クラブアルペン情報局

選手への必要な情報を発信していきます。

2021年10月

レヴィではウィンターシーズン進行中

気になるクルマ(その2)

希少価値となりつつあるスポーツMT車。
LINEで「これはどう?」って、連絡・・・。
最初は、雪道不得意なFR車なので興味がなかったけど、ついついカタログを取り寄せ、GR86は発売直後で試乗車がなかったが、BRZは試乗できたので、早速乗ってみた !!
前回、試乗したGRヤリスよりもドライビングポジションも低くて、『Fan to Drive』を感じとることができ、80年代当時のクルマたちを思い出し、愉しむことができた!
左脚がトルコンに代わって駆動力を伝える感覚を・・・。
これから出てくるZも気になるし、WRXもMT車ならと思いつつ、凝りすぎるとキリのない趣味にするクルマ。
どれにしようか色々と考えている時が楽しい時間・・・


PORTRAIT

PORTRAIT

PORTRAIT

PXL_20211031_024311405

PORTRAIT

PORTRAIT

PORTRAIT

PORTRAIT

PORTRAIT

NIGHT

PXL_20211030_224536432

失敗を恐れずチャレンジして、成功体験を積ませること

昨日は秋晴れの中、サッカーの試合引率でした。
最近は練習日でも試合日でも、ダラダラと時間を過ごすことを止め、一日の活動を2時間程度にして集中した活動を心掛けるように方針を変えてます。
この日は、2時間の限られた中で、アップを兼ねた事前練習と試合とのセットで選手各自が集中して取り組んでいました。
事前練習では、パスの正確性と顔を上げて周りを見る(視野を広げる)ことをテーマに、試合では、その実践と自分がやりたいと思うことを迷いなく失敗を恐れずにチャレンジすることを限られたプレー時間の中で各自がやりきってくれました。
10月に入ってからは、練習試合での選手のフォーメーションを固定化せずに、いろんなポジションを経験していくようにしています。
時には噛み合わずに大敗する時もありますが、得意な動きに特化させずに様々なポジションでの違いを体験していく中で、良いプレーが選手個人としても、チームとしても現れてました。
攻撃面は、パスも繋がる様になり、観ていてもサッカーらしくなってきましたね!
一方、守備面(特に自陣地内 )では、まだ課題があります。どうしても全体的にボールウォッチャーでボールにつられてしまい集まる傾向があり、相手に裏を取られてしまうケースがありました。また、1対1での気持ちの弱さが半分くらいの選手でみられます。
その辺の変化が現れてくると、もっとサッカーが楽しくなっていいくのだと思います。

試合結果は2 − 3でしたが、シュートチャンスが多かっただけに、結果は残念ですが、凄く良い試合でした。この積み重ねが、今は大事な時ですね。

0dee3e30-s

6eb62e37-s

f9d10988-s

1745a55e-s

a9fe223b-s

f5201a08-s


そろそろグランドに立つ機会が減る季節となってきました。

”足首が使えるか?”

スキーをするときに足首の関節を使って下肢を曲げたり伸ばしたりすることで、あらゆる山のコンディションでアクションを起こしたり、より良い反応をしたりする。



足首の動き



多くの女性は、自然と骨盤が逆に傾いてしまい、下半身の関節を曲げるのに支障をきたす。気をつけるポイントは?



"Bend the Knees!(膝を曲げて滑る)"
誰もが山の上で叫んだことのあるアドバイスです。この一般的なスキーのコツはシンプルに聞こえるかもしれませんが、見た目以上に重要なことがあります。このコツを正しく行うと、高度なカービングターンができるようになります。間違ったやり方をすると、ダイナミックな動きに欠かせない正しいバランスを取るのに苦労することになります。

”脚部の動作”


”屈曲と伸展”



内側の脚の屈曲と外側の脚の伸展により、スキーヤーは内側に移動し、外側のスキーに対するバランスと圧力をシフト/維持することができる。

ミカエラ・シフリン、100 Days Out with Team USAを祝い オリンピックについて語る🌟🇺🇸



シフリン、TODAYショーで「100 Days Out」の記念イベントに参加

オリンピックで2度の優勝、世界選手権で6度の優勝を誇るミカエラ・シフリンが、チームメイトのライアン・コクラン=シーグルをはじめとする他のオリンピアンとともに、チームUSAの「100 Days Out」セレブレーションのためにTODAYショーに参加しました。(U.S. Ski & Snowboard)

オリンピックで2度の優勝、世界選手権で6度の優勝を誇るミカエラ・シフリン選手が、チームメイトのライアン・コクラン-シーグル選手をはじめとする他のオリンピアンとともに、チームUSAの「100 Days Out」記念行事のために「TODAY Show」に登場しました。シフリン選手は、メンタルヘルス、父の死、オーストリアのソールデンで開催されたFISスキーワールドカップ開幕戦での70回目の優勝などについて語りました。

スコット・スタンプがTODAY Showに書いたように。

昨年、ミカエラ・シフリンの父親が急死したことで、スーパースター・オリンピアンは、再び競技としてスキーをすることができるのかどうか疑問に思っていました。

北京での冬季オリンピック開催まであと100日となった木曜日、シフリン選手はTODAYショーで、コロラド州での事故で頭部を負傷した父ジェフ・シフリン氏が65歳で亡くなった後、競技を続けるモチベーションを見出すのに苦労したことを語りました。

彼女はTODAYの共同司会者であるSavannah GuthrieとHoda Kotbに、「本当に価値があるのか疑問に思った」と語りました。「アスリートの最も基本的なことは、自分のスポーツに関心を持ち、自分のスポーツで良い結果を出すことに関心を持たなければならないということですが、私はそうしませんでした」。

シフリンは、わずか26歳にして、オリンピックで金メダル2個、銀メダル1個を獲得し、「米国のアルペンスキー選手の中で最も多くの勲章を受けた選手」となり、ワールドカップでは3つの総合優勝を果たすなど、素晴らしいキャリアを築いてきました。彼女はすでにワールドカップで70勝を挙げており、これは引退した伝説のスキーヤー、リンゼイ・ボンの82勝に次いで、女性スキーヤーとしては歴代2位の記録です。

しかし、彼女は最大の支援者を失った後、すべてを投げ出すことを考えました。彼女の父親は麻酔科医で、熱心な写真家でもあり、レース後のメダル表彰台で娘の写真を撮る姿がよく見られました。

「私はただ、人生で本当に何も気にしていないのだと思いました」と彼女は言います。「モチベーションや気遣いの気持ちを取り戻すには長い時間がかかりました。今では悪い日よりも良い日の方が多いですが、まだ難しいですね」。

父の死後、シフリンはInstagramで父がカメラを持っている写真を公開し、家族は "理解できないほど心を痛めている "と書きました。

シフリンはTODAYで、彼を失ったことは彼女が "これまで生き延びてきた中で最も困難なこと "だと述べています。

彼を失ってから1年半以上が経ち、シフリンは再び勝利の道に戻ってきました。先週末、オーストリアのソールデンで開催されたワールドカップの女子大回転で、70回目の優勝を果たしました。

彼女はTODAYで、2月に開催される冬季オリンピックのアルペンスキー競技6種目すべてに出場するという高い目標を掲げています。

また、シフリン選手は、父親を失った悲しみを語ることができるようになりました。

「話してもいいのよ」と彼女は言います。「パンデミックを除けば、誰もが日常的に、あるいは毎週のように何かに取り組んでいます。

「喪失感や悲しみがある一方で、強さや希望もあります。



アルペン界ではドイツ語が共通語

アメリカ、ノルウェー、フランス、イタリアなど、ワールドカップで活躍するスキーヤーの中には、さまざまな理由でドイツ語を学ぶ人が増えています。



「Wie bitte?」。なぜドイツ語がアルペンスキーの共通語なのか

オーストリア・ソールデン - スキーの名選手、リンゼイ・ボンとアクセル・ルンド・スビンダルは、現役時代に流暢にドイツ語を話していました。現在のワールドカップ総合優勝者であるアレクシス・パンテュローは、2年前から授業を受けています。また、オリンピックの滑降チャンピオンであるソフィア・ゴッジアも、ドイツ語を学び始めたばかりです。

ドイツ語はスキーレースの共通言語となっています。

アメリカ、ノルウェー、フランス、イタリアを問わず、ワールドカップに参加するスキーヤーの中には、さまざまな理由でドイツ語を学ぶ人が増えています。

スビンダルのように、学校でドイツ語の基礎を学んだ者もいる。しかし、オリンピックで2度、ワールドカップで2度の総合優勝を果たしたノルウェー人のスビンダルがドイツ語を話すようになったのは、スキーのキャリアを始めたばかりの頃だった。

「旅を始めたとき、私はドイツ語を学ぼうとしました。正直に言うと、アルプスはスキーのホームグラウンドです。アルプスでは、ドイツ語はもちろん、イタリア語やフランス語も話されています」とスビンダルは先週、今週末にワールドカップが開幕するゼルデンで語った。

「それから、英語を話せる技術者を雇ったが、彼はドイツ語のほうが好きだった」とスビンダルは語った。

実用的な理由とは別に、このノルウェー人にはドイツ語を話すという感情的な動機もあった。

「オーストリア人にホームフィールドアドバンテージを与えたくないから、ドイツ語を学ぶんだ。私も自分の家のように感じようとしました。本当はイタリア語やフランス語も習いたかったのですが、結局習いませんでした。イタリア語はしばらく試してみましたが、うまくいきませんでした」とスビンダルは語っている。

中央ヨーロッパに深く根ざしたスポーツでは、コミュニケーションにドイツ語を使うのは当然のことです。ドイツ、オーストリア、イタリアの北西部、スイスの東部など、スキーレースが伝統的に最も人気のあるスポーツである地域では、ドイツ語が主要言語となっています。

トップレベルのコーチや、トレーニングやレースの前にスキーを準備するスキー技術者の多くはこの地域の出身で、毎年ワールドカップレースの大部分が開催されています。

「ドイツ語が話されている地域では、私たちのスポーツはとても重要なのです」とピントロー。「また、スロベニア、クロアチア、そしてチェコでは、ドイツ語を話すことができます。これは私たちのスポーツにとって、とても重要なことなのです」。

このフランス人選手は、2年間ドイツ語の授業を受けました。

「学校でドイツ語を習ったことがなかったので、基本的な知識を得るためにも、特に軍人と接するためにも、とても重要でした。私のチームにはオーストリア人が何人かいるので、彼らとはドイツ語で話すことができます」とピンタローは語りました。

今週末のタイトル防衛戦を前にしたメディアカンファレンスで、ピンタローは10分以内に3つのテレビインタビューを受けました:最初はフランス語、次は英語、最後はドイツ語です。

「まだまだ完璧ではありません。特にドイツ語は上達しなければなりません。"ドイツ語で話しているときに、英語で単語が出てくることがあります。"

ドイツ語になるのは、スキーヤー自身の好みとは限りません。

イタリアのスキーチームには南チロル出身でドイツ語を母国語とするメンバーが多い中、ゴッジアは一からドイツ語を学ばなければなりません。

「Ein bisschen(アイン・ビッシェン)」、つまり「少しだけ」という意味で、ゴッジアはドイツ語の知識について尋ねられたとき、こう答えた。

ヘルメットのスポンサーであるオーストリアのエナジードリンク会社が、彼女にドイツ語を学ばせようとしているのだ。

「レッドブルのアスリートである以上、ドイツ語を話さなければならないのです」とイタリア人は言う。

しかし、ペトラ・ヴルホヴァのように、ドイツ語の習得を控えているワールドカップスキーヤーもいます。

「ドイツ人には悪いけど、私は何も知らないの。ドイツ人には悪いけど、私はドイツ語があまり好きじゃないの」と、スロバキア出身の女子総合優勝者は英語を話す。

そして現在、彼女は別の言語を学んでいますが、それはドイツ語ではありません。

私のチームにはイタリア人が多いので、"イタリア語 "を学ぼうとしています」。

”凍ってるねっ!”



氷河には問題がある。
長期的な問題。
そして、@stubai_glacierのEisgratは本当に凍っている⛸️。
エッジの準備をしましょう😀🤘。

狭山スキー場がオープン

W杯レッヒ‐ツュルス パラレルレースまで2週間

アレックス・ビナッツァー、”昨シーズンを経験を活かしたい”



確かに、イタリアのスラロームのスペシャリストであるアレックス・ビナッツァーは、ゼルデンで開催される大回転の最終ラウンドに出場したかったでしょう。しかし、昨冬、パレード種目でいくつかの好成績を残し、コルチナ・ダンペッツォで開催された世界スキー選手権では惜しくもメダルを逃した南チロルの若者は、バランスのとれた冷静さを保っています。この内面的な強さは、どんな結果にも努力できる人間であるという意識からくるものでしょう。ヴァル・ガルデナ出身の彼は、エッツタールでのパフォーマンスを楽しみ、今後は大回転にも頻繁に出場して、この第2種目でも自分の力を発揮したいと語っていました。セルバの自宅では、好感度の高いスキーレーサーが充電していた。11月2日には、ジャック・セオリーとステファノ・コスタッツァのアズールスラロームチームと共にスウェーデンに飛びます。今はゲートレースに集中しています。ヨーロッパの極北にある人工雪の上で10日間のトレーニングを行い、巻き返しを図りたいと考えています。

昨年の冬を振り返ってみましょう。アルタ・バディア/ホシャブテでのスラローム4位、マドンナ・ディ・カンピリオでの3位と、ヴァルガルデナ出身の彼は、2020/21年シーズンに向けて非常に良いスタートを切った。 何度かリタイアした流行の1月を、コルティナ・ダンペッツォでのワールドカップ・ファストメダルで補った。Vinatzerはたくさん働きました。1999年生まれの彼は、11月中旬にスラロームの冬を迎えたいと考えていました。レヴィのゲートランは、ジャイアントゲートスキーヤーにとっては、ゾルデンのジャイアントスラロームのようなものだという。しかし、12月中旬までは我慢しなければなりません。そして、オリンピックシーズンの最初のスラロームは、フランスのバルディゼールで予定されています。また、マドンナ・ディ・カンピリオでのレースは2021年の最後の月に行われます。1月には、クラシックがプログラムされています。Vinatzerは、中国で開催される冬季オリンピックがメインイベントであることを意識しています。

ヴァル・ガルデナ/グレーデン出身のスキーヤーは、ミスをしたくないと考えており、シーズンを通して安定した良い滑りをすることを目指しています。それが、北京の冬季オリンピックに向けての自信につながる。彼がオリンピックの表彰台に立つのは、オリンピック前のレースで強いパフォーマンスを見せてくれた選手たちです。彼の夢は北京の貴金属だが、夢はすべてを捧げなければ実現しないという現実的なものだ。今年はマンフレッド・モルグの弟ミヒャエルをサービスマンとして起用している南チロリアンは、より成熟し、また少し反省しているようだ。

そうやって、この冬を教訓というか、有意義な経験と表現している。彼にとっては、バランス、テクニック、ヘッド、エクセレンスの組み合わせを体現したアスリートだけが前に出てくる。実は、すべては常にバランスの問題なのです。これと似たようなものが、志のあるラディンのまとめを言葉にしたものである。

アレクシス・パンテュロー、”トレーニングの機会が均等に与えられていないことに不満を抱く”



フランスのスキーレーサー、アレクシス・パンテュローは、ゾルデンの高地にあるレッテンバッハ・フェルナーで行われたシーズン開幕戦での5位という結果に満足していませんでした。フランスのジャーナリストとのインタビューでは、夏のトレーニング中に平等な機会が与えられないことを訴えていました。このように、ゾルデンで優勝したマルコ・オーデルマットとスイス人は、暖かい季節に氷河を使って最適な働きをすることができる唯一の存在だったのです。その文句はレベルが高いのか、本当に怖いのか。

そしてオーデルマット自身も、ディアボレッツァでのトレーニング、サースフェーやツェルマットでのトレーニングで、競争相手に対する小さなアドバンテージを感じている。経験上、スキー大国は夏になると南米やニュージーランドに飛ぶ。コロナの影響で、昨年も今年もこの合宿は中止になりました。ORFの専門家であり、元OSVのスキーレーサーであるハンス・クナウス氏は、スピードのスペシャリストはスイスの同僚と比べて不利な立場にあったため、問題があると考えている。ヨーロッパでは、夏のトレーニング用ゲレンデはツェルマットにしかありません。

クレマン・ノエルもGSでの活躍を目指す



20年は長いですが、このような日には、非常に悲劇的な方法で命を落としたカリスマ的スキーレーサーのRegine Cavagnoudを忘れたくありません。2001年のSuper-G世界チャンピオンは、トレーニング中の事故でDSVのコーチであるMarkus Anwanderと衝突しました。ドイツ人は無事に回復しましたが、当時31歳だった女性は2日後に命を絶ちました。頭部と上半身の傷があまりにもひどかったのです。

彼は、大回転を長期的なプロジェクトとして捉えています。ブルースのメンバーは、この冬、スラロームの才能を証明するだけでなく、両方の技術的な分野で良い結果を出したいと語っています。ジャイアントスラロームでは、もっとリスクを冒して直進性を求めたいと思っています。これに成功すれば、第2ラウンドへの参加はユートピアではない。レッテンバッハファーナーでうまくいかなかったとしても、他にもチャンスはあるはずです。

近々、ティーニュでのスラロームのトレーニングも予定されています。その後、ノエルはレヒ/ズールのパラレルレースに参加したいと考えています。その後、Equipe Tricoloreのスキーエースたちは北へ向かいます。スウェーデンのKabdalisでは、スラロームと大スラロームで活躍したいと考えています。過去3年間、このフランス人選手はスラロームのシーズンを常に2位で終えていました。順調に準備を終えて、自信を持ってスタートすれば、ホームレースのバルディゼールでは何でも可能です。

開幕戦から1週間、有力選手の今後の展開を占う



スラローム世界チャンピオンのセバスチャン・フォス=ソレヴォーグ、オリンピックチャンピオンも夢でない

今年のノルウェーの男子スキーチームはとても強いです。北京で開催される冬季オリンピックに向けて、すべての種目で金メダルを目指して戦うことも可能です。ゴールスキーの世界チャンピオンになった彼は、中国でさらにステップアップし、中近東でも金を掘り当てたいと考えています。Sebastian Foss-Solevagは、自分自身に最もプレッシャーをかけているのは自分だと考えています。

Spjelkavik出身のスキーレーサーは、とても良い2020/21年の冬を振り返っています。まず、フラッハウのヘルマン・マイアー・ゲレンデでワールドカップ初優勝を果たし、ベルーネ・ドロミテでは世界チャンピオンとなった。彼は、有名なスウェーデン人のインゲマル・ステンマルクの足跡を辿ることができるのです。1980年のレークプラシッドでオリンピックチャンピオンになり、その2年後にはシュラドミングで世界チャンピオンになったスウェーデン人。

Aleksander Aamodt Kildeは中国でもメダルを獲得できる。2019/20シーズンのワールドカップ総合優勝者は、同賞の連覇に向けて順調に進んでいましたが、2021年1月の十字靭帯断裂により、すべての希望がシャボン玉のようにはじけてしまいました。しかし、ベラム出身の選手は、自分が劣勢に立たされていると感じています。その一方で、ミカエラ・シフリンの友人は、確かにプレッシャーを感じているようで、いたずらっぽく笑っていた。仮に彼がスピードレースに強みを見出すとしても、5つのレースで5回もメダルを争えることは間違いありません。しかし、大回転での自分の可能性が限りなくゼロに近いのであれば、この種目で他の人にチャンスを与えたいと考えています。

また、ヴァイキングには強力な代表者がいるため、北欧では中央アジアに強力な集団を送り込むことが期待されています。1つのレースに出場できるのは、1カ国につき4人の選手だけなので、選考は難しいですね。シーズンはまだ長く、何が起こるかわかりません。大回転のスペシャリストであるアトル・リー・マクグラス選手は、発言の中で、金メダルを獲得することよりも、冬季オリンピックへの出場権を獲得することの方がほとんど難しいという事実を強調しています。

開幕戦のゾルデンでは、回復したルーカス・ブラセンが7位で納得のいく結果を残した。ラスマス・ウィンドスタッド選手は10位、世界チャンピオンの座を追われたヘンリック・クリストファーセン選手は14位と、自身の基準ではオリンピックの冬をうまくスタートできませんでした。しかし、規律を見てみましょう。

スラローム

Sebastian Foss-Solevag: 現役の世界チャンピオンであり、Flachauでも優勝している彼は、新シーズンに向けて十分な準備ができており、楽観的です。

ヘンリック・クリストファーセン:ノルウェー史上最高のスラロームスキーヤーは、2016年と2020年にこの種目で小さなクリスタルグローブを獲得しました。2021年2月にコルチナ・ダンペッツォで開催された世界スキー選手権と、8年前のソチ冬季オリンピックでは、ワールドカップ19戦に加えて、銅メダルも獲得しています。

ルーカス・ブラセン:昨年のゾルデンでは優勝しました。怪我の影響で、ワールドカップでのメダル獲得の可能性がなくなってしまった。とはいえ、未来は彼のもの。

ティモン・ハウガン:2020年のシャモニーで達成した2位で、ブレークスルーを果たしました。過去のシーズンが多少複雑だったとしても、彼は常に良いランキングを達成することができます。

ジャイアントスラローム

ヘンリック・クリストファーセン:マルセル・ヒルシャーの永遠の敵は、ワールドカップのジャイアントスラロームで4勝している。2019年12月に南チロルで開催された「グラン・リサ」での成功を最後に、表彰台の一番高いステップに立ちました。同年、オーレで開催された同種目の世界チャンピオンになりました。

アレクサンダー・アーモット・キルデ:スピードのスペシャリストが、いきなり大回転にも出場できる人材に進化した。これまでに4位を2回獲得しています。表彰台には手が届きます。

ルーカス・ブラセン:昨年10月のゾルデンでの成功により、昨シーズンは素晴らしいスタートを切ることができました。友人であり1年前からの同僚であるアトル・リー・マクグラスとともに、世界で最も優れた若いアルペンの才能の一人とみなされています。

Atle Lie McGrath:この若いノルウェー人は、突然現れた。彼は好成績を収め、2年前にはヨーロッパカップの総合と大回転の両方で優勝しました。これからも彼に注目していきたいと思います。

Leif Kristian Nestvold-Haugen:彼の経験の豊富さは、最大のプラス要素と言えるでしょう。W杯では3回の表彰台に加え、W杯銅メダルも獲得した。

Rasmus Windingstad:昨年の冬は怪我との戦いが多かったのですが、一昨年は本当に頼りになる存在であることを示してくれました。彼の調子が良ければ、すべてが可能になる。すでにワールドカップでは2位で表彰台に上がったこともあります。

スーパーG

Aleksander Aamodt Kilde: Kildeは間違いなく、才能あるスーパーGスキーヤーです。"The Hulk "が一番のお気に入りです。これまでにスーパーGで3勝し、11回の表彰台に立っている。ワールドカップでのメダルはまだなく、最高位はサンモリッツでの4位です。それが2017年の出来事でした。

Kjetil Jansrud:ワールドカップで13回の優勝を果たし、ワールドカップの銀メダル、オリンピックの優勝、五輪の銅メダルを自分のものにしたベテラン選手。昨年の冬は大変でした。ワールドカップではガルデナ-グレーデンで3位に入賞しただけでした。

Adrian Smiseth Sejersted。昨年のバルディゼールでは、スピードのスペシャリストが2位に入賞している。残念ながら、彼はしばしば怪我をしてしまった。しかし、彼が100%フィットしていれば、常に頼りになる存在です。

ダウンヒル

アレクサンダー・アーモット・キルデ:ミカエラ・シフリンの友人で、ダウンヒルでもワールドカップを3回制覇している。スーパーGよりもダウンヒルの方が多少弱くても、至高の種目で金メダルを目指してレースをすることもできるし、少なくとも違う色のメダルを目指すこともできる。

Kjetil Jansrud:この経験豊富なノルウェー人は、ワールドカップで8回の優勝、オリンピックで2回の優勝などを経験しています。ヴィンストラ出身のスピード・スペシャリストは、5つのリングの看板の下での最後の大会を目標としており、スタイリッシュな終わり方をしたいと考えています。

Adrian Smiseth Sejersted。今シーズンの準備不足により、平昌でのヴァイキング代表に呼ばれなかったため、遅れを取り戻そうとしています。スーパーG同様、ダウンヒルでも高いレベルにあり、当然、北京で勝負したいと考えている。

ヘンリック・ロア:ヘミング出身のこの選手は、キッツビューエル・ストリーフで16位でデビューしました。 ワールドカップでは10位でシーズンを終えましたが、中国でのメダル獲得には期待できません。

コンビネーション

Aleksander Aamodt Kilde:ほぼすべての種目でメダル獲得の可能性がある数少ないスキー選手の一人です。ワールドカップでは3度、複合表彰台に登っており、直近では2020年にオーストリアのヒンターシュターで開催されました。Kildeは、北京での大きな人気者の一人です。

Adrian Smiseth Sejersted。古典的な複合型のスペシャリストではありませんが、スピードコースの最速者がゲートランで最初にスタートするということで、その恩恵を受けることができます。2年前にスウェーデンで開催された世界スキー選手権では、16位で振り落とされた。

Henrik Roa:彼はワールドカップの複合型に出場したことがありません。コルティナ・ダンペッツォで開催された世界スキー選手権では、19位だった。中国のスピード専門家にとっては、より大きなアドバンテージになるかもしれません。

パラレルレース。

アレクサンダー・アーモット・キルデ:これまでのところ、アルタ・バディアでの4位が彼のワールドカップでの最高成績としてクレジットされている。良い日には、彼は自分の道を切り開き、決勝に進出することができる。

Henrik Kristoffersen: 彼は北京での人気者の一人です。ワールドカップでは2度の2位を獲得。

ルーカス・ブラセン:2年前のアルタ・バディアで5位に入賞し、周囲を驚かせた。これまで3回のパラレルレースにしか出場していないが、中近東のサプライズマンとしての役割を果たすことができるだろう。

Leif Kristian Nestvold-Haugen:アルタ・バディアでも4位入賞。2016年にも3年後にも達成した。平昌では銅メダルを獲得しました。

Rasmus Windingstad:2019年にはAlta Badiaで優勝しました。また、中国でのオリンピックの金・銀・銅に関しては、アウトサイダーのヒントになります。

ファビアン・ウィルケンス・ソルハイム:ノルウェーが金メダルを獲得した世界選手権の団体戦では、すべてのヒートで勝利を収めた。北京でも勇気を持って上手に滑れば、メダルに手が届く。

セバスチャン・フォス=ソレヴォーグ:2021年世界チャンピオン、2018年オリンピック団体種目銅メダリスト:パラレルでは非常に高いレベルを示しており、ミドル・キングダムでも必ずや追いつくことができます。



ミカエラ・シフリン、大きなプログラムが待ち受ける



米・ワールドカップスキー選手のミカエラ・シフリンは、恋人のアレクサンダー・アーモット・キルデと一緒に海外へ飛び立ちました。ノルウェー人は現在、北米のスピードレースに向けて準備を進めています。昨日、"Gold Medal Gala "が開催されました。そこでは、アメリカのスキーレースの発展のために資金が集められています。26歳の彼がRettenbachfernerで獲得した赤いジャージは、17,000ユーロで購入された。数日間の休養の後、シフリンは、ジーグフェルド・ボールルームで55回目に開催された前夜祭のゲストとして参加しました。

シフリンは再び自宅でトレーニングを行っており、その後、レヒ/ズールのパラレルレースに出場する予定です。昨年、彼女はフォアアールベルクにいなかった。その後、リーバイでの2つのスラロームに集中してから再びアメリカに渡り、キリングトンでは地元の観衆の前で良い滑りをしたいと考えています。レイクルイーズでの3レースでは、スピードセクションで再び注目を集めたい。とはいえ、彼女はホームである大回転でも勝ちたいと思っています。アメリカのバーモント州にある町キリングトンは、彼女がスキーをしながら育った地域です。2016年から2019年の間にスラロームを4回制した26歳。




昨夜の@usskiteam @ussnowboardteam @usfreeskiteam ニューヨーク・ゴールドメダル・ガラでは、信じられないような夜を過ごしました。特に、モルディブのソネバ・ジャニでの6人のゲストのための素晴らしい楽園の7泊のための11万ドルの寄付には感謝しています(ラッキーダック! 🤯 また、@soelden.officialのリーダービブに最終的に17,000ドルの入札をしていただいたことに100万倍の感謝を申し上げます...OMG!楽しかったです。

私たちのような、政府からの資金援助を受けていない運営団体にとって、バーチャルで、そして実際に会って、皆さんのサポートは私たちにとって絶対的な意味があります。これまでで最も成功したガラパーティのひとつと言っても過言ではありませんが、それは皆さんのおかげです。

あと100日もしないうちに、私たちは「@beijing2022」で世界の最高レベルのチームと対戦します。私は、いくつかのオリンピック大会で浮き沈みを経験してきたからこそ、本音で言えるのですが、困難な状況に陥り、緊張や恐怖を感じても、故郷から遠く離れた場所にいても、皆さんの愛と応援を感じ、それが大会を乗り越える力になるのだと思います。

ですから、心の底から感謝したいと思います。誇りに思っていただけるように、私たちは最善を尽くします。

山の上でお会いしましょう🙃。

2022年北京大会、IOCがコヴィッドプロトコルに対応した選手向けの「プレイブック」を公開

選手やチーム関係者向けと、その他の関係者向けの2種類の「プレイブック」は、中国への渡航や到着に備えて、COVID-19の包括的なガイドラインを提供しています。



国際オリンピック委員会(IOC)、国際パラリンピック委員会(IPC)、2022年冬季オリンピック・パラリンピック競技大会(北京2022)組織委員会は、「北京2022プレイブック」の初版を発行しました。

この「プレイブック」は、選手・チーム関係者向けと、その他の関係者向けの2種類があり、中国への渡航・到着、冬季オリンピック・パラリンピック大会での役割遂行、北京からの出発に向けて、COVID-19の包括的なガイドラインが記載されています。

IOCオリンピック委員会事務局長のクリストフ・デュビ氏は次のように述べています。「プレイブックは、オリンピック・パラリンピック競技大会の参加者、ひいては地域住民が大会期間中に安全で健康的な生活を送るためのゲームプランを提供するものです。このプレイブックは、IOC、IPC、北京2022が共同で作成したもので、最新の科学的なアドバイスと、パンデミックの際に実施された実証済みの対策が盛り込まれています。これには、ここ数ヶ月間に開催された国際的なスポーツイベントから得られた重要な教訓も含まれています」と述べています。

と続けています。「大会に参加するすべての人の安全を確保したいので、すべての参加者にこのガイドラインに従っていただきたいと思います。全員の健康を維持することで、オリンピック・パラリンピックの基本であるアスリートとスポーツに集中することができます」と述べています。

IPCのChief Paralympic Games Delivery Officerであるコリーン・レンは、次のように述べています。"特にこの12ヶ月間は、世界中の複数の関係者が参加する大規模なスポーツイベントは、関係者全員が主催者が提示したCOVID-19対策に従えば、安全に開催できることが証明されました。"

"COVID-19のパンデミックが続く中、2022年北京オリンピック・パラリンピック冬季競技大会の関係者は、絶対に油断することはできません。したがって、大会に参加を予定しているすべての人が、最新の科学的アドバイスと他のイベントから得られた重要な教訓に基づいたプレイブックの原則に従うことが重要です」と述べています。

北京2022の副会長兼事務局長の韓子龍は、次のように述べています。"北京2022は、オリンピック・パラリンピック冬季競技大会「北京2022」に参加するために、世界中のアスリートやその他すべての関係者を中国に迎え入れます。IOC、IPC、北京2022は、徹底的な議論と協議を経て、『北京2022年プレイブック』の初版を共同で作成しました。このプレイブックは、関係者全員のコンセンサスを示すものです。プレイブックの作成にあたっては、アスリートを含むすべての大会参加者と中国国民の安全と健康を守ることを最優先し、他の国際的なスポーツイベントでの経験や、現在中国で実施されているCOVID-19ポリシーなどを参考にしました。我々は、すべてのステークホルダーと協力してプレイブックの実施に取り組み、共に、合理的で安全かつ素晴らしい大会を世界にお届けします」と述べています。

2冊のプレイブックは、大会参加者の全行程をカバーしており、入国に必要な条件や、クローズドループ管理システムの中で実施される対策を詳しく説明しています。これには、先日のIOC理事会で発表された主要な方針の詳細も含まれています。プレイブックに記載されている主な原則は以下の通りです。

クローズド・ループ・マネジメント。大会期間中、誰もがそれぞれの役割を果たすために必要な日々の活動を行うことができるよう、不必要な交流を減らすことで大会参加者と中国国内の人々の安全を保つための特別なシステムが定義されています。このクローズド・ループ・システムにより、プレイブックに沿った完全な予防接種を受けることを条件に、大会参加者は21日間の強制検疫を受けることなく中国に入国することができます。

ワクチン接種。ワクチンは、COVID-19への感染や伝播を減らすことが証明されており、活動を安全に行うための重要なツールです。検疫を受けずにクローズドループシステムに参加するためには、中国出発の14日前までに完全なワクチン接種を受けることが義務づけられています。プレイブックに従って完全な予防接種を受けていない人は、北京に到着後、21日間の隔離が必要となります。アスリートやチーム関係者については、医学的な理由に基づいて、ケースバイケースで例外が認められることがあります。

検査、追跡、隔離。COVID-19ウイルスの感染者を早期に特定するための検査、ウイルスの感染者を特定するための接触履歴の追跡、ウイルスの感染拡大を防ぐための隔離など、厳格な手順が定められています。

物理的な接触を最小限に抑える。COVID-19は主に、咳やくしゃみ、会話、叫び声、歌などで吐き出される息の中の小さな液体粒子を介して感染します。そのため、予防接種を受け、人との接触を最小限にし、マスクを着用し、密閉された空間、混雑した空間、密着した空間などを避けることが重要です。

衛生面を考える。衛生管理の基本は、すべての人の安全を守るために重要です。定期的に徹底的に手を洗い、表面を消毒し、顔に触れないようにして、常にフェイスマスクを着用してください。

COVID-19リエゾンオフィサー。本大会に参加するすべての組織は、間もなくCOVID-19リエゾンオフィサー(CLO)の指名を求められます。CLOは、ゲーム参加者がプレイブックの内容を理解し、それを遵守することの重要性を確認するためのサポートを行います。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。

チェック柄のバーモンター、北京五輪閉会式でRCSがジャケットをモデル化



ライアン・コクラン=セイグルは、2008年からチームUSAの公式衣装を提供しているポロ・ラルフ・ローレンのおかげで、チェック柄のアウターウェアのコレクションを増やすことになりました。ライアン・コクラン=セイグルは、2008年からチームUSAの公式ウェアとして採用されているポロ・ラルフローレン社のおかげで、チェック柄のアウターウェアのコレクションを増やすことができました。

バーモント州で生まれ育ったスキーレーサーであるRCSは、このデザインの選択に違和感を覚えず、AP通信のインタビューでも「ああ、バーモント州では格子柄の種類が豊富なんだ」とコクラン・シーグルは微笑んでいます。「バーモント州にはたくさんの種類のチェック柄があります。

これはバーモント州民にとって最も理想的なワードローブの選択かもしれませんが、興奮しているのは彼だけではありません。アメリカのボブスレー選手、アジャ・エヴァンスはAP通信に、「チェック柄が気に入っています。スキーリゾートのような雰囲気を感じます」と語っています。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。

年々難易度アップのレッテンバッハ氷河でのセット



セルデンの大回転で、2022年のスキーワールドカップが正式にスタートした。レッテンバッハ氷河のスロープは期待を裏切らず、きれいでしっかりしたコンパクトな雪で、すべての選手が最高のスキーを披露することができた。しかし、急勾配に加えて、スキーの長さと半径が長くなったことで、このレースは選手にとって非常に困難なものとなりましたが、情熱的な観客やファンにとっては非常にエキサイティングなものとなりました。おめでとうございます。
選手の皆さん、おめでとうございます。

転倒から約5週間でスキーに復帰したコリーヌ・スーター、自信を持ってレイク・ルイーズへ



9月末にツェルマットでのトレーニング中に死亡したが、スピード競技でゴッジアの最大のライバルであったスイスのダウンヒルスキーヤーは、サースフェーで復活している。12月初旬にカナダで開催されるトリプティークに直接出場します。ホールデナーは回復していますが、今のところ雪はありません。

12月3日から5日にかけてレイク・ルイーズで開催されるワールドカップで、ダウンヒルとスーパーGの2レースで開幕を迎えるコリンヌ・スーター(カントンシュヴィーツ出身、27歳)にとって、今シーズン最初の大きな目標であるスピード開幕に向けて、良いコンディションで臨むことができた。

朝、「skinews.ch」が報じたように、スイス人スプリンターは昨日、サースフェーのゲレンデに戻り、オープンフィールドで滑った。9月最後の週末、ツェルマットでのトレーニング中に受けたひどい転倒から1ヶ月あまり、すでに最初の本格的なトレーニングの準備が整っている。その際、2020年にダウンヒルとスーパーGのカップを獲得した彼女は、すねに二重の骨挫傷を負い、顔にも大きな傷を負った。

手術はせず、数週間の休養をとり、レイク・ルイーズの準備のために、ソールデンの大回転をはじめ、レッヒとキリングトンをスキップしたことは明らかです。カナダでは、ソフィア・ゴッジアとの最初の対決があります。彼女の3つ目のクリスタルボールの目標である滑降では、おそらく最初のライバルがいるでしょう。前回2019年にカナダでレースをしたとき、コリンヌは滑降とスーパーGで2位と3位になっていますし、あの斜面で勝ったことはありませんが、これらのレースは現役の世界チャンピオンにとって有利なレースであることは間違いありません。

スイスでは、ウェンディ・ホルデナー選手の雪上復帰が待たれています。10月4日に負った舟状骨の二重骨折は回復段階にありますが(今回は手術をせずに済みました)、スラロームの巨人は今のところ、両腕に装具をつけて運動面での活動しかできません。ウェンディは10日以内に復帰し、11月20日、21日に予定されているレヴィでの2つのスラロームで競技に復帰することを目指します。




コリーヌ・スーターが再びスキーに戻ってきた

スイスのスキーワールドカップレーサーであるコリンヌ・スーターがトレーニングを再開しました。ツェルマットでのトレーニングクラッシュから5週間後、イタリアのスピードスペシャリスト、ソフィア・ゴッジアの主なライバルは、雪上でのカムバックを祝うことができました。

12月初旬のレイクルイーズに出場したいそうです。27歳のスイス人スキー選手は、自分の計画が実現することを確信しています。12月3日から5日にかけて、カナダで2つのダウンヒルレースとスーパーGが開催されます。

スーターは、すねの二重骨折と顔面の負傷から順調に回復しています。手術は必要なく、数週間の休養で済みました。イタリア人に加えて、チェコ人のエスター・レデッカも、海外のレースで納得のいく結果を出して表彰台に上るためには、注目の相手となるでしょう。2019年、スーターは2位と3位を獲得しました。彼女はレイクルイーズで優勝したことがありません。昨年のレースでは、コロナパンデミックの影響を受けました。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。


第77回国民体育大会冬季大会スキー競技会

Facebook
会場:花輪スキー場
日程:2022年2月17日(木)〜20日(日)

ALGE
livedoor プロフィール

C.A

Archives
QRコード
QRコード
記事検索
ガソリン価格情報

gogo.gs
tozan