クラブアルペン情報局

選手への必要な情報を発信していきます。

2021年11月

ニコル・シュミットホファー、”良い意味でカッパーマウンテンでトレーニングを終えた”



カッパー・マウンテン(米国)での2週間の滞在を終えたニコル・シュミットホファーは、昨日レイク・ルイーズ(カナダ)に移動しました。
カッパーマウンテン(アメリカ)のスピードトラックは、この2週間で最高の状態になりました。OSVの女性ライダーたちは、シーズン最初のスピードイベントのためにレイクルイーズに向かう前に、最高のコンディションを満喫することができました。10月初めに膝の大怪我をした後、スキーでの復帰を果たしたシュタイア人のニシ・シュミッドホーファーもチームの一員として参加しましたが、カッパーではまず高度とダウンヒルスキーに慣れる必要がありました。

「意外なことに、スピードにはすぐに適応できましたが、今年はコンディション調整のための準備期間が非常に短かったため、標高3,000m以上の高地での肉体的な負担の方が大きな課題でした。体力を温存するために1、2回休憩を取りましたが、膝への不安がまったくなかったことにとても満足しています」と32歳は語っています。

昨日、カルガリー(カナダ)に到着したスピードレディたちは、火曜日に予定されている3回のダウンヒルトレーニングの最初のセッションを前に、今日は静かな一日を過ごします。天候が良ければ、女子は金曜日と土曜日にダブルダウンヒルを行い、日曜日にスーパーGを行ってスピードシーズンをスタートします。ニコル・シュミットホファーは、この広範なプログラムでトレーニングからトレーニングへと改善し、それによって初めてレースでの復帰が可能かどうかを判断したいと考えています。

「レイクルイーズでは、過去に成功を収めた思い出がありますし、このコースはとても快適です。というのも、ダウンヒルが3日、スーパーGが7日あるので、まだピステでの走行距離が少ないからです。木曜日になってから、レースに出る意味があるかどうかを判断します」とスピードのスペシャリストは説明する。

カルロ・ヤンカからのポジティブなニュース、マウロ・カヴィーゼルからの心配の声



クリスマスの数日前、ガルデナ-グレーデンの「サスロン」でスピードのスペシャリストたちが最高のパフォーマンスを発揮するとき、スイス人スキーレーサーのカルロ・ヤンカが再びその中に加わることになるだろう。激しい腰痛のため、"アイスマン "はレイクルイーズでのレースには出場しなかった。フィットネストレーナーのマイケル・ボントが信じるならば、スイス人スキーヤーは12月にワールドカップに復帰するだろう。

スピードエースたちがカナダでレースをしている間、35歳の彼は数日間のウェルネス・ホリデーを楽しんだ。妻のジェニーさんと娘のエリーさんも来ていました。もうすぐ2度目の父親になるスイス人にとって、この数日間のオフは明らかに良い影響を与えている。スイス・スキーのヘッドコーチであるトム・シュタウファーも、彼の選手が20日後に南チロルで開催されるダウンヒル・クラシックに出場すると信じている。

一方、マウロ・カヴィーゼルは、スイスのスキーチームの責任者を心配し続けている。2021年1月の脳震盪により罹患した視力障害に現在も悩まされている。1週間前、2019/20年冬のスーパーGの種目別分類優勝者が誕生した。 しかし、進展はなかった。しゃがんだときにある角度から見える複視は、レースペースでゲレンデを滑り降りると大きな危険を伴う。

DSV女子スラロームチームの指揮を執るレナ・デュール選手



ドイツのスキーレーサー、レナ・デュールは、3年連続で表彰台に上ることはできませんでしたが、キリングトンではDSVの最高の選手として活躍しました。レヴィでのシーズン最初のレースで3位を2回獲得したゴールキーパーにとって、アメリカでのレースは夢のような出来事でした。また、バーモント州の斜面を「クールな斜面」と表現した。

楽しそうな様子が伝わってきます。彼女はフィンランドで行ったようにすべてを実行し、北極圏の北側で行われた最初の2つの大会で呼び出せた素晴らしいパフォーマンスを印象的に確認することができました。DSVアルペンのボスであるウォルフガング・マイヤーは、彼女の絶対的なワールドクラスのパフォーマンスを称賛しました。

今回、デュールのチームメイトは、計画通りに事が運ばなかった。アンドレア・フィルサーとエマ・アイチャーはともに決勝に進むことができませんでした。Marlene Schmotzは第1ラウンドで敗退し、この点ではゴールを見ることができませんでした。あと1ヶ月ほどで、2021/22年オリンピック冬季大会の女子スラローム第4戦が東チロルのリエンツで開催されます。

アスペンバレースキー&スノーボードクラブ、スキーレース界のレジェンド、タマラ・マッキニーを採用



アスペンバレースキー&スノーボードクラブ(AVSC)は、スキーレース界のレジェンドであり、殿堂入りを果たしたタマラ・マッキニーを雇用したことを発表します。

マッキニーは、AVSCのU12アルペンチームをサポートするアルペンのコーチングスタッフに加わりました。マッキニーは、10年以上にわたってワールドカップの常連として活躍し、アメリカ人女性として初めてアルペンスキーのワールドカップで総合優勝を果たしました。その後、アメリカのスキーチームに14年間在籍しました。

「マッキニーは、「私はキャリアの初期から青少年のスキーヤーを指導してきましたが、常に喜びを感じていました。アスペンバレー・スキー&スノーボードクラブの素晴らしい才能と献身的なコーチ陣に加わることができ、とても嬉しく思っています。

米国スキーチームに所属していたマッキニーは、1981年から1989年までワールドカップで米国女子最高の選手として君臨し、米国代表として3つの世界選手権と3つのオリンピックに出場しました。1984年には米国スキー・スノーボード殿堂入りを果たし、ケンタッキー州スポーツ殿堂、リノ/タホ・アスレチック殿堂、国際スキー殿堂にも選出された。

スキーへの情熱を持ち続けるタマラは、長い間、スキーへの恩返しを提唱してきました。タホ湖で若いスキーレーサーのコーチを始めたのは、彼女が18歳のときで、世界レベルの大会に出場していました。1990年代後半からは、あらゆる年齢層のコーチを務めてきました。国際的なサマーキャンプ、2017年のスコーバレーでのワールドカップ後に行われたUSスキー&スノーボードチームのU16テクニカルプロジェクトでのゲストコーチ、スイスのツェルマットで行われたUSチーム/Bチームのテクニカルキャンプ、ピカボ・ストリート、ジュリア・マンキューソ、マルコ・サリバン、トラビス・ガノンなどのFISやワールドカップレベルのアスリートのコーチ、U16、U14、U12、U10、そして娘のフランチェスカが「何歳になったらママがコーチになれるの」と聞いてきた若い世代のマイティマイトまで。

札幌市、2030年五輪開催と経費節減が可能と発表

札幌市 冬季五輪招致へ新たな計画を公表 経費など見直し

2030年の冬のオリンピック・パラリンピック招致を目指す札幌市は、大会の開催に必要な経費などを見直した新たな開催概要計画を公表しました。

札幌市は29日午後開かれた市議会の特別委員会で、2030年の冬のオリンピック・パラリンピックの招致に向けた新たな開催概要計画を示しました。

おととし公表した計画で、最大で3700億円と試算していた開催経費について、可能なかぎり既存の施設を活用し、運営に携わる要員を削減するなど見直しを進め、大会運営費を2000億円から2200億円、施設整備費を800億円の合わせて2800億円から3000億円とし、これまでの試算から最大でおよそ900億円削減しています。

計画では大会ビジョンとして「札幌らしい持続可能なオリンピック・パラリンピック」の開催を掲げ、大会のためだけの施設の新設は行わず、競技会場は市外を含めた13の既存施設を活用するとしています。

市は感染拡大で中断していた市民との対話事業を来年1月再開し、招致への理解を促したうえで、年度内に実施する道民への意向調査などを踏まえ、招致の最終的な判断を行うことにしています。
おととしの試算から最大で900億円を削減
新たな計画では、開催に必要な経費について「大会運営費」が2000億円から2200億円、「施設整備費」が800億円の合わせて2800億円から3000億円と試算しています。

これは、札幌市がおととしまとめた試算から、最大で900億円の削減となっています。

これについて、市は市内の真駒内公園屋内競技場や長野市のボブスレー・リュージュパークといった既存施設の活用にめどが立ったことに加え、大会後に使用が見込めない仮設の施設はできるだけ建設しないことや、運営に携わる要員を削減することなどで経費を圧縮できたとしています。

経費のうち「大会運営費」は、観客席の一時的な増設など仮設にかかる費用として600億円、そのほかの運営費として1200億円から1400億円、予備費として200億円を計上しています。

このうち「予備費」は、おととしの試算では盛り込んでいませんでしたが、この夏の東京大会での新型コロナウイルスへの対応を踏まえ、不測の事態に備えるため、計上したとしています。

これら大会運営費は、IOC=国際オリンピック委員会の負担金や、スポンサー収入、チケットの売り上げによる収入などで賄い、原則として税金は投じないとしています。

一方、「施設整備費」はいずれも老朽化に伴う建て替えやバリアフリー化など施設・設備の改修にかかる費用で、このうち、豊平区の新月寒体育館の建て替え整備費用などとして365億円を計上しています。

また、月寒地区にある市営住宅の活用を見込んでいる選手村関連の整備費用として157億円、中央区の大倉山ジャンプ競技場の改修費用として78億円などを盛り込んでいます。

これら施設整備費について、市は現行制度に基づいた国の交付金などの活用を想定し、市の実質負担額は450億円と試算しています。
競技会場は市外を含めた13の既存施設を活用
新たな計画では、大会のためだけの施設の新設は行わず、競技会場は市外を含めた13の既存施設を活用することにしています。

このうち、市内では豊平区の西岡バイアスロン競技場でバイアスロンなどオリンピックとパラリンピック合わせて3種目を、南区の真駒内公園屋内競技場でオリンピックのアイスホッケーを行う計画です。

東区のスポーツ交流施設「つどーむ」でフィギュアスケートなどオリンピックの2種目、中央区の大倉山ジャンプ競技場でスキージャンプなどオリンピックの2種目、清田区の白旗山競技場でスキークロスカントリーなどオリンピックの2種目を行います。

このほか、サッポロテイネスキー場、札幌国際スキー場、さっぽろばんけいスキー場をいずれも、オリンピックとパラリンピックのスキーやスノーボードの種目に活用します。

一方、老朽化に伴い建て替えられる予定の豊平区の月寒体育館は新旧双方の施設を活用する計画で、月寒体育館でカーリングなどオリンピックとパラリンピックの2種目を、新月寒体育館でアイスホッケーなどオリンピックとパラリンピックの2種目を行う予定です。

市外では、長野市ボブスレー・リュージュパークで、ボブスレーやスケルトンなどオリンピックの3種目を行うほか、帯広の森屋内スピードスケート場でオリンピックのスピードスケート、ニセコ町にある既存のスキー場のゲレンデを活用して、スキーアルペンなどオリンピックとパラリンピックの2種目を行う計画です。

開会式と閉会式は札幌ドームで行います。

また、選手村は豊平区の月寒地区にある市営住宅や、市内のホテルなどを活用します。
大会を持続可能なまちを構築するための礎に
札幌市は1972年に札幌大会を開催したことでインフラ整備などが進み、国内有数の都市に成長するきっかけになったとしています。

そのうえで、市は招致を目指す2030年の大会を「100年後も輝き続ける持続可能なまちを構築するための礎」にしたいとしています。

「大会ビジョン」として「札幌らしい持続可能なオリンピック・パラリンピック」を掲げ「人と地球と未来にやさしい大会で新たなレガシー」をもたらすとしています。

市は、来年1月に再開する市民との対話事業などを通じて、広く意見を募り、開催の意義や大会のレガシーについてさらに具体的な検討を進めることにしています。
札幌市長「大会はさまざまな課題解決の絶好の機会」
2030年に冬のオリンピック・パラリンピックを招致する意義について、札幌市の秋元市長は会見で「札幌ではインフラの多くが更新時期を迎え、人口減少、少子高齢化への対応など解決すべきさまざまな課題があるが、解決には多くの人の力を結集する必要があり、大会はその絶好の機会だと考えている」と述べました。

そのうえで、具体的な招致のメリットについて「子どもたちに夢や希望を与え、将来の大会を目指すジュニアアスリートの発掘、育成につながる。また、都心部では街のリニューアルが進められているが、こうした時期にパラリンピックを開催すると、町全体をハードソフト両面で、バリアフリーの町に作り替えていく原動力となる」などと述べました。

さらに、これらの課題解決の取り組みについて「大会を開催しなくとも、20年、30年かければ進んでいくものだと思うが、それをスピードアップさせていくためのひとつのきっかけとして開催したい」と述べました。

また経費については「東京大会の取り組みを参考にしながら経費の見直しをさせていただいた。いろいろな対話の中で進めてきていて、IOCとの考え方に差はない」としたうえで「想定できるものは可能なかぎり見込んだ数字となっている。これ以上に上がることは避けていかなければならない」と述べました。
開催地決定へのプロセスは
2030年のオリンピック・パラリンピックの開催地として札幌市が選ばれるには、今後、IOC=国際オリンピック委員会と継続的に話し合いを重ね、開催に見合うと評価される計画に改善することが求められます。

オリンピック・パラリンピックの開催地についてIOCではおととし、大会の7年前に決めるとしていたこれまでの憲章の規定を削除し、新設した「将来開催地委員会」の検証や評価を踏まえて時期を問わずに決めることが可能になっています。

背景には、巨額な開催費用などを理由にオリンピック・パラリンピックの招致に消極的な都市が増えていることが挙げられます。

「将来開催地委員会」で招致に前向きな都市を把握し、安定した大会の開催につなげるのがねらいです。

今後、札幌市はこの委員会と話し合いを重ね、計画が開催に見合うと評価される必要があります。

そして、正式な候補地として理事会で承認されれば、IOCの総会で最終的な計画を発表したうえで採決で開催地に決まります。

2030年の冬のオリンピック・パラリンピックをめぐっては、札幌市のほか、アメリカのソルトレークシティや、スペインのバルセロナが他の都市との共催で興味を示すなど、複数の都市が招致を進めています。
「もう一度できるのはいいこと」「金銭的負担あるなら反対」
札幌市へのオリンピック・パラリンピック招致について、60代の男性は「しばらくやっていませんからもう一度できるのはいいことだと思います。経費は当初案よりも必ず増えると思うので少し多めに負担することになりそれは賛否があるでしょう。国の支援がないと問題はクリアできないのではないか」と話していました。

また20代の会社員の女性も「札幌で開催したら経済も活性化するので楽しみ。具体的にどれぐらい経費が使われるのか分からないのですが、できるだけ最小限にして行うのであればいいと思う」と話していました。

一方、40代の会社員の男性は「テレビで見ているぶんならいいのですが、金銭的な負担があるなら反対。賛成っていう人はあまりいないのではないか」と話していました。
JOC山下会長 東京の経験踏まえ 札幌市と連携の考え
2030年の冬のオリンピック・パラリンピック招致をめぐり、札幌市が大会の開催に必要な経費などを見直した新たな開催概要計画を公表したことを受けて、JOC=日本オリンピック委員会の山下会長がコメントを発表しました。

この中で、山下会長は札幌市の計画について「札幌市のビジョンに大変共感しています。スポーツを通じて持続可能なまちづくりを進める札幌において大会が実現すれば、スポーツの力で国際社会が抱える課題の解決に貢献する、日本のオリンピック・ムーブメントの姿を世界に示すことができます」としたうえで「東京2020大会がもたらしたさまざまなレガシーが、札幌大会を契機に、より一層社会の変革を推進することも期待できます」と述べて、JOCとしてこの夏の東京大会の経験を踏まえて札幌市と連携していく考えを示しました。




札幌市、2030年の五輪開催と経費節減が可能と発表

東京 - 日本の北部に位置する札幌市は、2030年の冬季オリンピック開催に向けて、市長が最も費用のかかるスポーツイベントの1つであるオリンピックの開催費用を削減することができるという計画を発表したことで、有力候補となった。

秋元克広市長は記者会見で、来年初めに世論調査を実施すると述べました。秋元市長は記者会見で、来年早々に世論調査を実施すると述べ、この調査が次のオリンピック開催の決定にどのような影響を与えるかについては言及しなかった。

しかし、主催者側が月曜日に発表した声明では、すでに続行の決定がなされていることを示唆しています。

声明では、「我々は、大会の招致に関する我々の考えを伝え、冬季オリンピックとパラリンピックに対する国民の期待と懸念を把握する」としている。"それらの意見は、今後のすべての計画検討に反映されます。"

ヨーロッパのいくつかの都市では、住民投票によってオリンピック開催計画が否決されています。

秋元氏は、費用に関する懸念があることを認めています。特に、終了したばかりの東京オリンピックの公式費用が154億ドルと発表された後、実際の費用はその2倍になるとの見方もあります。実際の費用はその2倍で、約60億ドル以外はすべて公費で賄われたという説もあります。

秋元氏は「人々は期待もしていますが、特に将来のコスト負担の重さを心配しています」と語った。

IOCは2030年の開催地をいつ決定するかを明らかにしていない。

札幌市の担当者は、予想される費用を2,800〜3,000億円としています。そのうち800億円は税金で、残りはスポンサーやチケット販売、IOCからの寄付金で賄うとしています。

関係者によると、これは2019年に行われた見積もりよりも20%削減されているという。

札幌在住の桃井希央さんは、民主的な協議や議論を経ずに招致活動が進められていることに不安を感じていると言います。

「そんなお金を使うのであれば、もっと有意義なことに使うべきです」と、最近の電話インタビューで語っています。「彼らは一般の人々の生活には関心がありません。誰も私たちの意見を聞きに来ないで、権力者たちが決めてしまったんです」。

札幌では1972年に冬季オリンピックが開催されましたが、市長は会場の少なくとも92%は既存の建物を利用すると言っていました。

しかし、既存の会場を改修するにも多額の費用がかかり、10年近く先のイベントのために正確なコストを予測することは不可能です。オックスフォード大学の調査によると、最近のオリンピックはほとんどすべて予算オーバーになっているそうです。

札幌は興味を示しているいくつかの都市のうちの1つです。スペインのアラゴン州とカタルーニャ州、ウクライナからの招致の可能性、2010年の開催地バンクーバー、2002年に冬季オリンピックを開催したソルトレークシティーからは2030年または2034年の開催に関心が寄せられています。

札幌が先行しているのは、計画が進んでいることに加え、東京がパンデミックの影響で1年遅れたために約30億ドルの追加費用が発生したため、国際オリンピック委員会の意向を受けているからです。

国際オリンピック委員会(IOC)は、もはや開催都市を選ぶために長い入札プロセスを経ることはありません。現在では、開催都市はオリンピック委員会の指導者によって選ばれ、その決定は一般のIOC委員の手を離れたものとなっています。

この変更は、リオデジャネイロと東京という最近の2つの夏季オリンピックで、IOC委員が投票のために賄賂を受け取ったという疑惑によって招致活動が汚染されたことを受けて行われました。

ブラジルの元IOC委員カルロス・ヌズマン氏は、2009年の2016年の投票の際にIOC委員に賄賂を贈ったなどの罪で、先日30年の懲役刑を言い渡されました。

同氏は有罪判決を不服として控訴しています。

竹田恒和氏は、東京オリンピックの招致をめぐる贈収賄疑惑に巻き込まれ、2019年にIOC委員と日本オリンピック委員会の会長を辞任した。不正行為を否定した。

IOCは、2030年の冬季オリンピックを除き、2032年までの大会会場をすでに決定しています。それらは 2022年の北京、2024年のパリ、2026年のミラノ・コルティーナ、2028年のロサンゼルス、そして2032年のオーストラリア・ブリスベンです。

IOCはAP通信への声明の中で、「2030年やその他のオリンピック大会の開催地を選出するための一定の時間枠はありません」と述べています。「将来の大会への関心を監督・監視する将来の開催地委員会は、オリンピック・ムーブメントの戦略的機会と世界的な状況によって導かれます」としています。

バンフ国立公園とレイクルイーズに気象警報が発令



レイクルイーズで開催されるスキーワールドカップ女子では、ダブルダウンヒルとスーパーGの3つのスピードレースがプログラムされています。火曜日から木曜日までのトレーニング日の天気予報は、はっきり言って非常に悪いです。カナダ環境・気候変動研究所は、バンフ国立公園とレイクルイーズに暴風雨・気象警報を発令しました。このような予報のため、中止や延期が予想されます。木曜日以降のレース当日は、天候がやや落ち着き、気温はプラス2度からマイナス13度まで下がる見込みです。

バンフ国立公園/レイクルイーズの天気予報について

火曜から木曜の朝にかけては、大雪で視界が狭くなり、吹雪くことが予想されます。

火曜日の降雪は夕方から増え、水曜日の朝までに20-30cmの積雪が予想されています。時折70km/hの強風が吹き、吹雪で視界が悪くなるでしょう。

降雪は水曜日まで続きますが、木曜日の朝には弱まります。

急激な積雪のため、場所によっては移動が困難になる可能性があります。大雪や吹きだまりの中、視界は一気にゼロに近づきます。

必要のない旅行は、状況が改善するまで延期することを検討してください。カナダ公安庁は、誰もが緊急時の計画を立て、飲料水、食料、薬、救急箱、懐中電灯などを備えた緊急キットを用意することを推奨しています。

いよいよ女子ダウンヒルがレイクルイーズではじまる



昨年はコロナの影響で北米での女子ダウンヒルレースが開催されませんでしたが、今シーズンはカナダのレイクルイーズでの伝統的なシーズン開幕が再び予定されています。2021年12月3日、4日、5日の3日間、速い選手たちは、2つのダウンヒルレースとスーパーGでワールドカップのポイントを競います。最初のダウンヒルトレーニングは、すでに火曜日の午後8時30分(CET)に行われます。 火曜日の20時30分にレイク・ルイーズで行われる「メンズ・オリンピック・ダウンヒル・ラン」の最初のテストランのFIS公式スタートリスト、スタート番号、FISライブティッカーはメニューに掲載されています。


バンフ国立公園/レイクルイーズの天気予報について

火曜から木曜の朝にかけては、大雪で視界が狭くなり、吹雪くことが予想されます。

火曜日の降雪は夕方から増え、水曜日の朝までに20-30cmの積雪が予想されています。時折70km/hの強風が吹き、吹雪で視界が悪くなるでしょう。

降雪は水曜日まで続きますが、木曜日の朝には弱まります。

急激な積雪のため、場所によっては移動が困難になる可能性があります。大雪や吹きだまりの中、視界は一気にゼロに近づきます。

必要のない旅行は、状況が改善するまで延期することを検討してください。カナダ公安庁は、緊急時の計画を立て、飲料水、食料、薬、救急箱、懐中電灯などを備えた緊急キットを用意することを推奨しています。

出典:カナダ環境・気候変動省


日曜日にカルガリー(カナダ)に到着したスピードレディたちは、月曜日に休息日を過ごした後、火曜日に予定されている3回のダウンヒル・トレーニングの最初のセッションに臨みました。天候が良ければ、女子は金曜日と土曜日にダブルダウンヒルを行い、日曜日にスーパーGを行ってスピードシーズンをスタートします。

シーズン最初のダウンヒルを前に、登録選手はレースコースをよりよく知ることができます。3つのダウンヒル・トレーニング・セッションの開始時刻は、当初20時30分(現地時間12時30分)に設定されていました。最新の情報によると、レイクルイーズでは集中的な作業が行われ、週末に降った新雪がゲレンデから取り除かれ、女子選手たちに安全なレーストラックを提供してトレーニングセッションを行うことができました。

約1年前にヴァルディゼールでの転倒で大怪我をしたニコル・シュミッドホーファーの復帰が待ち望まれている、最初のダウンヒルトレーニング。この広範囲にわたるプログラムの中で、トレーニングからトレーニングへと改善していきたいと考えており、その上でレースでのカムバックが可能かどうかを判断したい。

南チロル出身のNicol Delagoも、カナダでカムバックを祝いたいと考えています。ヴァル・ガルデナ/グレーデン出身の25歳のスピード・スペシャリストは、昨年12月1日にアキレス腱を断裂し、本当の意味で始まる前に重い気持ちでシーズンを終えなければなりませんでした。

レイク・ルイーズで行われるダウンヒルの優勝候補には、スイスのダウンヒル世界チャンピオンであるコリンヌ・スーター、ダウンヒル・ワールドカップで優勝したイタリアのソフィア・ゴッジアをはじめ、スイスのララ・グートベフラミ、アメリカのブリージー・ジョンソン、DSVで2位になったキラ・ヴァイトレ、そして2年前の「メンズ・オリンピック・ダウンヒル・ラン」で金曜日のダウンヒルを制したチェコのエスター・レデッカなどが挙げられています。オーストリアのTamara Tippler、Ramona Siebenhofer、Mirjam Puchner、Stephanie Venierも表彰台を狙っています。

昨冬、カナダではコロナパンデミックの影響でレースが開催できませんでした。今シーズンは、最初のトレーニングランから、金曜日と土曜日のダウンヒルレース、日曜日のスーパーGまで、盛りだくさんの内容となっています。


2019/20シーズンの女子ダウンヒルレースをご紹介します。

現在開催中の「スキーワールドカップ冬季2019/20」の女子ダウンヒル第1戦は、チェコのエスター・レデッカが、スイスのコリンヌ・スーターを抑えて優勝しました。3位はチロルのステファニー・ヴェニア。ゼッケン1番でスタートしたドイツ人のViktoria Rebensburg(ヴィクトリア・レベンスブルク)と同タイムでゴールしたフォアアルルベルグのNina Ortlieb(ニーナ・オルトリーブ)に続き、イタリア人ではSofia Goggia(ソフィア・ゴッジア)が6位に入りました。昨年カナダで行われたダウンヒルで2勝し、小さなクリスタルグローブを獲得するための基礎を築いたニコル・シュミッドホーファーは、7位に留まりました。そのすぐ後ろには、ドイツの2番手であるKira Weidleが8位に入った。南チロル出身のニコル・デラゴは9位に入り、新しいスピードの冬に向けて順調なスタートを切りました。ベストイレブンには、アメリカのミカエラ・シフリンと、ノルウェーのトレーニングチャンピオンであるライ・カジサ・ヴィッコフが選ばれました。

レイクルイーズのダウンヒル2位を獲得したオーストリアのニコル・シュミッドホーファー。アメリカのミカエラ・シフリンとイタリアのフランチェスカ・マルサリアを2位と3位に追いやりました。前日に優勝したチェコのエスター・レデッカは、今回は4位でトップ3に入ることはできませんでした。スイスのコリンヌ・スーターは5位で表彰台を逃した。最高のドイツ人は、6位のKira Weidleでした。フランスのロマーヌ・ミラドーリは良い走りを見せて7位に入りました。タマラ・ティップラーは、OSVの2番目に優秀な選手として8位に入賞しました。9位はドイツのヴィクトリア・レベンスブルク。トップ10には、アメリカのアリス・マッケニスが入りました。

2019/20シーズンの男子スーパーGのレースについて
レイク・ルイーズで開催された女子スーパーGでは、ヴィクトリア・レベンスブルクが優勝しました。彼女は、今は引退したアメリカのリンゼイ・ボンのお茶の間にいる、若い南チロルのニコル・デラゴとスイスのコリンヌ・スーターを2位と3位に追いやった。4位にはチロルのステファニー・ヴェニアが入り、ヴェニアの後ろには25番のハイビブをつけたザルツブルグのミルヤム・プフナーが5位に入り、アッパーオーストリアのタマラ・ティップラーが続いた。7位にはフェデリカ・ブリニョーネ(イタリア)が並んだ。2017年スーパーG世界チャンピオンのニコル・シュミッドホーファーは8位でした。リヒテンシュタインのティナ・ヴァイラザーは、シュタイアのすぐ後ろの9位でフィニッシュした。昨年ここで優勝し、スーパーGのクリスタル・グローブの基礎を築いたアメリカのミカエラ・シフリンは10位でこの日の作業を終えた。

ビクトル・ムファジャンデ、Kabdalis (カブダルス)でのSLトレーニング

ペトラ・ブルホバ、”昨日の2位は良かったですね😊👍...あと数日アメリカに滞在して、次のレースに備えます💪”

”私たちのファンは、世界で一番です!”

HomeLight Killington Cupファンの皆さん、信じられないほどのサポートをありがとうございます。🙌

ミカエラ・シフリン、インゲマル・ステンマルクの単一種目での優勝記録に並ぶ

日曜日、FISアルペンワールドカップのスラロームで46回の優勝を果たした彼女は、ホームライト・キリングトン・カップのスラロームで5連覇を達成し、伝説的なインゲマル・ステンマルクの単一種目での優勝記録に並んだことに大きな感動を覚えました。👑
ツアーの中で一番好きな場所に戻ってくることができて、とても嬉しかったです...ありがとう、キリングトン、そして世界で一番のファンに感謝します。私たちはあなたたちを愛しています。💞






👋...昨日のことをもう少し振り返ってみて、その感情の大きさ...言葉にするのは少し難しいですが、もう一度言いたかったのは、@killingtonmtnと、レースを開催するために多大な努力をした皆さんに感謝します。困難な土曜日の後、日曜日のためにすべてをまとめてくれた皆さんは素晴らしい仕事をしてくれました。とてもエキサイティングなレースだったし、あの場にいられたこと、レースに参加できたこと、そして2本のしっかりとしたランをまとめることができたことにとても感謝している。私たちは@gohomelight Killington Cupでのレースが大好きで、あの観客の前でレースをするのが大好きです...だから、それを実現するためにみんながしてくれたことに本当に感謝しています。🙏🙏

また、私の素晴らしいチームと家族にも感謝しています。彼らのハードワークと献身がなければ、私はこれを成し遂げることができなかったでしょう。チームメイトの@paulamoltzanの素晴らしい滑りを祝福します🙃、そしてもちろん@petravlhova13と@wendyholdenerもです。最後に、母国で初めてのワールドカップに出場できたチームメイト(@a.k.resと@zoez8)...これからもたくさんの活躍を期待しています。🙌🤗🤙🥳

ありがとうございました...そして来年もよろしくお願いします

ヨーロッパカップが開幕



ヨーロッパカップでの成功的なスタート💥
また、女子、男子ともにヨーロッパカップのシーズンがスタートしました Franziska GritschとLukas Feursteinは、最初のレースでそれぞれ2位となり、最初の2つの表彰台を獲得しました☺️
いいね!」=「おめでとう!」





ジナルで開催された第1回ECスーパーGでイタリアのMatteo Franzosoが勝利

40,32,36,30,24... スイスのジナルで開催されたヨーロピアンカップ・スーパーGでは、上位5人のスターナンバーが比較的高い値を示した。イタリアのMatteo Franzoso選手が56.25秒という比較的短いタイムで優勝しました。オーストリアのルーカス・フォイアスタイン(+0.18)とノルウェーのマーカス・ノードガード・フォスランド(+0.32)が2位と3位に入賞し、表彰台に上ることができました。

ベスト・スイスはJoel Lutolf(+0.41)で、4位に浮上しました。フランス人のフロリアン・ロリオット(+0.54)は、フォイアスタインの同胞であるクリストフ・クレンよりも100分の1秒速く、彼は2021/22年の欧州カップシーズンにゼッケン1でレースを開幕し、結果的に6位となりました。

7位と8位にもオーストリアチームのアンドレアス・プロイヤー(+0.56)とシュテファン・リーザー(+0.59)が入り、トップ10にはスイスのクリストフ・トレント(+0.63)とオーストリアのクリストファー・ノイマイヤー(+0.74)が入った。同じくスイス人のニコラス・マシェレは、100分の7秒差でトップ10入りを逃した。母国のレースでは11位に終わった。

また、チームメイトのRemi Cuche(+0.96)が14位、Marco Pfiffner(リヒテンシュタイン)にもポイントが与えられた。優勝したフランツォーゾとは1.17秒差の18位でした。

明日は、コンチネンタルレースシリーズの一環として、次の男子スーパーGがジナルで開催されます。

FIS公式最終ランキング:第1回欧州カップスーパーG男子





2021/22シーズン第1回欧州カップ大回転でリヒテンシュタインのシャルロッテ・リングが1位獲得

ついにヨーロッパカップのレディースが2021/22年の冬に向けてスタートする可能性が出てきました。マイヤーホーフェンで行われた最初の大回転では、リヒテンシュタインのシャーロット・リングが1分45秒65のタイムでトップに立ちました。2位には、コロナワクチン接種を拒否したためにキリングトンでのワールドカップレースに参加できなかったオーストリアのフランツィスカ・グリッチ(+0.43)が入った。スイスのロリーナ・ゼルガー(+0.73)が3位に振り切った。

ドイツのパウリナ・シュロッサーは100分の8秒差で4位となり、表彰台を逃しました。チーム・オーストリアのソフィア・ワルダフ(+0.85)とニーナ・アストナー(+0.86)が5位と6位に入りました。ここで重要なのは、ハーフタイムにアストナーがリードしていて、ホームでの勝利が手の届くところにあったことだ。スイスのヴァネッサ・カスパー(+0.97)は、今日のレースを7位で終えた。

イタリアのイラリア・ギザルベルティ(8位、+1.03)、ドイツのジェシカ・ヒルジンガーとセリーナ・エグロフの同時期のコンビ(それぞれ+1.13)がランキングのトップ10に入りました。最後の選手はスイスのスキーチームに所属しており、2本目はフライングしてしまいました。最終的には22位のタイムで、中間の2位から9位に後退してしまった。

同じくスイス人のLeana Barmettler(+1.17)は、決勝で6つ順位を落として11位となりました。メラニー・アーラー、ステファニー・レッシュ(各+1.35)、ヴィクトリア・オリビエ(+1.37)のOSVトリオは、ほぼ同じ速さで14位から16位で大回転を終えました。

同じくOSVグループで活動していたMagdalena Kappaurerも、AstnerやEgloffと同じ運命をたどった。2本目のタイムが25位だったため、ハーフタイムでの好成績(3位、編集部注)を確認することはできませんでした。ヴァル・ガルデナの若いヴィヴィアン・インザム(+1.84)は、マイヤーホーフェンで行われた最初の大回転を21位で終えた。

明日火曜日は、同じ会場で第2回女子ヨーロッパカップのジャイアントスラロームが行われます。1本目の上位3人が、今日の1本目の上位3人と同じように、決勝で良い結果を残せるかどうかを見てみましょう。

FIS公式最終順位:第1回ヨーロッパカップ女子ジャイアントスラローム

OSVのエースがCOVIDワクチン接種に賛成の意を表明



ジュリア・シャイブは、COVIDワクチンの接種を公然と支持しています。OSVのエースは、ソーシャルメディアを介して立場を表明した後、インタビューで自分の立場を再確認しています。

「ここ数ヶ月、いろいろな話が出てきて、不安になっている方もいらっしゃると思います。不安な方はセカンドオピニオンを受けてみてはいかがでしょうか。教育を受けなければならない。しかし、近所の人からではなく、専門家からです。隣人は知識が少ない」と23歳の彼は「スタンダード」で語っています。

人生には、自分の心に耳を傾けるべき場面がたくさんあります」と説明する。世界的なパンデミックは、私にとってはその一つではありません。私たちは今、困難な時代に生きています。病院には人があふれ、看護師たちは2年間休むことなく働き続けている。狂気の沙汰だ。一般の人々のことを考えなければなりません」。

シャイブ自身も現在、カムバックに向けて頑張っています。2月中旬には、2016年以来2度目となる十字靭帯の断裂を経験しました。これにより3回の手術を受け、神経にも負担がかかりました。復帰の時期はまだ未定です。しかし、一つだけ確かなことがあります。「今シーズンも間違いなくレースに参加します。

OSVのエースたちは「タフな一週間」に備える



レイク・ルイーズでのキャンセルを受け、スピードマンたちはビーバー・クリークでマンモス・ウィークに直面している。

厳しい「Birds of Prey」の4つのレースを4日間で完走しなければなりません。カレンダーの変更は複雑な心境です。

レイク・ルイーズで開催されるスーパーGの中止が確実になった後、「これは期待していた収穫ではない」とクリシュマイヤーは語った。"確かに、残念です。来週、4つのレースがうまくいくことを願っています」とメイヤーも同意した。カリントスは土曜日にカナダのバンフ国立公園で行われたダウンヒルで、アッパーオーストリア出身のチームメイトを抑えて優勝した。

マックス・フランツも、レイクルイーズでもう1レースくらいは滑りたかったようだ。カリントスはトレーニングだけでなく、レースでも5位に入り、カナダのコースが自分に合っていることを証明しました。"今はすべてがうまくいっていて、いい気分です。もちろん、自分の都合のいい時にレースをしたい。しかし、それらは公平なレースでなければなりません」。

ビーバークリークでは、木曜日と金曜日にスーパーG(ともに午後6時45分)とダウンヒル2レース(土曜日午後7時、日曜日午後8時)が予定されています。水曜日には、唯一のダウンヒルトレーニングが行われます。マイヤーは「タフなプログラム」と語っていますが、チームメイトのクリシュマイヤーは「短いダウンヒルと短いスーパーGなので、体力的な負担は問題ではありません」と安心しています。

シュミッドホーファーが皆を驚かせる



Nicole Schmidhoferはみんなを驚かせます。膝の大怪我からまだ1年も経っていないのに、今週末のレイクルイーズで早くもレース復帰を果たしたシュタイヤー。

この2週間は、カッパーマウンテン(アメリカ)でOSVスピードチームの他のメンバーと共にトレーニングを行いました。最も重要な発見は、膝が保持されていることです。

「意外なことに、スピードにはすぐに適応できましたが、今年はコンディション調整のための準備期間が非常に短かったため、標高3,000m以上の高地での肉体的な負担の方が大きな課題でした。体力を温存するために1、2回休憩を取りましたが、膝がまったく反応しなかったことにとても満足しています」とシュミッドホーファーは語った。

2017年のSuper-G世界チャンピオンは、長い怪我による休養を経て、10月の初めに初めてターンをしました。これで、すべてが予想以上に早く進む可能性が出てきました。天候に恵まれれば、女子は金曜日と土曜日のダブルダウンヒル、日曜日のスーパーGでスピードシーズンを迎えます。最初のダウンヒルトレーニングは火曜日に予定されています。

シュミッドホーファーは、この広範なプログラムでトレーニングからトレーニングへと改善していきたいと考えており、その結果、レースでのカムバックが可能かどうかを判断することになります。「レイク・ルイーズでは、過去に成功を収めた思い出がありますし、このコースはとても快適です。というのも、ダウンヒルが3日、スーパーGが7日あるので、まだピステでの走行距離が少ないからです。レースでスタートすることに意味があるかどうかは、木曜日になってから判断します。"



冬季ユニバーシアードが中止に

国際大学スポーツ連盟(FISU)は29日、12月11〜21日にスイスのルツェルンで開催予定だったユニバーシアード冬季大会を中止すると発表した。
新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」の感染拡大を受け、スイスへの厳しい入国制限が課されることなどから断念した。
FISUは「新たな渡航制限で、大会開催は不可能になった」と声明を発表。大会組織委員会も「準備してきた世界中の選手を迎えられず打ちのめされている」などとコメントを出した。



スイスで開催される世界大学生大会は、旅行に関する懸念から中止となりました。

スイス・ルツェルン(AP) - スイスで開催される冬季の世界大学対抗戦は、新型インフルエンザCOVID-19の感染拡大を阻止するため、月曜日に中止されました。

ルツェルンで開催される冬季ユニバーシアード大会の主催者は、「パンデミックの非常にダイナミックな展開と、それに関連する渡航制限」を理由に、この決定を下しました。

12月11日から21日にかけて、少なくとも50カ国、500以上の大学から集まった学生たちが、スイスの中央部から東部にかけての会場で、60のメダル種目に挑戦する予定でした。

その中には、オーストラリア、イギリス、オランダなどの国の代表団も含まれており、オミクロン型の感染拡大を防ぐためにスイス連邦政府が定めた10日間の隔離措置を受けることになっていました。

また、海外から渡航したスポーツ関係者や放送関係者も検疫の対象となりました。

「これらの公式な制限の結果、2021年冬季ユニバーシアードの開催は不可能となりました」と主催者は声明を発表しました。

このマルチスポーツイベントは、パンデミックの影響で、当初予定していた2021年1月の開催がすでに延期されています。

組織委員会のグイド・グラフ会長は、「大会に向けて集中的に準備してきた世界中のアスリートたちを迎え入れることができず、打ちのめされており、大変申し訳なく思っています」と述べています。

2年に1度開催される冬季大会の次回開催地は、2023年にニューヨーク州レイクプラシッドで予定されています。



コロナの異変により、ルツェルンでの冬季ユニバーシアードは中止となりました😔。
▶ 本来であれば、ルツェルンを中心とした中央スイスやグラウビュンデンで、50カ国から集まった1600人の若い選手たちが、フィギュアスケートやアルペンスキー、バイアスロンなどの種目で競い合う、10日間のスポーツの祭典となるはずでした。
▶ しかし、予定していた12月11日のオープンまで2週間を切ったところで、今度はキャンセルが出てしまいました。第30回冬季ユニバーシアードは開催されません。
主催者側の声明によると、その理由は「パンデミックが非常にダイナミックに展開している」からだそうです。

「ターン構成」



1.ターン始動期
・つま先に体重をのせて、スキートップ部の捉えをつくり、スキーの撓みを生み出していく。
・脛でブーツを押す感じで足首を曲げる。
2.加重始動期
・加重の準備を外足の上で始める。
・内スキーにも体重はのっている。
・安定したスキーの上で動けるポジションをキープする。
・骨盤は少し外向。
3.ターン中期 「ターン中で最大の加重がかかるフェーズ」
・外スキーにより強い加重をかける。
・スキーがフォールラインを向いたを向いた時に最大加重となる。
・正しい腕の位置(構え)
・骨盤と上体は安定した状態。
4.ターン終了期=解放期
・スキーが身体に近づいて来るのを受け止める。
・加重と角度を同時に解放する。(雪面からの圧を逃がさないようにしながら膝の返し)
・スキーと身体は同じ報告。
・安定した上体と骨盤の位置をキープ。
・上下動はしない。
5.斜滑降期
・スキー(エッヂ角)は、雪面に対してフラット。
・スキーの真上に乗り、次のターンを始動できるポジションへ。
6.再びターン始動期へ
・次の外脚を伸ばしながらエッヂの角を立てにいく。
 以下、繰り返し・・・

シーズン初めは、これらを意識できるバリエーショントレーニングを低速種目から行い、フリースキーを中心に技術を構築していきたいと思います。



”ぶるぶる! スウェーデンは-37まで下がった!”

スウェーデンでは昨夜、気温が-37.3℃まで下がり、厳しい寒さとなりました。
北部では、この時期にしては驚くほどの低温となりました。ヨーロッパでは寒さがかなり広がっているようです。
スウェーデンの11月の月間記録は1890年に記録された-43℃でした。


アダム・ザンパはトレーニングに励む、”冷たく、氷のような素晴らしいコンディション👊🏻”

ミカエラ・シフリンの偉業



ミカエラ・シフリン選手は、スラロームで46回目の優勝を果たし、これまで単独で1種目の優勝記録を持っていたインゲマル・ステンマルク選手と肩を並べました。

第59回全国中学校 スキー大会
全中スキー


2022年2月1日(火)〜4日(金)
野沢温泉スキー場・カンダハーコース
第71回全国高等学校スキー大会
インターハイスキー

◇開催期間◇
2022年2月6日(日)〜10日(木)

◇競技会場◇
安比高原スキー場 カッコウコース

第77回国民体育大会冬季大会スキー競技会

Facebook
会場:花輪スキー場
日程:2022年2月17日(木)〜20日(日)

ALGE
livedoor プロフィール

C.A

Archives
QRコード
QRコード
記事検索
ガソリン価格情報

gogo.gs
tozan