クラブアルペン情報局

選手への必要な情報を発信していきます。

2022年01月

クリストフ・インナーホーファーが延慶のゲレンデに登場! ⛷


オーストリア選手、無事北京に到着



メイヤー、リエンスベルガー、北京に上陸。
最初の数日間は順応に重点を置き、オリンピックの人工雪との最初の接触はすでに行われた。Matthias Mayer、Katharina Liensbergerらは、高いモチベーションと期待に満ち溢れています。💪






中国・延慶



📍230本の鉄柱に10km以上のSPMネットを設置、オリンピックで選手を保護する準備が整った 🤩 🤩 🤩

HEADワールドカップレベルズ、ガルミッシュで優勝



オリンピックに間に合うように、2人のHEADスキーヤーが絶好調である。日曜日、ガルミッシュ・パルテンキルヘンのスーパーGでコーネリア・ヒュッターは2017年以来となるワールドカップ3勝目を挙げ、土曜日のダウンヒルでコリンヌ・スーターが優勝したのである。スイスの今シーズン初勝利となった。

"週末は素晴らしかった。もちろん、ここガルミッシュ・パルテンキルヘンはオリンピックとはコンディションが違う。でも、北京で成功を収めることができれば、まだ追いつけないと感じるよりいいはずだ」 とHEADレーシングディレクターのライナー・ザルツゲーバーは強調した。「コリーヌ・スーターには、当然ながらトップへの返り咲きを期待した。コーネリア・ヒュッターは比較的長く休んでいた。以前からよく滑っていたが、この2日間は本当によく滑るようになった。攻撃からして、以前から知っているような感じでしたね。そしてそれは、私たちにさらなる希望を与えてくれます。もちろん、秋にコリンヌ・スーターが怪我をして、少し調子を崩したこともある。今、彼女は再び自信を取り戻し、再びフルに攻撃している。"

2018年、最後に表彰台に立ったコーネリア・ヒュッター氏

2018年12月、レイクルイーズのダウンヒルで2位となり、表彰台に立ったのがコーネリア・ヒュッターの最後となった。彼女のワールドカップでの過去2回の勝利は、2017年12月と2016年3月に遡り、レイクルイーズのダウンヒルとレンツェルハイドのスーパーGでオーストリア人が勝利を収めたものである。ガルミッシュ・パルテンキルヘンで、29歳の彼は今、世界の絶対的な頂点に返り咲いたのだ。土曜日のダウンヒルでは3位に入り、日曜日のスーパーGではイタリアのフェデリカ・ブリノーネと同タイム、3位のオーストリアのタマラ・ティップラーに100分の82秒の差をつけて優勝を果たした。"頭が空っぽ、ちょっと混乱中。めちゃめちゃうれしいです。今日は古いリスクコニーと新しい手法のコニーを組み合わせたいと思いました。私は成功したのです」と、コーネリア・ヒュッターはゴールで分析した。コリーヌ・スーターは8位。10位、11位、12位は、イタリアのエレナ・クルトーニ、オーストリアのアリアン・レドラー、エリザベート・ライジンガーの2人が獲得しました。

コリンヌ・スーターがダウンヒルで優秀賞を受賞

コリンヌ・スーターがダウンヒルで優秀賞を受賞
コリンヌ・スーターによるダウンヒルでの優勢な勝利
土曜日のダウンヒルでは、コリンヌ・スーターが見事優勝を飾った。27歳の彼女は、フィニッシュ地点で同胞のジャスミン・フルーリーに100分の51秒の差をつけていた。スーターは今季初勝利、通算4勝目、ガルミッシュ・パルテンキルヘンでは2勝目を挙げた。「今日はいろいろなことがうまくいった。今はポジティブにとらえて、あとは中国でどうなるかですね。ラインはあまり出さないようにしましたが、2、3カ所は本当に頭を使って滑って、その勢いを持ち帰れるようにしなければなりません。今日はそれがうまくいった」とスイス人は説明した。

HEADワールドカップレベルズがトップ12に7名ランクイン

コロナのために前々回のダウンヒルに出場できなかったコーネリア・ヒュッターは3位に入賞した。合計で7人のHEADワールドカップレベルズがトップ12に入りました。エリザベート・ライジンガー選手は、ワールドカップで自己最高の6位を獲得しました。7位にアリアンヌ・レドラー、9位にカナダのマリー=ミシェル・ギャニオン、10位にオーストリアのクリスティーン・シャイヤー、12位に同じくオーストリアのステファニー・ヴェニエが入りました。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。

カタリーナ・リーンスベルガーらが無事北京に到着



一昨日、オーストリアのスキー界のエースたちが北京に飛んだ。初日は、高所順応と中国の人工雪との初対面が予定されていた。Katharina Liensberger, Katharina Truppe, Katharina Huber, Stephanie Brunner, Matthias Mayer, Max Franz, Vincent Kriechmayr, Raphael Haaser, Otmar Striedinger, Daniel Hemetsberger, Marco Schwarz, Johannes Strolzも宿舎に入りました。

リーンスベルガーは、旅が順調に進み、中王国にもうまく馴染めたと報告した。レースへの期待も大きく、五輪開催はこの季節のハイライトとなる。チームメイトのカタリーナ・トラッペは、「部屋はカジュアルで、すべてが印象的」と強調した。数え切れないほどの国から多くのアスリートが集まり、オリンピックの華やかさを感じることができます。

本日日曜日は、オリンピックゲレンデでのオープンエアスキーは行われませんでしたが、中国の雪を紳士淑女に紹介しました。マティアス・マイヤーは、北米の白い輝きを思い出していた。比較的急勾配で厳しい。1週間後、最初のメダル決定は、男子滑降の形で行われる。OSVのどの選手が参加するかは、トライアル終了後に決定されます。

オリンピック・デビューを果たしたダニエル・ヘメッツベルガー選手は、何が重要かを知っている。キッツビューエルで表彰台に上ったことで、彼は中国での仕事に完璧に対応できるようになったのです。彼にとって、この場にいることは狂気の沙汰であり、同時に大きな名誉でもある。すでにオリンピック村を見てきたと説明した。また、ここで行われたことに感動しているようです。

他の多くの選手と同様、上オーストリアは大回転とスーパーGのトレーニングも行っている。木曜日には、最初の男子ダウンヒルトライアルが行われる。日曜日には、輝くオリンピックチャンピオンが決まります。女子の最初のレースは女子大回転で、月曜日に開催される。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。

オーストリアチーム、北京五輪会場の印象


▶️オリンピック村のファーストインプレッション◀️。
チームの第一陣はすでに北京に到着し、延慶のオリンピック村の第一印象を受けた。😊



スキー・オーストリア・アルペンチームは、すでに北京に上陸しています マティアス・マイヤー、リエンスベルガー・カタリナのファーストインプレッション


アルペン、オリンピックの人工雪とファーストコンタクト

冬季オリンピック開会式の1週間前の金曜日(1月28日)、オーストリア航空のOOCチャーター便でアルペンスキーチームの第一陣が北京に到着しました。最初の24時間は順応に集中したが、オリンピックの人工雪に初めて触れることもあった。

土曜日(現地時間)、スキーチームは延慶のオリンピック村に到着しました。女子チームではカタリーナ・リーンスベルガー、カタリーナ・トラッペ、カタリーナ・フーバー、ステファニー・ブルナー、男子チームではマティアス・マイヤー、ヴィンセント・クリーチマイヤー、マックス・フランツ、オットマー・ストリーディンガー、ラファエル・ハーザー、ダニエル・ヘメッツベルガー、マルコ・シュワルツ、ヨハンネス・ストロッツがクォーターを獲得した。

「カタリーナ・リーンスベルガーは、「旅はうまくいったし、もう慣れた。「オリンピック村に入居することは、いつも特別なことです。シーズンのハイライトであり、レースへの期待も大きい。"

Katharina Truppeも同じように考えています。「部屋はカジュアルで、全体的にとても印象的です。到着すると、すでに他のレースとは違う、特別な雰囲気が漂っていました。オリンピックの華やかさが伝わってくる。"すでに多くの国が集まってきている。

すでに日曜日には、女性も男性も雪上での初ターンができるようになっていた。自由滑走はオリンピックのレースコースでは行われなかったが、最初の洞察はすでに得ることができた。「さすがに、北米を思わせる雪だ」と語るのは、オリンピック2連覇中のマティアス・マイヤー氏などだ。"地形は良さそうだ、比較的急だ、もうチャレンジングなはずだ。"

男子は1週間後の2月6日(日)にダウンヒルで競技を開始する。なお、出走メンバーは未定であり、トレーニング終了後に発表される予定です。ダニエル・ヘメッツベルガー選手にとっては、初めてのオリンピックとなります。キッツビューエルでワールドカップ初表彰台を獲得したことで、北京への出場を自薦している。「この場に居合わせることができ、大変光栄に思っています。オリンピック村はすでに見て回りましたが、素晴らしいものができていますね」。

オーストリア上流階級の彼は、フリーで滑った別のワールドカップ会場との類似点を指摘した。「私が知っているどの場所とも違う。攻撃的な人工雪なので、ほとんどガルデナ・グレーデンを彷彿とさせるコンディションだ。本当に気持ちいいんです。でも、人工雪のゲレンデでは、それが欺瞞になることもあるんです」。

ジャイアントスラロームとスーパーGのトレーニングが数日後に予定されている。男子のダウンヒルトレーニングは、木曜日(現地時間11時、中央ヨーロッパ時間4時)に3回行われ、日曜日(現地時間11時、中央ヨーロッパ時間4時)にダウンヒルのライジングが行われる予定です。女子は月曜日の大回転からスタートする(2月7日、それぞれ10:15/03:15、13:45/06:45)。

五輪に向けてソフィア・ゴッジアの回復が順調

イタリアスキー連盟は、ゴッジャがコルチナで転倒してから1週間後の日曜日の検査で、ゴッジャの左膝に改善の兆しが見られたと発表した。



北京オリンピックが迫る中、ソフィア・ゴッジアの回復は順調だが、彼女がダウンヒルのタイトルを守れるかどうかは、週明けまで待たねばならないようだ。

イタリア・スキー連盟は、コルティナ・ダンペッツォでのワールドカップスーパーGで転倒してから1週間後の日曜日の検査で、ゴッジャの左膝に改善の兆しが見られたと発表した。

連盟は、ゴッジャが2月15日の北京オリンピックのダウンヒルに間に合わせるために、身体のリハビリを続けながら、プールとジムでの仕事を増やすことができると付け加えた。

「物事は私たちが望んだとおりに進んでいる」とゴッジャは語った。「私にできることは、このように仕事を続けることであり、来週末には再び状況を判断する。

29歳のゴッジャは左膝を捻挫し、十字靭帯を部分的に断裂し、足の腓骨に「軽度の骨折」があり、さらに腱にも損傷がある。

ゴッジアは2月7日のオリンピック大回転と2月11日のスーパーGを欠場することになりそうだ。ダウンヒルに出場するためには、2月12日、13日、14日のいずれかの日に少なくとも1回はダウンヒルトレーニングに参加する必要があるが、できれば3回とも行ったことのない新コースで行いたい。

また、2月4日の開会式では、スノーボードクロス金メダリストのミケーラ・モイオリに代わり、イタリアの旗手を務めなければならない。

ロイック・メイヤール、”中国に進出しました🇨🇳”




ナディア・デラゴ、表彰台にますます近づく



南チロルの若きナディア・デラゴは、ガルミッシュ・パルテンキルヘンのダウンヒルで5位に入賞し、またしても好成績を収めた。スイスのコリンヌ・スーター、ヤスミナ・フルーリー、オーストリアのコーネリア・ヒュッター、ドイツのキラ・ヴァイドルだけが、現在ワールドカップで最高のシーズンを送っているヴァル・ガルデナ/グレーデン出身の新進スキーヤーより速かったのである。

24歳のナディア・デラゴは、表彰台に上がるのは時間の問題だと考えている。5回のダウンヒルで、このラディン・スキーヤーは常にトップ10に入り、8位以下になったことは一度もない。純粋に形として、冬季オリンピックがちょうどいいタイミングで来ていることは明らかです。南チロルの視点からは、カロライン・ピヒラーは28位とワールドカップ3ポイントを獲得したことに満足している。ナディアの妹ニコルは、10位以内が見えていたカンダハルのコース最下部で転倒した。怪我がなくてよかった。

オリンピックのダウンヒルコースはすでに賑わいを見せている



あと6日で、北京で冬季オリンピックが開幕する。オリンピックの男子ダウンヒルも長くは続かない。スピードエースのドミニク・パリ、クリストフ・インナーホーファー、マッテオ・マルサリアは、中王国で良い成績を収めたいと考えている。もしかしたら、貴金属にもなるくらいかもしれません。

ミカエラ・シフリンを中心とするアメリカチームでは、アリックス・ウィルキンソンが負傷したブリージー・ジョンソンに代わって、彼女の代役を務めます。2月7日に行われる大回転で金、銀、銅メダルを争う選手のほとんどが練習に参加しています。スロバキアのペトラ・ヴルホヴァ、アメリカのシフリン、ポーラ・モルツァン、ニナ・オブライエン、AJ・ハートがオリンピック村に近づいている。オーストリアのカタリーナ・リーンスベルガーも元気だ。アズールのライバル、マルタ・バッシーノとフェデリカ・ブリニョーネは明日ガルミッシュ・パルテンキルヘンで行われるスーパーGの後、まもなく中央アジアへ向けて出発する予定だ。シフリンを知る者は、彼女が5種目すべてでレースをするつもりであることを知っているし、彼女の友人であるアレクサンダー・アーモット・キルデ(ノルウェー)の貴金属探しを積極的にサポートするつもりであることも知っている。

Ryan Cochran-Siegleは中国の雪に魅了され、延慶にあるゲレンデについてコメントしています。スピードのスペシャリストであるアメリカのアメリカ人は、競技会場を見たときに驚きました。白い輝きは完全に人工物であるにもかかわらず、彼は壮大な斜面を発見したのだ。地形が厳しいので、エキサイティングなレースが期待できるとコクラン=シーグルさんは言う。DSVスピードチームも、すでにオリンピックコースの第一印象をつかんでいる。

8年前のロシア・ソチオリンピックで滑降のチャンピオンとなったマティアス・マイヤーは、「最初は起伏がある」とレポートしている。その後、より長い急斜面があり、最後には滑走区間がある。全体として、この傾斜はなかなか面白いかもしれませんね。ベルンハルト・ルッシがディディエ・デファゴとともに中王国時代に設計したコースです。このコースの特性は、マルコ・オーダーマットやビート・フェウのようなスイスのトップスターの滑りに適していると主張する人もいる。

ルッシ選手にとっては、2人のスイス人に加え、マティアス・マイヤー選手、ヴィンセント・クリーチマイヤー選手、ドムニック・パリ選手がオリンピックでの金メダル候補となります。元OSVのトップアスリート、ミカエラ・ドルフマイスターは、風が常にゲレンデに砂を吹き込み、それがスキーレーサーのスラットの表面やエッジを傷つける可能性があることを思い起こさせる。

スピードコースからほど近い場所には、テクニカルコンペティションが行われるスロープがある。スタート地点は標高1,900メートル、ゴール地点は標高400メートルの地点です。最後に行われるチーム競技のコースは比較的短いです。選手にとって嬉しいのは、フィニッシュエリアからオリンピック村までゴンドラが通っていることです。それは、嬉しいと同時に快感でもあります。

米国チーム、延慶での雪の感触を確かめる



北京2022のアルペン会場の様子を@rc.sがちょっとだけお見せします...🤩🤩。
「延慶での初日は、競技会場に圧倒されたよ。」PT @caitciccone と私は今日、山全体を探索し、すべてを初めてよく見ることができた。壮大な雪と魅力的な地形が、素晴らしいレースコンディションを作り出してくれるはずだ。

スイスチーム、中国人工雪の雪質を確かめる

北京2022に到着しました🤩。
今日、すでにスキー場で初ターンをしている選手もいます。



W杯女子スーパーG ガルミッシュ・パルテンキルヘン






W杯女子スーパーG ガルミッシュ・パルテンキルヘン


コニー・ヒュッター
信じられない🙌



フェデリカ・ブリニョーネ
とても感謝しています!😊



タマラ・ティップラー
そうそう🤩🥉またまた表彰台💃🏼です。
Conny Hutter & Federica Brignone👏🏻のお二人、おめでとうございます。



ジャスミン・フルーリー
この週末は2回も吹き飛ばされました🤩🌬🙈。
土曜日はダウンヒル初表彰台🥈今日は運が味方しなかった🤷🏼♀️🙂 #trusttheprocess Fischer Ski



ヨアナ・ヘーレン
高速ターンで、フィニッシュで笑い、トップ10に返り咲いた。
いろいろなものを持ち帰るんです。ガルミッシュありがとうございます。
🔜 北京2022

W杯女子スーパーG ガルミッシュ・パルテンキルヘン

北京オリンピック前の最終戦となった日曜日のワールドカップ・スーパーGで、コーネリア・ヒュッターとフェデリカ・ブリニョーネが同点1位となりました。



ガルミッシュSGでブリニョーネとヒュッターは勝利を分かち合う

ドイツ、ガルミッシュ・パルテンキルヒェン - 北京オリンピック前最後のレースとなった日曜日のワールドカップスーパーGで、コーネリア・ヒュッターとフェデリカ・ブリニョーネが同点1位を獲得しました。

ブリニョーネは、カンダハルコースで最初から最後まで圧倒的なパフォーマンスを見せ、今シーズン3勝目を飾ることは確実と思われたが、第2チェックポイントで0.18秒遅かったヒュッターは、コース後半にタイムを上げてきたため、不安な待ち時間になった。

ヒュッター選手が1分18秒19という全く同じタイムでゴールしたとき、ブリニョーネはただ微笑み、信じられないと頭を振るしかありませんでした。

ブリニョーネにとってはワールドカップ19勝目だが、ヒュッターにとっては2017年12月のカナダ・レイクルイーズでのダウンヒルが最後の勝利となり、3勝目にとどまった。

ヒュッターのオーストリアのチームメイトであるタマラ・ティップラーは、2人に0.82秒差の3番手であった。

冬季オリンピックの開幕が迫るなか、総合ライバルのミカエラ・シフリンとペトラ・ヴルホワ、スーパーG世界チャンピオンのララ・グート・ベーラミなど、何人かのトップコンテンダーがガルミッシュでのレースをスキップした。

今シーズンのスーパーGで2勝したソフィア・ゴッジアは負傷している。

総合ランキング上位10名のうち、ブリニョーネ、コリンヌ・スーター、エレナ・クルトーニだけが出走した。

この勝利により、ブリニョーネはイタリアが独占しているスーパーGのランキングで首位の座を拡大した。ブリニョーネはクルトーニに103ポイントの差をつけ、ゴッジャに145ポイントの差をつけている。

アメリカ人女性はポイント圏内に入らなかったが、ジャッキー・ワイルズが31位でゴールし、惜しかった。

北京大会は2月4日に開幕し、女子スーパーGは2月11日に開催される予定だ。

リザルト


Untitled-2-4-1024x821



W杯女子スーパーG ガルミッシュ・パルテンキルヘン








W杯女子スーパーG ガルミッシュ・パルテンキルヘン



北京オリンピック前の最後のレース、ガルミッシュ・パルテンキルヘンのスーパーGでOSVの女子選手が大活躍しました。ベスト5には4人以上の選手が入りました。優勝はコーネリア・ヒュッターで、イタリアのフェデリカ・ブリニョーネと1位を分け合うことになった。3位はTamara Tipplerさん。Mirjam Puchnerは、表彰台からわずか100分の1秒差でした。5位のFadine festは赤白赤のスキー祭を完成させました。

「今日は全員が本当によく滑った。今のところ、ちょっと言葉にならないくらい、パラパラしています。本当に嬉しいんですが、今はあまり言えないんです。ちょっと不思議な感じです。今日はいろいろなことがうまくいった。本当にいいライディングだった。ヒュッターは優勝インタビューで、「自分が速いことは分かっていた。それを証明できてよかった」と言葉に詰まった。

チームメイトのタマラ・ティップラーもスーパーGで2回目の表彰台を獲得し、満足している。「スーパーGでは物事がうまく運ぶ。もっといい走りができるはずだ。特にボトムではかなりタイムをロスしてしまった。中盤は本当に楽で、スイングに次ぐスイングでした。当たり前のことを、当たり前にやるしかない。"

ナディーン・フェストもまた、ガルミッシュ・パルテンキルヘンのスーパーGでワールドカップ最高成績を収めた。"上から下まで "本当に戦っていたんですね。今日はすべてがうまくいった。ただただ大満足です。トレーニングではうまくいくことが多かったのですが、レースではピストでうまくいかなかったんです。本当にうれしいし、メガハッピーだ」とフェストは胸を張った。

アリアン・レードラー(11)、エリザベート・ライジンガー(12)と、さらに2人のスピードレディがトップ15に入りました。



ガルミッシュ・パルテンキルヘンのヒュッターのためのSIEG ▶︎🇩🇪 ▶︎◀︎◀︎。
なんと🇦🇹チームのレース?コニー・ヒュッターはブリニョーネと共にスーパーGでエクセコ優勝 - 3位はタマラ・ティップラー 🥳となった。
4位はMirjam Puchner、Nadine Festは5位でワールドカップのベストリザルトを達成しました😎。
いいね!=超クールな仕上がり






W杯女子スーパーG ガルミッシュ・パルテンキルヘン





コーネリア・ヒュッターとフェデリカ・ブリニョーネがガルミッシュのスーパーGで勝利を飾る

ガルミッシュ・パルテンキルヘン - 多数のスキーエースが不在の中、本日ガルミッシュ・パルテンキルヘンで行われた女子スーパーGは、北京での冬季オリンピック前の最後のワールドカップレースとなった。曇り空、変わりやすい風の状態、この時期にしては暖かい気温の中、コーネリア・ヒュッターとフェデリカ・ブリニオーネの2人の選手は、表彰台の一番高いところで喜びをかみしめました。1.18.19分と、オーストリア勢とイタリア勢が互角の速さを見せ、見事に優勝を飾った。ヒュッターの非常に優秀なチームメイト、タマラ・ティップラー(+0.82)は3位に入賞した。

コーネリア・ヒュッター「スタート時にコーチから、自分を小さくするように言われました。そうやってやってみたら、結構うまくいったんですよ。昨日もリスクを負って滑ったのですが、いつもうまく滑れないので、今日はもっとうまく滑りたいという気持ちがありました。ご覧のように、とてもうまくいきました。なぜか今日は、昨日ほどの感慨はなく、勝ったという不思議な感覚です。この前のレースは良くなかったので、地道にやっていくしかないですね。今日はすべてがうまくいったので、あとは安定性をもたらすことが重要だ。

フェデリカ・ブリニオーネ「それほど速いとは思えなかったが、すべてを試して一生懸命にアタックした。コニーと一緒に勝利を分かち合えるのは素晴らしいことだ。彼女は何度も転倒しているので、二冠達成はお互いにとって良いことだと思う。彼女のパフォーマンスはとても印象的です。"

タマラ・ティップラー「どうしても下のほうでそれをコントロールできないんです。中盤はいつもいい感じなのですが、後半はうまくいかないんです。スーパーGではトレーニングができないので、滑走中にうまくいかなければならない。風は変わりやすく、運も必要だが、公平なレースだった。ゲレンデは完璧だった"

その後ろには、4位にミリアム・プフナー選手(+0.83)、5位にナディーン・フェスト選手(+0.93)と、OSVの女性選手が2人続きました。第2滑降のトレーニングで注目を集めたフランス人女性、ロマーヌ・ミラドリ(+0.98)は6位にランクされた。最終区間では、ビブナンバー27のヤスミン・スーター(+1.01)が7位に入賞した。

ミリアム・プフナー:「自分の走りにとても満足しています。表彰台の女の子たちは、本当にそれに値するものでした。技術的な部分でのアプローチはあまりきれいではありませんでしたが、それでもまた一歩前進した感じです。私はそれで十分生きていけるのです。"

ナディーンフェス:「上から下まで戦いました。最終的にこのような良い結果が得られてよかったです。最近はいつもトレーニングの成果を確認できていなかったので、今日うまくいったのはさらにうれしいことです。"

彼女のチームメイトであるヨアナ・ヘーレンとコリンヌ・スーター(それぞれ+1.03)は8位を分け合い、アズールスターターのエレナ・クルトーニ(+1.07)はカンダハールの斜面で行われたスーパーGのトップ10に入りました。11位にはOSVのアリアネ・レイドラー(+1.21)が入り、コンマ1.5秒の差でトップ10入りを逃した。

南チロルのニコル・デラゴ(+1.35)は、昨日の滑降で一桁の成績を残す途中、ゴール直前で転倒し、堅調に滑るオーストリアのエリザベス・ライジンガー(12位、+1.25)に続く13位でゴールした。ステファニー・ヴェニエ(+1.61)もチーム・オーストリアの一員として滑走し、スイス人スキーヤーのノエミー・コリー(15位、+1.60)に続く16位で、アズールスターターのマルタ・バッシーノと一緒にフィニッシュした。

デラゴの妹ナディア(+1.66)は、トップでベストタイムまで出したものの、その後徐々にタイムを落とし、最終的には18位となり、波乱を巻き起こした。ドイツのキラ・ヴァイドル選手は、優勝したヒュッター・ブリニョン選手と1.70秒差で、昨日は表彰台を逃したが、20位でゴールした。

昨日2位と大健闘したスイスのジャスミン・フルーリー(+1.78)とプリスカ・ヌファー(+2.10)は22位と28位だった。その間に、同じくオーストリア人のクリスティン・シャイアが24位で入ってきた。彼女の走りに必要な時間は、走行時間をパラメータにするとちょうど80秒。南チロルのカロライン・ピヒラー(+1.97)は、バイエルンの雪上で空腹のリスのようなスタイルで26位に入り、ワールドカップポイントを獲得した。

種目別ランキングでは、ブリニョーネが477ポイントでクルトーニと負傷中のソフィア・ゴッジャに103ポイントの差をつけている。次の女子スーパーGは、すでに北京の冬季オリンピックで、ワールドカップのポイントではなく、貴重な金、銀、銅を獲得するためのものである。





ガルミッシュ、ブリニョーネはスーパーGを食うも、コーネリア・ヒュッターを食卓に招く

ガルミッシュ、ブリニョーネはスーパーGを食べるが、コーネリア・ヒュッターも食卓に招く
完璧なレースと言えば...フェデリカ・ブリニョーネのガルミッシュでのスーパーGもその一つ。また、マウロ・スバルデロットに記念碑を建てる必要がある。ダウンヒルでは5年ぶり、スーパーGでは6年ぶりの優勝となったオーストリアのコーネリア・ヒュッターは、同じタイミングでフィニッシュラインに到達した。

今シーズン3度目のスーパーG優勝を果たしたアズーラは、ある種のスピードでは誰も彼女のようなターンの描き方を知らないことを改めて見せつけた。Holleの弾道は、本当に信じられないものでした。テレビではスピードを認識しにくいが、彼女のスピードは画面も割っていた。コーネリアが彼女を上回ったのは、最終セクターの1つだけで、そこではコンマ1秒弱まで挽回することに成功した。

3位のタマラ・ティップラーは+0.83、ミリアム・プフナーは100分の1秒差で表彰台から外れるなど、2人のペースは異なる。

突然の突風で皆の邪魔をする中、エレナ・クルトーニは昨日のダウンヒルと同じ理由で上位に食い込むことができなかった。コルティナでは完璧にこなしたテクニカルセクションで、彼女は端に寄りすぎていたのだ。1″07で10位となった。

彼女の前には5位のナディーン・フェスト、6位のロマーヌ・ミラドリ、そしてヤスミン・スーター、コリンヌ・スーターがヨアナ・ヘーレンと同点で並んでいます。

実際、フェデリカだけがオーストリア(コーネリアは別)とスイスの小隊に勝つことができ、上位30人のうち14人以上がスタートで姿を消していた。しかし、ご存知の通り、欠席者は決して正しいとは言えません。

風の影響により、一部の選手のパフォーマンスが低下した。その中でも、間違いなくマルタ・バッシーノは、優勝することはなかっただろうが、間違いなく迷惑をかけた。

ニコルは最初のセクションがとても速かった。壁の入口で少しスペースを取りすぎたのか、ヘルルでは常に広いラインで待機していたが、トップ10に入ることはできなかった。

1″35で13位となり、今季、そして歴代最高のロベルタ・メレシをわずかに上回った。彼女は今日、14位以上の成績を収めたことがなかったからだ。

1″61で16位のマルタ・バッシーノは、第1セクションですでに大きな遅れをとっており、その後順調に滑走したが、必要なスピードが出なかった。一方、フランチェスカ・マルサリアは、得意とするターンに対応できず、+2″16となった。1″97で25番手のKaroline Pichlerは、なんとか2秒を切ることができた。

スーパーGを2本残して、フェデリカ・ブリニョーネはスペシャリティカップがますます近づいていることを実感している。彼女はエレナ・クルトーニを100点上回る477点でトップ、ソフィアは332点で3位です。つまり、最高の外国人選手であるタマラ・ティップラーが259点で4位であることを考えると、このカップはまだイタリアのものであることがわかる。

19回目の優勝で、フェデは総合ランキングでも順位を上げた。現在772点で3位だが、ペトラ・ブルホワより17点多い1026点を持つシフリンにはまだ遠く及ばない。



ラグンヒル・モヴィンケル、北京を懐疑的に見る



4年前、ノルウェーのスキーレーサー、ラグンヒル・モヴィンケルが滑降と大回転の両方でオリンピック銀メダルを獲得しました。今、彼女は北京での生活が刑務所での生活と同じになると話している。nettavisen.noの同僚とのインタビューで、このカリスマ的なバイキングは、調子が良く、間違いなく中国の貴金属候補の一人であることを示している。だから、五輪の看板がある大会では、何でも可能なのだ。前回のワールドカップは、彼女が自信を持って次のオリンピックの課題に取り組むことを確実にするものでした。

また、29歳の彼女は、社会の中でコロナ感染のリスクが高まっている困難な時期になることを強調し、中王国での滞在に何を期待しているのかを語っています。これまでのオリンピックのようなことはなく、刑務所のように、たまに外気に触れることが許され、あとは部屋に閉じこもっていなければならないような生活を想定している。

確かに、どちらかの対策にはすでに慣れているが、中国ではすべてがより厳しくなる。ノルウェー人は、北京での滞在がバブルの中のバブルになることを教えてくれる。チームとして一緒に楽しむことはできても、他のみんなとは距離を置かなければならないことが想像できるのだそうです。

クロスカントリースキー選手のSimen Hegstad Kruger氏が大会開始の数日前にコロナウイルスに陽性反応を示したことについて、スキーレーサーは当該選手にとって悔しい状況であると述べています。

膝の故障で今シーズンの初めから活動を休止していたKjetil Jansrudのオリンピック復帰を、彼女はクールで勇気ある決断と受け止めているのです。モヴィンケル選手は、膝の大怪我から世界の頂点への足がかりを取り戻すことがいかに難しいかを知っている。彼女は、チームメイトが自分の能力を知っていると信じている。ヤンスルーは強化され、彼のルーティンはもう少し自信を持ち、膝にどれだけ負担をかけられるかを知っていることを保証することができる。

モヴィンケルら女子スキーヤーは2月7日まで活動しない。そして、オリンピックの女子大回転がプログラムに入っている。

ソフィア・ゴッジア、”来週にはスキーを履きたい”



コルティナ・ダンペッツォのスーパーGでの転倒から6日、イタリアのスキーレーサー、ソフィア・ゴッジアは、オリンピック出場の希望をまだ捨てきっていない。ベルガモ出身のオリンピック・チャンピオンは、ダウンヒルで再び金メダルを獲得することを決意している。女子スピードスキー選手の最初の滑降トレーニングは、今から2週間後に北京で行われる予定だ。

紺碧のスキーレーサーは健康状態を更新し、転倒して左膝を「ほぼ」骨折した数時間後の日曜日、非常に苦しい状態だったことを報告しました。しかし、小さな裏口は開いている。決意を固めたアスリートは、それを押し開けようとする。リハビリは大変なエネルギーが必要です。マントヴァ県にあるバニョーロ・サン・ヴィートの理学療法センターで、彼女は患った左足を強化している。

彼女は大きく前進しています。ゴッジャは、「いい感じやリアクションは、きっと並外れた体から出ているのだろう」とファンに伝えている。スキーで競争力をつけたい、安全に滑りたいという希望は大きくなっています。来週末にはボードに乗り、中国に渡って現地のコンディションに順応したいという。まだ時間はある。もし、イタリア人が成功すれば、オリンピックのメダルを追いかけるという形で、奇跡を阻むものは何もなくなるだろう。
SAJ 競技データバンク
SAJ 競技本部 アルペン
SAJ ライブラリ アルペン
livedoor プロフィール

C.A

Archives
QRコード
QRコード
記事検索
ガソリン価格情報

gogo.gs
tozan