クラブアルペン情報局

選手への必要な情報を発信していきます。

2021年12月

第100回アルペン全日本選手権


マルコ・オーデルマットやドミニク・パリス、キルデら、2021年に傑出したパフォーマンスを見せてくれた



元OSVスキーレーサーで、2002年ソルトレイクシティのダウンヒルオリンピックチャンピオン、フリッツ・シュトロブル氏がクライネ・ツァイトゥングにゲスト記事を書きました。南チロルのスキーレーサー、ドミニク・パリスはボルミオのダウンヒルで6勝し、スキーワールドカップの歴史を作ったと賞賛している。シュトローブにとって、ウルトナー出身のスキーヤーは、特に「ステルヴィオ」斜面を何もないように突っ切るので、とてつもなく大きな存在だ。また、FISのレースディレクターであるハネス・トリンクルは、常に面白く壮大な斜面を作り出し、今年も怪我人をほとんど出さなかったことに賛辞を贈りたい。

さらに、アレクサンデル・アモット・キルドとマルコ・オーダーマットは、それぞれの次元で滑っている。ノルウェー人の場合、十字靭帯を断裂した後、再びスキーに乗れるという喜びは大きい。アクセル・ルンド・スビンダルやラッセ・キュウスに続くのは簡単なことだろう。スイス人スキーヤーの場合、安全と自信の両方が基調となった。彼自身のラインと高速でのターン、そして素材への無条件の信頼感も成功の要因である。

シュトローブ氏によると、オーストリアには良い選手がいるそうだ。さらに一貫性を持たせることができるのです。ダニエル・ヘメッツベルガーとラファエル・ハーサーは、トップパフォーマーがマティアス・マイヤーとヴィンセント・クリーチマイヤーであっても、「内側から」プレッシャーをかけ、前進しています。

マリボルでの女子テクニカルレースは中止となり、クラニスカ・ゴラが代替開催地として用意される



マリボルでの「第58回ゴールデンフォックス」のレースは、早々に中止を余儀なくされた。あまりに少ない雪、高い気温、そして今後数日間の天候の見通しを考えると、FISレースディレクターのマルクス・マイヤーに他の選択肢はなかった。このため、1月8日、9日もPohorjeでのレースは行われないことになります。スキーワールドカップのテクニカルレースの運営は、3回目にして主催者側の手に委ねられることになった。

だから、「ゴールデンフォックス」は、過去2年と同じように、またクランスカ・ゴーラに行くことになるのだろう。ゴールデンフォックスの事務局長であるスレチコ・ビラール氏によると、詳細は金曜日に発表されるとのことです。ポドコーレンは1月8日に大回転、翌日の日曜日に回転が開催される。

昨年は、クランスカ・ゴラで2つの女子大回転レースが開催された。スロベニアでのレースは観客の入場が禁止されています。

第1戦 クランスカ・ゴラ大会(土) 女子大回転
Kranjska GoraのPodkoren3での最初の大回転で、イタリアのマルタ・バッシーノは勝利を喜んだ。見事な滑りで、フランスのテッサ・ウォーリーを抑えて優勝しました。3位はスイスのミッシェル・ギザンさん。スロバキアのペトラ・ヴルホヴァは4位に甘んじた。アズール選手のフェデリカ・ブリニョーネが5位で振り切った。アメリカ人のミカエラ・シフリンは6位にランクインした。オーストリア人最高位はラモーナ・シーベンホーファーで、7位入賞に満足した。トップ10にはスイスのララ・グート・ベラミ、ホステスのメタ・フロヴァット、そして最近ヨーロッパカップで力強い滑りを見せているポーランドのマリーナ・ガシエニカ-ダニエルが入った。

女子大回転第2戦(クランスカ・ゴラ)(日曜日)
スロベニアのクランスカ・ゴーラで開催された24時間以内の2度目のジャイアント・スラロームで、昨日も成功したイタリアのマルタ・バッシーノが次の勝利に満足げな表情を見せた。2位はスイスのミッシェル・ギザン、3位はスロベニアのメタ・フロヴァットでした。ジーザンのチームメイトであるララ・グート・ベーラミは4位に入り、フランスのテッサ・ウォーリーは5位に降格した。アメリカのミカエラ・シフリンは最終滑走でふらついてこの日は6位に終わり、2018年に続くクランスカ・ゴラでの2勝目を逃した。 アズールスキーレーサーのソフィア・ゴッジアは7位でこの日の仕事を終えた。トップ10には、スイスのWendy Holdenerさん、ニュージーランドのAlice Robinsonさん、スロバキアのPetra Vlhovaさんが入りました。

憧れのバレンティーノ・ロッシと同じように、クリストフ・インナーホーファーは雪上を疾走する情熱を持っている。🔥⛷

リエンツ、ありがとうございました!素晴らしい2レースでした🇦🇹☺️


ペトラ・ブルホバ、”この2日間で私は幸せと安らぎを得ることができました”


マヌエル・フェラー、”今年のラストターン😉”


ザールバッハスキー場の一日



スキーサーカス・ザールバッハ・ヒンターグレム・レオガング・フィーバーブルンで気軽にスキーができるようになるまでに、実際にはどのようなことが起こっているのでしょうか?その様子をお見せします。

W杯女子マリボルは中止に



スキーワールドカップの次のレースキャンセルについて

1月初旬にマリボルで予定されていた女子アルペンワールドカップのレースは開催されないことになった。その理由は、現在の雪の状況と好ましくない天気予報であると、FISは木曜日のプレスリリースで発表した。

1月8日にスロベニアの都市で大回転、翌日には回転が行われる予定であった。代替会場については、判明次第お知らせします。

マリボルは現在、この時期としては異例の高温に見舞われています。予報によると、これらはあと2、3日続くと思われます。

菅平も雪…

大雪とまではいきませんが、菅平にしては雪が深々と降っています。
バーンコンディションは、われてくるので良くないです。
これはこれで練習です!

PXL_20211231_000720815

マルコ・オーデルマットは、アデルボーデンのチュエニスベアグリでも勝利を収めることができるだろうか?



2年前、ダニエル・ユールはスラロームで優勝し、チュエニスベールグリを震撼させた。大回転でのヘルベスの勝利は続くのか?マルコ・オーダーマットは、間違いなく今年の優勝候補の一人です。

1年前、アデルボーデンのワールドカップ大回転でマルコ・オダーマットとロイック・メイヤールが3位に入賞し、マルク・ベルトーとダニエル・アルブレヒトのダブル優勝以来、13年ぶりにスイス人選手が表彰台に上ったのだ。1月8日にチュエニスベールグリの大回転クラシックで行われる第66回大会は、それ以来(2008年)のスイスの勝利となるのだろうか。

今シーズンこれまで開催された4つのワールドカップジャイアントスラロームを見ると、その可能性は久しくなかった。マルコ・オーダーマットは間違いなく現在最高の大回転選手である。クリスマス前にアルタ・バディアのグラン・リーザで1秒以上の差をつけて優勝したのだ。12月中旬にスイスのスポーツマン・オブ・ザ・イヤー2021に選ばれたニドワルド出身のスキーヤーは、その前にも開幕戦のソールデン、そしてヴァル・ディゼールで優勝していた。また、アルタ・バディアの第1レースでは、ノルウェーのヘンリック・クリストファーセンに次ぐ2位となった。後者は、これまでアデルボーデンの大回転で2位2回、3位2回を記録している。昨年の2連覇は、ワールドカップ総合優勝のアレクシス・パンチュロー選手(フランス)でした。

大回転の後、日曜日のアデルボーデンで回転が行われるのが恒例となっている。ここでも、スイスは前日と同じように、いくつもの熱い鉄火場を抱えている。スイス・スキースラロームチームは、2020年の優勝者であるダニエル・ユール選手が率いています。

ゲレンデの囁き師が別れを告げる
チュエニスベールグリでの第66回ワールドカップは、レースの結果にかかわらず歴史に残るものとなるだろう。28年間レースディレクターを務めたハンス・ピーレンが1月9日のスラローム終了後に引退することになったからだ。1992年のチュエニスベルグリの大回転で2位になった元ワールドカップ選手は、アデルボーデンのスキーデーに他の選手とは違う足跡を残している。2022年のレースを最後に、トレードマークの鮮やかな緑色のヘルメットをかぶることになる。

FIS、アデルボーデンでのスキーワールドカップ開催にゴーサイン



2021年12月30日(木)、国際スキー連盟FISの公式雪上検査がチュエニスベールグリで行われました。歴史あるアデルボーデンのスキーワールドカップのレースに向けて、ゲレンデの準備は整った。1月8日には大回転が、その翌日には「チュエニ」での回転が予定されている。 3Gのおかげで、今年もスキーファンがゲレンデの端に並ぶことができるようになりました。

チュエニスベアグリのゲレンデは今日、FISの公式雪質検査に合格した。レースコースは2つのレースのために準備されている。FISは、アデルボーデン登山鉄道の雪製造チームと、レースディレクターのハンス・ピエレンとゲレンデマネージャーのトニ・ハリを中心とするゲレンデチームの功績を認めました。


2020/21シーズンのスキーワールドカップのレースについて
男子大回転(アデルボーデン)(金曜日)
金曜日、スイスのアデルボーデンで2つのジャイアントスラロームのうちの1つが開催された。フランスのAlexis Pinturaultが、クロアチアのFilip ZubcicとスイスのMarco Odermattを抑えて優勝し、相手を圧倒していました。4位に入ったノルウェーのAleksander Aamodt Kildeは、1本目を終えてまだ大きく遅れていた。5位にはJustin Murisier、6位にはLoic Meillardが入りました。バイキングのルーカス・ブラッヘンは、今冬のソールデンでの大回転で優勝しているが、7位につけていたが、フィニッシュで激しく転倒した。ブラッセンの同胞であるレイフ・クリスティアン・ハウゲン(8位)、ヘンリック・クリストファーセン(9位)、アメリカのトミー・フォード(10位)もトップ10内に入りました。オーストリア人最高位はローランド・ライティンガーで、決勝で2番手のタイムから17ランクアップし、ダメージリミッターを行い11位でフィニッシュした。

男子ジャイアントスラローム(アデルボーデン)(土曜日)
今季の男子ワールドカップ大回転は、アデルボーデンのチュエニスベールグリで2レースが行われた。フランス人のAlexis Pinturaultが連勝した。クロアチアのフィリップ・ズブチッチとスイスのロイック・メイヤードも表彰台に上った。後者は1本目を終えてなおトップを走っていたが、決勝で23番手のタイムが出て3位に投げ出された。4位はスイスのマルコ・オーダーマットで、彼の大回転での安定感は徐々に不気味さを増してきている。ノルウェーのAleksander Aamodt Kildeは、ワールドカップでの総合優勝を目指し、今回も5位入賞という好成績を収めた。イタリアのルカ・デ・アリプランディーニは6位だった。トップ10には、スイスのスキー選手ジノ・カヴィーゼル(7位)、しっかりした滑りで最高のオーストリア人ローランド・ライティンガー(8位)、パンデュローの同胞ティボー・ファブロ(9位)、スイス人ジャスティン・ミュリエ(10位)が入り、ここでも安定した成績で追い上げることになった。

アデルボーデンでの男子スラローム
アデルボーデンのチュエニスベアグリのスラロームでマルコ・シュワルツが優勝した。トップ10が0.5秒差で並ぶという、非常にエキサイティングな展開となった。2位にはドイツのライナス・シュトラッサーが入った。3位にはイギリスのデイブ・ライディングが並んだ。マイケル・マットは100分の2秒差で4位となり、表彰台を逃した。スイスのロイック・メイヤードは、オーストリア人に続く5位となった。マイヤールの後ろには、タンギー・ネフ、ダニエル・ユールの2人のスイス人スキーヤーが6位、7位で続いた。ノエルはハーフタイムでのリードを保てず、8位まで後退した。今シーズン安定した成績を残しているノルウェーのセバスチャン・フォス・ソレバグと、東欧の巨人ロシアのアレキサンダー・ホロシロフがそれぞれ9位、10位でトップ10入りを果たした。

ボルミオでの男子スーパーGは温暖な気候のため中止となった

木曜日にステルヴィオコースで予定されていたワールドカップ男子スーパーGは、暖かい天候のため中止となった。



木曜日にステルヴィオコースで予定されていたワールドカップ男子スーパーGは、暖かい天候のため中止された。

気温は摂氏7度(華氏45度)に達するとの予報で、主催者はコンディションが十分に安全でないことを懸念していた。

同レースはもともと、11月にアルバータ州レイクルイーズで開催される予定だったが、カナダのリゾート地の天候の問題で延期されていた。レースが再び後日に延期されるのか、それとも完全にキャンセルされるのかは、すぐには明らかにならなかった。

このレースは、暦年の最終イベントとなるはずだった。

男子は1月5日にクロアチアのザグレブで行われるスラロームで2022年の幕を開ける。

前々日、ボルミオのダウンヒルでドミニク・パリが、スーパーGでアレクサンデル・アモット・キルドが優勝した。

また木曜日、国際スキー連盟は1月8日と9日にそれぞれスロベニアのマリボルで予定されていた女子大回転と回転のレースを "レース場の現状と好ましくない天気予報 "を理由にキャンセルしたと発表した。

"代替の可能性については、追って連絡する "とFISは述べている。

FISレースディレクターのマルクス・ワルドナー氏は、以下のビデオで中止の理由を詳しく話しています。



ソフィア・ゴッジア、”緑の光と、はじけるような幸せの心🔥✨ この瞬間のために生きている❤️”


マルコ・シュワルツ、”スーパートレーニングの日々🤘🏻😎”

新年を迎え、健康でご活躍されることをお祈りいたします🍀💫

アンナ・スウェン・ラーソンは、ザグレブで挽回したいと考えている



今日のリエンツでの女子スラロームの最終結果をもう一度見てみると、サラ・ヘクトルが10位から最高のスウェーデン人として微笑んでいる。彼女は技術的な分野では非常に良い状態にある。アンナ・スウェン・ラーソンさんは、いささかがっかりした。スラロームでは、優勝したペトラ・ヴルホヴァ(スロバキア)に1.63秒差の11位だった。

SVTの専門家であるPernilla Wibergは、Swenn Larssonのパフォーマンスが弱かったことに少し驚いたと強調します。中間地点で16位につけていたヘクターは、大きなミスでタイムをロスするまではノーミスでスタート。その結果、6つポジションを上げ、10位でフィニッシュした。

1本目終了後のビッグサプライズは、エルザ・フェルムベック。8位は約束されたようなものだったが、決勝では3冠チームの若い選手が少し遅すぎた。結局、21位でゴールした。ウィバーグも、若い同胞にはもう少し積極的にターンをしてほしかったという。

それでも、人は満足することができる。一方、スウェン・ラーションはザグレブでの巻き返しを誓っている。クロアチアでは、2022年1月4日に新暦の女子スラロームが初めて開催される予定です。

ペトラ・ヴルホヴァとそのチームは、パンデミックの時も大家族だ



娘のペトラがリエンツのスラロームで成功した後、スロバキアのイゴール・ヴルハは特に喜んでいた。26歳は大回転でも2位と大健闘した。これで、ワールドカップ総合優勝を果たした選手を中心としたチームは、数日間の休養をとることができる。そして大晦日には、伝統的なキャベツを食べるのだ。

最大200点満点中、180点。これ以上望むものはないでしょう。ヴルホヴァは、世界最高のテクニシャンの一人であることを印象的に証明した。水曜日には、1本目を終えた時点でスイスのミッシェル・ギザンに100分の8秒の差をつけていたが、決勝では26歳の彼女はターボに点火し、徐々にリードを広げていくことに成功した。結局、2位で振り切っていたオーストリアのカタリーナ・リーンスベルガーに100分の51秒の差をつけられてしまった。スロバキア人の彼女は、決勝でスイス人コーチのマウロ・ピニの指示に従うまで、1本目はとても簡単に思えたという。

決勝戦は、チェコのマルティナ・ドゥボフスカのコーチであるスロバキアのアンドレイ・プレブズナクがセットした。イゴール・ヴルハは、娘に合ったコースセッティングに満足していた。オーストリアのヴルホヴァのチームは、コロナバブルの厳しいルールに耐えなければならないのに、スキーレーサーの父親は、その対策はどこでも同じではないと言っていた。

例えば、フランスのクールシュベルでは、安全なバブルはなく、注意事項はもちろん、ケータリングにも不満が残った。このことをFISの会員に知らせた。彼は、今の状況が簡単ではないことを自覚している。Covid-19検査は強制的なプログラムですが、アスリートにとっては余分な負担でもあります。

それ以外は、なるべく外界と接触しないようにするのです。チームは家族であり、全員が成功のためにすべてを従属させる。パンデミックでは、家族としてだけでなく、チームとしても成長することができました。

でも、今は少しリラックスしてください。ちょっとぶらぶらして、来たるべき年の変わり目を考えて楽しく過ごし、おいしいキャベツを食べたいものです。そして、2022年のオリンピックイヤーに、スロバキアと彼女のチームの旅がどこにつながるのか、見てみましょう。

マルクス・ワルドナー、”キャンセルされたスーパーGはウェンゲンで再スケジュールされる可能性がある”



ORFのインタビューでプレゼンターのライナー・パリアセックは、FISレースディレクターのマルクス・ワルドナーがボルミオでのスーパーGがキャンセルされた理由を説明した。さらに南チロル出身の彼は、レイクルイーズに続いて2度目にキャンセルされたスーパーGの雪辱をできるだけ早く果たそうとしている。

マルクス・ヴァルトナー「何人かのスキーヤーは滑りたかったかもしれませんね。しかし、私たちは陪審員であり、責任を負っているのです。慎重に分析し、本当にあらゆることを試してみました。山の上ではかなり早かったのですが、昨日の雨と暖かい風のせいで、一部の通路が極端に解凍されてしまいました。すべて塩で固めようとしたのですが、何カ所かは下が空洞になっているだけで、もし斜面が壊れたら選手にとって非常に危険な状態です。また、下のエリアではAネットがほとんどなく、Bネットばかりでした。雨のため、固定穴がすべて緩んでしまった。万が一、落下した場合、ネットは内部にゆるくぶら下がっているだけなので、選手の安全はもはや保証されない。

スーパーGの分を早く取り戻したい。次のスピードレースは、ヴェンゲンのラウバーホルンです。すぐにスイススキー協会に連絡します。ヴェンゲンにはすでに2つのダウンヒルレースがあるとしても、それは問題ないはずだ。そうすると、トレーニングランは1、2本しかできないが、それは問題ないだろう。現役時代にラウバーホルンでスーパーGを滑ったハネス・トリンクルさんに話を聞いたことがあるんです。キッツビューエルは2つのダウンヒルがあり、選手にとってはすでに大変な難所です。基本的なプログラムにとどめるようにしたい。




FISレースディレクターのマルクス・ヴァルトナー氏は、今後2週間は塩のレースばかりになると予想している。😬

W杯男子スーパーG ボルミオ 第2戦は中止



五輪前最後のスーパーGが中止に

ボルミオで行われる男子スーパーGの第2戦は木曜日にキャンセルされた。国際スキー連盟(FIS)は、審査委員会がゲレンデコンディションとそれに伴う安全上の懸念からこの措置を決定したと発表した。

夜中に雨が降って、特に下部のコースに大きな影響を及ぼした。塩を使っても、もうどうにもならない。このレースは、北京オリンピック前の最後のスーパーGとなるはずだった。

"私たちは慎重に分析しました。雨と暖かい風の影響で、路面が極端に解けた箇所があった。それは危険だったでしょう。安全性は保証されなかっただろう」と、ウェンゲンでの代替開催を検討していたFISレースディレクターのマルクス・ワルドナー氏はORFのインタビューで語っている。

ボルミオのスーパーGは、レイクルイーズにあったスーパーGの後継として作られたものだ。ウェンゲンでのレースが延期されなければ、オリンピックまでにスーパーGが行われることはないだろう。Aleksander Aamodt Kilde選手は、これまでの4戦中3戦で優勝しており、北京での金メダル候補としてノルウェー人選手を挙げています。かつて、スイスのマルコ・オーデルマット選手が表彰台の頂点に立ったことがある。

"誰もが北京に行きたがる"

OSV男子では、これまでに5つの表彰台が誕生しています。マティアス・マイヤーはビーバー・クリークの第1スーパーGで2位、ガーデナ・グレーデンで2位となった。Vincent Kriechmayrは3位を2回獲得しました。ラファエル・ハーサーもオリンピックにノミネートされる可能性は十分にあります。ボルミオでは自身初の表彰台となる2位を獲得し、8位と11位にも入賞している。

"ラインアップについては、まだコメントしたくない。8人の表彰台があり、誰もが北京に行きたいと思っています。表彰台を獲得したことで、いいポジションにつけたと思います。しかし、他の分野ではどうなるのか、様子を見なければなりません。OSVのヘッドコーチであるアンドレアス・プーラッハーは、「このラインナップはチャレンジになるだろう」と語っています。男子ワールドカップは1月5日にザグレブで開催されるスラロームで継続される。その1日前に、女子はクロアチアの首都でレースが行われます。




ボルミオでの2回目のスーパーGは中止◀。
今日のボルミオのスーパーGは、天候のためにキャンセルされたんだ!」。😣
気温が高く、雨が降ったため、残念ながらフェアで安全なレースは不可能だった。😢








夜中に雨が降って、特に下部のコースに大きな影響を及ぼした。塩を使っても、もうどうにもならない。このレースは、北京オリンピック前の最後のスーパーGとなるはずだった。



第100回アルペン全日本選手権 (30日)

【女子 SL】速報値
211230SLw
211230SLw002

(出所:sports-event-is.com)

続きを読む
第59回全国中学校 スキー大会
全中スキー


2022年2月1日(火)〜4日(金)
野沢温泉スキー場・カンダハーコース
第71回全国高等学校スキー大会
インターハイスキー

◇開催期間◇
2022年2月6日(日)〜10日(木)

◇競技会場◇
安比高原スキー場 カッコウコース

第77回国民体育大会冬季大会スキー競技会

Facebook
会場:花輪スキー場
日程:2022年2月17日(木)〜20日(日)

ALGE
livedoor プロフィール

C.A

Archives
QRコード
QRコード
記事検索
ガソリン価格情報

gogo.gs
tozan