでおり、スイスチームの結果は非常に良いものでした。

トップ10には、アメリカ人女性のジャクリーン・ワイルス(10位;+0.55)が入りました。チーム・オーストリアのミリアム・プフナー(+0.69)は13位だった。5位のジャスミン・フルーリーは、カントン・ヴァレーでヌフェルに100分の97秒差の15位に振り切った。スロバキアのペトラ・ヴルホヴァ(+0.99)は16位につけ、オリンピック回転競技の現チャンピオンである彼女は、今週末休養中のアメリカのミカエラ・シフリンと大きなクリスタルグローブをめぐる争いで並んだ。オーストリアからはタマラ・ティップラー(+1.17)が出場した。正直に言えば、彼は17位より少し上の順位を予想していたようだ。

スイスのララ・グート・ベーラミ選手(+1.28)は19位と、昨日の失敗をある程度補うことが出来ました。OSV女子のアリアンヌ・レドラー(+1.30)、ラモーナ・シーベンホーファー(+1.34)、ナディーン・フェスト(+1.40)、クリスティン・シャイアー(+1.46)は南チロルのナディア・デラーゴ(21位、+1.32)の後ろの20、22、23、24位となりました。最終トレーニングで転倒し、安全のために昨日のレースを見送ったドイツのキラ・ヴァイドル(+1.80)は25位だった。最終セクションでオーストリアのコルネリア・ヒュッターが表彰台を目指していたところ、鼻血を出し、最初の情報では脳震盪を起こしたという壮絶なクラッシュがレースには影を落としていた。膝の怪我はおそらくないと思われる。それでも、フィニッシュ地点にいたファン、チームメイト、対戦相手たちは息をのんだ。南チロルのニコル・デラゴ選手は敗退した。

これが40人のレーサーを経た現在の中間結果である。まだスタート地点に残っている女性選手は、ライブティッカーで追うことができます。トップ15に変動があった場合は、もちろん更新します。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。

第39回松之山温泉サロモンカップ 27日



【リザルト】

K1 SL

K2 SL

マヌエル・フェラーは、スラロームの小さなクリスタルグローブに夢を見続けることができる



マニュエル・フェラーはガルミッシュ・パルテンキルヘン(ドイツ)の第1回回転で3位に入賞した。優勝はノルウェーのヘンリック・クリストファーセン、2位はスイスのロイック・メイヤード、3位はマニュエル・フェラーだった。

0.51秒差でチロルのM・フェラーが3位に入り、今季通算6回目の表彰台を獲得した。

フェラー選手に100分の25秒差で、オリンピック銀メダリストのヨハネス・シュトロルツ選手が4位で振り切りました。マイケル・マットは9位(+1.12)、マルコ・シュワルツは16位(1.72)でした。ガルミッシュ・パルテンキルヘンのワールドカップ第2戦スラロームは日曜日(9.10と12.30、ORF1でライブ放送)にスタートする。

マニュエル・フェラー「また一歩近づきましたが、たくさんの人が混ざっていますし、今はヘンリック(・クリストファーセン編)がまたアクセルを踏み込んでいますね。2本目では、他の選手のようにスキーをもっと離さなければ、優勝を狙えなかった。しかし、3位というのは確かに悪くない。"

シュトロルツも、この順位で十分生きていけると思います。

Johannes Strolz 「4位は本当に嬉しい。明日は、またいい滑りを見せたいですね。コースは非常に流動的でタイトに設定されているため、本当に、本当に多くのリスクを負わなければならないと思いました。3つのメダルがあれば、一度のリスクも軽減されます。"

明日、日曜日はグディベルグでワールドカップ男子スラローム第2戦が行われる。規律ランキングの状況は、頭打ちになっている。今日結果を出せなかったバイキングのルーカス・ブラセン選手は257ポイントで首位をキープしている。同胞のクリストファーゼンはわずか1ポイント差。しかし、メイラード(247)、フェラー(245)、ユール(223)、引退した世界チャンピオン、セバスチャン・フォス・ソレヴォーグ(220)、シュトレーサー(218)にも、正当な結晶の可能性があるのだ。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。


トーマス・ドライセン、今シーズンのスキーワールドカップ復帰はならず



ドイツのスキーレーサー、トーマス・ドレーセンは、今シーズンのレースへの出場を見合わせた。DSVのスピードスペシャリストは、ガルミッシュ・パルテンキルヘンで開催されたスラロームウィークエンドで、このように発表したのです。一時的に、純粋にスキーの観点からフィットするとしても、28歳は忍耐力を発揮して、2022/23年のワールドカップ冬にのみアタックすることを望んでいるのだ。

当初、ドレーセンはノルウェーのクヴィットフィエルでカムバックを目指すと言われていた。しかし、何事も慎重に進めたいと考えている。昨年のアルペンスキー世界選手権の後、右ひざを手術した。軟骨の遊離片を取り除き、軟骨を平滑化した。この選手は、キッツビューエルで行われた伝説的な「シュトライフ」のダウンヒルクラシックですでに優勝していたが、それ以来レースには出場していない。

ポジティブな面では、波や小さなジャンプを伴うテストランで膝がよく反応したことです。ドイツ人はダウンヒルとスーパーGのトレーニングで巻き返し、すぐにでもワールドカップのレース活動に復帰できることを楽しみにしている。
livedoor プロフィール

C.A

Archives
QRコード
QRコード
記事検索
ガソリン価格情報

gogo.gs
tozan