クラブアルペン情報局

選手への必要な情報を発信していきます。

2021年05月

スウェーデンチーム、”新しいコラボレーションは、代表チームがより速く、より安全に移動するのに役立ちます”



AIはスウェーデンオリンピックと世界選手権のメダルのための戦いの重要なツールになりつつあります。ルレオ工科大学のロボット工学とAIと機械学習の研究者は、アルペン代表チームがより速く、より安全に移動するのを助けることを目標に、ボーデン社TNTXとのコラボレーションを開始しました。

「当社のライダーは、100分の1がオリンピック金と名誉ある4位を区別する非常に競争の激しい環境にあります。競技者に加えて、ライダーは周囲の環境にも挑戦しています。現代の技術と知識を活用することで、私たちはアクティブな人々がフォーミュラ1ドライバーのように乗車中に意思決定を最適化することに完全に集中する機会を作り出すことができます。私たちの目標は、コルティーナで2026年のオリンピックですべての分野でメダルを競うことであり、このコラボレーションは、その野心の大きな部分です」と、アルパインマネージャーのトミー・エリアソン・ウィンターは言います。

リアルタイムで比較
このプロジェクトは、スキーヤーのパフォーマンスを向上させることを目的としています。AIと新しい可視化ツールは、代表選手が最適なライドラインについてもっと理解するのに役立ちます。仮想環境では、ライダーとリーダーは素早くフィードバックを得て、変更されたライン選択が乗車時間にどのような影響を与えるかをリアルタイムで比較できます。個々のライディングスタイルや雪や気象条件などの要因も考慮されています。

「世界最高のスキーヤーよりも速いAIとライドラインを開発し、自分たちのルートを最適化されたラインで研究し比較して、改善する方法を素早く見ることができます。民間企業として、アルパイン代表チームやルレオ工科大学と一緒にこれを実現させていることは非常に素晴らしいことです」と、彼の後ろに米国のテスラで長いキャリアを持つトーマス・ヴィクストロームは言います。

ゲーム業界で複数の企業を設立した起業家のトーマス・リンドグレン氏と共に、ボーデンにTNTX社を設立し、鉱業、鉄鋼、森林産業においてより安全な作業環境を構築するという目的で、拡張現実とバーチャルリアリティのためのプラットフォームを開発しています。この技術はスポーツにも応用できます。
「今日の自動運転車でも使われている技術の一部です。スウェーデン代表チームに世界一のチームを支援するツールを与えたい」とトーマス・ヴィクストロームは言う。

長い経験
コラボレーションの新しいプレーヤーは、ロボット工学とAIと機械学習のルレオ工科大学の研究グループです。
「私たちは、AIに関する知識と、認識とローカリゼーションに貢献しています。私たちは15年間、自律型ドローンの研究開発に取り組んできました。私たちは、このプロジェクトで得た確かな経験の恩恵を受けています」と、ルレオ工科大学のロボット工学とAIの研究グループを率いるジョージ・ニコラコプーロス教授は言います。

マーカス・リウィッキ教授は、機械学習の研究グループを率いています。
「ディープラーニングと強化された学習に関する専門知識を活用して、現在開発中の仮想環境のレース部分を最適化しています。仮想競争環境やATARIゲームで勝ってきた技術は、はるかに複雑な下り坂のスキー環境で動作するように適応されている、と彼は言う。

「挑戦的な規範」
トミー・エリアソン・ウィンターは、例えば、最高レベルのダウンヒルスキーヤーは、ワールドカップの大会や選手権が決まっている斜面でトレーニングする機会が比較的少ない、と指摘しています。
「私たちの最高のスピードスケーターの一人、フェリックス・モンセンはキッツビュールに行って8回下り坂に乗ったことがあり、最も経験豊富な人は約40回そうしました。キッツビュールのように、現実世界の環境をシミュレートする新しいツールのおかげで、時間の経過とともにライダーの開発を改善し、短縮する良い可能性があります。もちろん、私たちのスポーツを技術的な観点から新しいレベルに引き上げ、他の誰も余分にくすぐる前に行ったデータ主導の意思決定を分析し、行う能力の面で一般的な規範に挑戦しています」と、トミー・エリアソン・ウィンターは言います。

例年より少なめか? 大雪渓

今は、まだまだ十分にあります。
これからの梅雨の雨量と気温上昇がカギですね。


スーパーGにおけるコースデザインによる怪我の予防



概要
アルペンスキーのSuper-Gレースでは、平均速度がDownhillとほぼ同等である。そのため、典型的な衝突事故で散逸するエネルギーも同様である。しかし,ダウンヒルと異なり,Super-Gコースではトレーニングランが行われない。そのため、スーパーGの安全性を確保するためには、コースデザインによるスピードコントロールが重要な課題となります。本研究では、ワールドカップ男子スーパーGの4レースにおいて、地形の形状、コース設定、およびハイレベルな選手がコースを滑る際のメカニックを、差分グローバルナビゲーション衛星システム(dGNSS)を用いて計測しました。コース設定がスキーヤーのメカニクスに与える影響を,線形混合効果モデルを用いて分析した。ターン中の速度を0.5m/s下げるためには,ゲートのオフセットを+51%増加させる必要がある.この変化は同時に最小回転半径の減少(-19%)、インパルスの増加(+27%)、最大地面反力の増加(+6%)につながる。一方、同じ速度であれば、バーティカルゲートの距離を-13%変更しても、最小回転半径の減少は小さく(-4%)、インパルスの減少は小さく(-2%)、最大対地反力の変化はなく、安全面での弊害は少ないといえます。スーパーGでは、ゲートオフセットを大きくするよりも、垂直方向のゲート距離を短くする方が、より安全にスピードを抑えることができると考えられる。

はじめに
ワールドカップ(WC)アルペンスキーレースでは、1シーズンに全選手の約3分の1が怪我をすると言われています。オーバーユースの怪我やシーズンオフの怪我を含めると、その割合はさらに高くなります4,5。そのため、アルペンスキーレースは、オリンピックの冬季スポーツの中でも最も怪我のリスクが高いスポーツの一つと認識されています。

スーパーGとダウンヒルでは、他の種目に比べてスピードが速い。スピードは、衝突時や周囲との衝突時に放散される力の原動力となるため、これら2つの競技種目では衝撃による負傷が頻繁に発生します。そのため、レースコース上に設置されたスピルゾーンやネットなどの衝撃保護具が一般的な対策となっています。また、一般的にはスピードを落とし、特に怪我の原因となりうるホットスポットの前ではスピードを落とすことが、衝撃による怪我の防止に役立つと考えられています。ダウンヒルレースを対象とした以前の研究では、スキーの形状やビンディングプレートを変更することで、衝撃による負傷の主要因であるスピードを低減できるかどうかを評価しました。しかし、この研究では、用具の変更がスピードに与える影響はわずかであり、スピードを下げても、ダウンヒルで選手が技術的に困難な状況を予測して準備する時間が大幅に増えることはないことが明らかになりました15。ジャイアント・スラローム(GS)においても、同様に用具を変更してもスピードに実質的な影響はありませんでしたが、スキーヤーの動作パターンやキネティクスにはプラスの影響がありました16,17。したがって、特にスピード競技であるスーパーGやダウンヒルでは、用具の特性を変えることでスキーと雪の摩擦力を十分に高めることは難しいということが研究で示唆されています。

Super-GやDownhillでスピードを抑えるための別のアプローチとして、コースデザインがあります。最近の研究では、地形の傾斜、ターンの進入速度、コース設定が技術系種目のスキーヤーのスピードに影響を与えることがわかっている。GSでは、ゲートのオフセットを大きくしても、ゲートの垂直距離を短くしても、どちらも速度が低下することがわかっている。しかし、ゲートオフセットを大きくしてスピードを下げると、インパルス(選手の身体的努力の指標となる外力の時間的統合、レース中の疲労につながる努力)の増加、最小回転半径の減少、最大力の増加などにより、怪我のリスクが高まりましたが、ゲートの垂直距離を短くしても、このような怪我のリスクの高まりはありませんでした。しかし、Super-GにおいてもGSで実証されたような方法でスピードをコントロールできるかどうかは不明であり、Super-Gにおいても同様の定量的な推奨事項が作成できれば有益である。また,コース設定の操作が,旋回半径,インパルス,地面反力などの他の傷害リスク要因に及ぼす負の副作用を明らかにすることも有益である。そこで、本研究では以下を目的とした。(1) コース設定の特徴,入口速度,地形の傾斜がターン時の速度に影響を与えるかどうかを評価する.

方法
研究プロトコル
冬の2シーズン、キッツビュール(AUT)、ヒンターシュター(AUT)、クランモンタナ(SUI)で開催された4つの男子スーパーGワールドカップレースでデータを収集しました。これらのレースは、ワールドカップのスーパーGの典型的なコースを網羅するように選ばれました。競技の直前にコースをテストする前走者は、スキーヤーが携行するディファレンシャル・ハイエンド・グローバル・ナビゲーション衛星を使って追跡されました。それぞれの場所で、異なる前走者が選ばれ、コースを滑走しました。前走者はヨーロッパカップレベルの選手です。本研究は,ザルツブルク大学スポーツ科学・運動学部門の倫理委員会によって承認されました。各被験者は,研究に参加する前に書面によるインフォームド・コンセントを得ており,研究方法は関連するガイドラインと規則に従って実施されました。

データ収集
スタート地点、折り返し地点、ゴール地点、および地形は、それぞれのレースの前に、静的dGNSS:Alpha-G3T受信機とGrAnt-G3Tアンテナ(Javad社、米国)およびLeica TPS 1230 +(Leica Geosystems AG社、スイス)を用いて捕捉しました。雪面を十分に詳細に再現するために、平均して1m2あたり0.3点を測定しました。地形の移行部ではこの数が大幅に増加し、均一な地形では減少しました。

スキー中のアスリートのトラッキングは,アスリートが背中とヘルメットに装着したハイエンドのディファレンシャル・グローバル・ナビゲーション・サテライト・システム(dGNSS)を用いて行われました。GPS/GLONASSの2周波(L1/L2)受信機(Alpha-G3T, Javad, USA)は,50Hzでアンテナ位置を収集した。アンテナ(G5Ant-2AT1, Antcom, USA)は前走者の頭部に装着した。搬送波位相二重差位置解を計算するために,2つの(冗長性のための)基地局をコースのスタート地点に設置し,GNSSアンテナ(GrAnt-G3T,Javad,USA)とAlpha-G3T受信機(Javad,USA)を装備した。

スキーヤーの軌跡と雪面の測地復元
雪面を表現するための地形表面上の静的なdGNSS測定、およびコースを表現するためのゲート位置は、測地学的GNSSソフトウェアJustin(Javad, San Jose, USA)を使用して、後処理手順で計算されました。スキーヤーのアンテナ位置データを算出するために,GPSおよびGLONASS衛星と周波数L1/L2から,測地学ソフトウェア(GrafNav NovAtel Inc., Canada)のKARアルゴリズムを用いて,二重差搬送波位相解を処理した。測地線のアンビギュイティが解消されなかったターンは調査対象から除外した。

コース特性の算出
静止したdGNSSを用いて雪面の形状を測量しました。dGNSSで取得した点群をDelaunay法で三角測量してデジタル地形モデルを作成し、長方形のグリッドでグリッド化しました。地形の局所的な傾斜は,局所的な地形面の法線ベクトルを用いて幾何学的に導出した。曲がり角の平均的な傾斜を表現するために,曲がり角に関連する局所的な傾斜ベクトルを各曲がり角の面積で平均化した.この平均的なターンの傾斜をTerrainINCLINEと名付け、水平に対する角度で表した。

アルペンスキーのコースには、ゲートが設置されており、スキーヤーが通るラインの外側には、ターン用のゲートとゲートが設置されている。コースの設定は、2つのゲートの距離によって特徴づけられる。すなわち、垂直方向のゲートの距離(GateVERTICAL)とゲートのオフセット(GateOFFSET)である。旋回するゲート間のユークリッド距離(線形ゲート距離とも呼ばれる)は、線形ゲート距離がGateVERTICALに線形的に大きく依存し、GateOFFSETには依存しないため、分析には加えなかった。GateVERTICALは、Gilgienらに示されているように、ゲート(i - 1)から(i - 1)と(i + 1)の間のベクトルへのゲート(i)の投影までの距離である。ゲート(i)のGateOFFSETは、ゲート(I - 1)からゲート(i + 1)までのベクトルへのゲート(i)の正規投影として計算した。連続する2つのゲートがディレイターン(2つのゲートでマークされた長いターン)を形成する場合、より大きなGateOFFSETを持つゲートがターンを表すものとして選択された。

210601001

コース設定特性の定義を黒で表示:垂直方向のゲート距離(GateVERTICAL)とゲートオフセット(GateOFFSET)。旋回フェーズは緑で着色されている。赤色:旋回フェーズは2つの偏向点内で、重心旋回半径が75m以下になったところから始まり、重心旋回半径が75mを超えたところで終わる。 旋回開始時の速度(SpeedIN)と旋回終了時の速度を計測する。

スキーヤーメカニクスの計算
競技者のヘルメットに取り付けられたdGNSSアンテナの位置を、二次曲線スプライン関数を用いてフィルタリングしました。質量中心(CoM)の位置をより正確に推定するために,機械的な振り子モデルをアンテナの位置に取り付け,グローバルな位置精度を9±12cmとした。振り子の重心位置のデータから,瞬間的な速度,旋回半径,地面反力とインパルスを時間的に求めた。ターンの開始と終了は,スキーヤーのCoM軌道(水平面に投影)の2つの偏向点間の位相として定義し,CoMのターン半径は75m以下とした。選手がターンに入るときの速度(SpeedIN)は,ゲート通過前にターン半径が75m以下になった時点での瞬間速度と定義した.ゲート通過後、初めて旋回半径が75mを超えた時点での瞬間速度を出口速度とした。旋回中の速度変化(△Speed)は、SpeedINとExit speedの差として計算した。旋回中の最小旋回半径(RadiusMIN)も傷害代用として考慮し,旋回中の最小半径として定義した.最大地面反力(GRFMAX)は、ターン中の瞬間的な地面反力の最大値と定義した24。選手がコース上で周囲に及ぼした努力を測定するために、外力の時間積分としてインパルスを算出した。インパルスは、肉体的努力の持続時間と強度の両方がこの指標に反映されるため、蓄積された疲労の近似値としても機能する可能性がある。疲労の代用としてのインパルスは、ターン時間中の地面反力と空気抵抗(体重単位)の積分として定義され、体重秒(BWs)で表された。

統計解析
全4レースのデータをプールし,192回のターンのデータセットを作成した。コース設定と選手の機械的パラメータの中心傾向とばらつきを明らかにするため,平均値と標準偏差(SD)を算出した。

コース設定とコース設定の調整,およびそれらがスキーヤーの力学に及ぼす影響の関係を明らかにするため,線形混合効果モデルを構築した(192ターン,SAS 9.4 SoftwareのMIXED手順,Raleigh, USA)).雪の状態が数値化されておらず,各レース地で前走者が異なるため,モデルにはランダム変数「スキーヤーID」(3人の異なる選手)と「スキーヤーID*レースID」を入れた。モデルの予測因子として,以下の変数が含まれていました。モデルの予測変数として,「SpeedIN」,「TerrainINCLINE」,「GateOFFSET」,「GateVERTICAL」を用いた.混合モデルは,各結果変数について実行した。混合モデルは、RadiusMIN、∆Speed、GRFMAX、Impulseの各結果変数について実行されました。異なる結果変数間で比較可能な結果を生成するために、モデルの固定効果を2SDで除算して調整した。この中間段階の計算結果は補足資料に掲載されている。結果をこのようにスケーリングすることで、モデルは「ΔSpeedを2標準偏差分変化させるには、GateVERTICALをどれだけ変化させる必要があるか」という意味で解釈することができる。

混合モデルをすべてのターンで再実行し、ターン開始からターン終了までに速度が0.5m/s減少(△速度=-0.5m/s)するために各予測変数(SpeedIN、TerrainINCLINE、GateOFFSET、GateVERTICAL)に必要な調整量を算出した。この予測変数の変更(速度を0.5m/s減少させる)が他の結果変数であるRadiusMIN、GRFMAX、Impulseに与える影響も測定した。

結果
表1は、混合モデルの予測変数と結果変数の中心傾向、変動性、範囲(平均値、SD値、最小値、最大値)の概要を示したもので、競技種目「Super-G」では、GateOFFSETがGateVERTICALや直線的なゲート距離よりもはるかに高い変動性を持つことが明らかになった。

表1 Super-G.の混合モデルにおける予測変数と結果変数の平均値、SD値、最小値と最大値
Super-Gアルペンスキーレースにおけるコースデザインによる怪我の予防
210601002

平均値 SD 最小値 最大値
リニアゲート距離 50.27 8.54 32.03 147.91
ゲートオフセット [m] 13.32 7.45 0.16 38.56
ゲートVERTICAL [m] 47.80 9.09 28.99 145.45
スピードIN [m/s] 24.16 2.55 16.33 30.66
地形インクライン [°] 19.01 5.48 5.44 34.85
∆Speed [m/s] 0.15 1.88 - 5.15 7.17
半径MIN [m] 35.17 15.66 9.94 128.33
GRF MAX [BW] 2.38 0.57 1.03 4.43
インパルス [BWs] 3.24 1.07 0.61 7.29


コース設定,入口速度,地形傾斜の調整が速度低下に及ぼす影響
表2は、コース設定、地形の傾斜、SpeedINの変化が△Speed(旋回時の調整による速度低下)に与える影響を記述した線形混合効果モデルの結果である。すべてのモデル予測因子が速度に有意な影響を与えている。

表2 速度(ΔSpeed)を-0.5m/s減少させるために、各予測子にどのような変化が必要かを示した結果。
210601003

∆速度 [m/s] p値 速度を 0.5m/s 低下させるのに必要な m の絶対的変化 速度を 0.5m/s 低下させるのに必要な % の相対的変化
予測値 ゲートオフセット [m] < 0.0001 6.84 51
予測値 ゲートVERTICAL [m] < 0.0001 - 6.31 - 13
予測値 SpeedIN [m/s] < 0.0001 2.2 9
予測値 地形陰線 [°] < 0.0001 - 3.68 - 19


ターン全体で0.5m/sの速度低下を実現するためには、GateOFFSETを既存のGateOFFSETの51%、つまり平均6.84m増加させる必要がある。同じ速度低下を実現するためには、GateVERTICALを既存のGateVERTICALの13%である-6.31m短縮する必要がある。さらに、コース設定や地形が一定であっても、スキーヤーが2.2m/sまたは9%高い入口速度(SpeedIN)でターンに入ると、「速度の壁」(=ミスを避けるためにスキーヤーが自発的に速度をコントロールすること)の現象により、ターン中に0.5m/sの速度が失われることになります。また、あるコース設定とSpeedINの場合、3.68°急なTerrainINCLINEは、あるTerrainINCLINEでのターンと比較して、ターンを通して0.5m/sの速度を失うことになる。

コース設定の調整が旋回半径、地面反力、インパルスに与える影響
表3のデータによると、GateOFFSETを+6.84m(表2)増加させたことで旋回速度(Speed)が-0.5m/s減少した場合、RadiusMINは-6.57m小さくなり、-19%の減少に相当する。対照的に、GateVERTICALが-6.31m短くなったことで旋回時の速度が-0.5m/s低下すると(表2)、RadiusMINの減少量は大幅に小さくなる(絶対値:-1.40m/割合:-4%)。

表3 コース設定の調整により速度を△0.5m/s下げた場合、RadiusMIN、GRFMAX、インパルスにどのような影響があるかを示した結果。
210601004

RadiusMIN [m] p value Absolute reduction in RadiusMIN in m as a consequence of speed reduction of 0.5 m/s Relative reduction in RadiusMIN in % as a consequence of speed reduction of 0.5 m/s
Predictor GateOFFSET [m]  < 0.0001 − 6.57 − 19
Predictor GateVERTICAL [m] 0.0100 − 1.40 − 4
GRFMAX [BW] p value Absolute reduction in GRFMAX in BW as a consequence of speed reduction of 0.5 m/s Relative reduction in GRFMAX in % as a consequence of speed reduction of 0.5 m/s
Predictor GateOFFSET [m]  < 0.0001 0.13 6
Predictor GateVERTICAL [m] 0.6700 –
Impulse [BWs] p value Absolute reduction in impulse in BWs as a consequence of speed reduction of 0.5 m/s Relative reduction in impulse in % as a consequence of speed reduction of 0.5 m/s
Predictor GateOFFSET [m]  < 0.0001 0.87 27
Predictor GateVERTICAL [m] 0.0100 − 0.07 − 2


さらに,速度を-0.5 m/s下げるためにGateOFFSETを+6.84 m増やすと(表2),GRFMAXは+0.13 BW(つまり+6%)とわずかだが有意に増加する.GateVERTICALを-6.31m短くして速度を-0.5m/sにしてもGRFMAXの増加は見られない。

最後に、GateOFFSETを+6.84m伸ばして速度を-0.5m/sにすると、インパルスは+0.87BW(=+27%)増加する。一方、GateVERTICALを-6.31m短くして速度を-0.5m/sにすると、インパルスは実際には-0.07BW(=-2%)減少する。

考察
この研究の主な発見は,旋回中に速度を-0.5 m/s減少させるためにGateOFFSETを増加させると(+ 6.84 m; + 51%),同時にRadiusMINが減少し(- 19%),Impulseが増加し(+ 27%),GRFMAXが増加する(+ 6%)ということである.GateVERTICALを変更して速度を-0.5m/s下げるには、GateOFFSETに比べてはるかに小さな割合の変更が必要である(-6.31、-13%)。さらに,速度を-0.5 m/s下げるためにGateVERTICALを短くすると,RadiusMIN(-4%)とImpulse(-2%)の減少がはるかに小さくなり,GRFMAXの増加はない。

このように,スーパーGレースでは,コース設定の特性,進入速度,地形の傾斜がスピードに大きく影響し,コース設定を直接変更することで予防が可能であることがわかった。GateOFFSETを大きくしても、GateVERTICALを小さくしても、どちらもスピードの低下につながるが、同じスピード低下(-0.5m/s)でも、GateOFFSET(+51%)の方がGateVERTICAl(-13%)よりも、必要なパーセンテージの変化は約4倍大きく、絶対的な変化は同程度である(表2)。先行研究では、この割合の違いがGSでもあることがわかっていたが、GSでは今回のような4倍の違いではなく、2倍の違いでしかなかった(補足資料の表7参照)。しかし、GSでは、今回の研究のように4倍ではなく、2倍の差しかありませんでした。このSuper-GとGSの大きな違いは、スキーと雪の相互作用に関係していると考えられる。Super-Gでは、GSに比べてターンをより大きく刻むことができ、ピボットやスキッドをあまり使わないと考えられる。これは、ダウンヒルやスラロームでは、カービングに比べてスキッディングの方がスキーと雪の摩擦が大きくなるという知見からも裏付けられています。

スラロームやジャイアント・スラロームにおける先行研究の結果と同様に、入口速度が高いほど、ターン中の速度低下(エネルギー散逸)が大きくなった。この知見は、いわゆる「速度の壁」の存在をさらに裏付けるものであり、スキーヤーがミスをしないためには、コース上の特定のポイントでエネルギーを散逸させる(ブレーキで速度をコントロールする)必要があるという考え。しかし、今回の研究では、この現象をSuper-Gアルペンスキーで初めて説明しました。最後に,地形の傾斜もSuper-Gのスピードコントロールに重要な役割を果たしている。今回の研究では,地形の傾斜が-19%(3.68°)減少すると,速度が0.5m/s減少することが示されたが,これは他の競技での過去の観察結果と一致している.しかし,入場速度と地形は,特定のレース会場のコース設定によって間接的にしか変更できないため,操作可能な予防アプローチというよりは,重要な交絡因子として考えなければならない。


本研究の結果、コース設定者はGateOFFSETを大きくするか、GateVERTICALを小さくすることで速度を制御し、低減できることがわかった。しかし、コース設定者がGateOFFSETとGateVERTICALのどちらを調整して速度を制御するかを決定する際には、速度低下に対する割合の違い(GateVERTICALを減少させる方が大きい)だけが重要な要素ではない。本研究では、速度を0.5m/s下げるためにGateOFFSETを大きくすると、最小回転半径の減少、最大地面反力の増加、インパルスの増加などの弊害が生じることがわかった(表3)。これらの要因は、コース設定の変更がスキーヤーの荷重負荷、バランス、疲労に悪影響を及ぼす欠点としてよく知られているので、GSで先に発見されたように、GateOFFSETを増やすよりもGateVERTICALを短くする方が有利であるという結論は、Super-Gではさらに明らかになりました(補足資料の表7参照)。さらに、GSと同様に、スピード系の種目であるSGとDownhillにおいても、コース設定を調整することによるスピード低下の潜在的な効果(今回の研究)は、スキー用具を改造して得られる効果よりもはるかに高いと思われる。今日まで、ウェアによる空気抵抗の増加がスピード競技のスピードを十分に低下させるかどうかは、科学的に調査されていません。パディングを追加したり、空気抵抗係数の高いレーシングスーツの生地を使用したりすると、空気抵抗が増加し、スピードが低下する可能性があります。また、パディングは衝突時の衝撃吸収を向上させる可能性があります。雪の特性もスピードに大きな影響を与える可能性がありますが、特にコースが長く、雪の特性の発生に環境要因が重要な役割を果たすSGやダウンヒルでは、これらはレース主催者の手に委ねられている部分があります。

スーパーGでは、(1)ダウンヒルに比べて平均速度がわずかに低い(-2m/s)ため、衝撃事故の衝撃エネルギーがダウンヒルに比べてわずかに低いこと、(2)コースが技術的に難しいこと、(3)ダウンヒルのように競技前にスキーヤーがコース上でトレーニングを行わないことなどから、怪我の予防は難しい。具体的には、Super-Gのコースは急勾配で、半径の小さいターンが多く、地形の変化がより頻繁で顕著である。地上反力はダウンヒルよりも高く、競技中の物理的な負荷(インパルス)はダウンヒルよりも13%しかありません。また、スーパーGのコースには平均2.3回のジャンプが含まれており(ダウンヒルは4.2回)、ジャンプの長さはダウンヒルに比べて21%、エアタイムは6%しか短縮されていません。そのため、スーパーGのジャンプはダウンヒルと同様に難易度が高く、テイクオフ時に与えられた回転衝動がダウンヒルとほぼ同じようにバランスを崩した回転を引き起こす可能性があるからだ。

ダウンヒルでは、大会前に選手がコースに慣れるために、少なくとも1回はコースでの公式トレーニングに参加することが安全上の要件となっている。Super-Gでは、選手は競技の数時間前にしかコースを点検する機会がないため、スキー戦略を予測し、パフォーマンスと安全性のバランスを取る必要があります。Super-Gで怪我を防ぐことは、選手だけでなく、主催者やコース設定者にとっても難しいことです。ダウンヒルでは、コース設定が毎年同じように保たれているため、主催者は何年もかけてコースを学び、改善していくことができます。一方、スーパーGのコースは、毎年異なるコーチによって設定され、それに合わせて変化していきます。ゆえに、コースの安全性に最終的な責任を持つコースセッターや国際スキー連盟FISのレースディレクターは、競技前にスーパーGのコースの安全性をテストする機会がありません。そのため、コース設定の経験が重要となります。しかし、WCのコーチがスーパーGのトレーニングコースを設定するのは年間約40回に過ぎないため、これを構築するには何年もかかるかもしれません。ほとんどの場合、競技会よりも簡単で短い斜面で行われます。今回の研究結果は、Super-Gの安全なコース設定と適切なスピードコントロールの方法について、コース設定者の理解を深めるのに役立つと思われます。

この研究結果を解釈する際には、いくつかの制限があります。
まず、GS18を対象とした同様の研究で示されたように、地形の傾斜に応じたサブグループに分けて分析するには、ターン数が十分ではありませんでした。そのため、コース設定の調整が地形の傾斜に応じてどのように変化するかという情報を提供できないという問題があります。第二に、この研究の分析では、連続したターンやコースシーケンス全体の相互作用を見ていないため、ある状況下での実験的なコースセットのテストが必要であると思われる。3つ目は、dGNSSを用いた研究では、コース設定がスキーと雪の相互作用に与える影響を示す直接的なデータが得られませんでした。そのため、なぜスキー-雪の相互作用によって速度が低下するのかについては、推測するしかありません。今後の研究では、コース設定が横滑りに与える影響と、その背景にあるスキー-雪の相互作用をより詳細に調査する必要がある。4つのレースでは、3人の異なる選手が前走者として起用されました。しかし,前走者の影響は混合モデルで補正された。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。

Breezy Johnson Behind The Scenes



"ワールドカップは私のホーム!ここでずっと滑りたかったの!"
オリンピアンのブリージー・ジョンソン選手は、FISが公開した舞台裏映像の中で、このように語っています。

ブリージーはヘルメットに「Like the Wind(風のように)」というモットーを掲げていますが、今シーズンはFISスキーワールドカップで4つの表彰台を獲得し、米国のダウンヒルのスターとなっています。


乗鞍 雪の回廊

南関ブロック ”ジュニア世代のオンラインセミナー”

SAT2105001

SAT2105002


第1回〜4回までをお見逃しの方は、下記からアクセスしてみてください。









いよいよ31日月曜日は湯浅選手がLIVEで登場します!
直接いろんな話が聞ける機会です。


”親世代が受けた指導では、今の子どもは伸びない”

必死にスポーツ指導をする親が、わが子を虐待する“毒親”になってしまうことがある・・・

「僕らは主体性や自主性を大事にした指導をしているが、もっと怒鳴ってでもやらせてという親御さんの意見があったので保護者にも勉強してもらおうと思った。親世代が受けた指導や子育てをそのまま踏襲してしまうと、今の子どもは伸びない。子どもを真ん中に、指導者と親が同じ方向を向いて取り組むのが重要だと思っている」

怒鳴って厳しくすることは昭和で美談だったかもしれないが、令和ではそうではない。不適切な言葉は、心理的な暴力、虐待と受け止めたい。

大事な子どもを成長させるために、保護者は時代の変化を学ぶべき。


トップレーサーも始動しています!





「日本サッカーの課題」に対する3つの施策



サッカーが持つ力を「社会課題」の解決ツールへ

──サッカー日本代表に愛着を持ってもらうために実際にどんな施策を行っているのですか?

眷検Ш鯒の秋に日本代表が海外遠征を行った際にYouTubeチャンネル『JFATV』で『Team Cam』というチームの裏側を撮影した動画を公開し始めました。これはかなり反響がありました。こういった試みを続けていくことで、少しずつ親近感や愛着を持ってもらい、一人でも多くの人に応援してもらえるようにと思っています。

 日本代表の結果が振るわなかった時にはバッシングなどももちろんありますが、それだけ多くの人に関心を持ってもらえていると捉えています。無関心が一番辛いことです。

 接点が少なくなってしまうと当然皆さんの興味は薄れてしまうと思うので、海外でプレーする選手が増えていく中でどう接点を作っていくかをしっかり考えていかなければいけません。

──サッカーにそこまで興味がない人にもサッカーに興味を持ってもらうためのアプローチとしては、どんなことを考えていますか?

高埜:大きく分けて3つあると思っています。 まず1つ目ですが、近年ローカルコミュニティと個人とがつながるプラットフォームはどんどん増えてきています。ここでいうローカルは地理的な意味合いだけでなく、特定の共通項でつながった限られた区域をさします。

 サッカーの統括団体として競技に関わる人、例えば選手・指導者・審判の方々とは登録制度を通じて何らかの形でつながっています。ですが、サッカー日本代表のファンクラブはありません。また、ファン・サポーター、あるいは競技に関わる人の周りにいる人たちお一人おひとりとつながる術が残念ながら現時点ではありませんので、ここを今整えようとしています。

 この体制が整えば、サッカーにより興味、関心を持っていただくための施策をこのプラットフォーム上にいろいろ打っていけると思います。皆さんとつながることで、今どういうことを感じているのか、どういうことに課題を持っているのか、どういうことを期待してくださっているのか、そういうお一人おひとりの思いを深く理解することで、それに対して日本サッカー協会が打ち出せる施策も、より精度が増してくると思います。

──なるほど。

眷検2つ目は、4種(小学生)年代の登録者数を増やすことを大きなテーマとしています。将来の日本サッカー界を支える存在である小学生年代の登録人口がちょっとずつ減っています。これは日本の少子高齢化ももちろん影響していますが、「少子高齢化だからしょうがないよね」と手をこまねいているわけにはいきません。

 日本サッカー協会は、JFA2005年宣言の中にある「JFAの約束2050」という長期目標において、「サッカーを愛する仲間=サッカーファミリーが1,000万人になる」と「FIFAワールドカップを日本で開催し、日本代表チームはその大会で優勝チームになる」という2つの目標を掲げています。

 どちらの目標においても重要な小学生年代の登録人口が減っている問題に対して、指導者など現場にいる人たちだけではなく、プロモーションを担当する部署など、みんなが横断的にどうしたら増やせるかを考えて取り組んでいます。

──3つ目は?

眷検Ш埜紊3つ目は、スポーツが持つ力の大きさを社会課題の解決ツールとして活用する、今まで以上にその可能性を広げていくということです。

「サッカーを見て、プレーして、楽しい」という普遍的な価値に加えて、スポーツが持つ力は人々や社会が抱えている課題を解決する可能性を大いに持っていると感じています。

──具体的にはどういうことですか?

眷検例えばITテクノロジーを持っている企業、あるいは自治体やNPO法人、学校など、もっと外部の団体とお互いの強みを持ち寄って、健康増進、医療費圧縮、地域活性といったスポーツの強みを生かせるテーマに積極的にアプローチしていかなければいけないと思っています。スポーツの魅力の一つはその間口の広さにあります。社会のハブとして、さまざまな団体や企業を繋ぐこともスポーツの使命になっていくと思います。

 今までは行ってきた活動も結果として社会問題の解決につながっていました。それは、皆さんの公益のために活動している公益財団法人として当然のことです。

 これからは社会が抱える課題から逆算して、プロダクトアウトでなくマーケットインの発想で、サッカーを通じて何ができるかということをもっと考えていかなければいけません。皆さんが今まで以上にサッカーという競技をプレーして、見て楽しめる環境を整えながら、社会課題の解決ツールとしての進化にも日本サッカー協会として力を入れていきたいです。

ノルウェーチーム、レンジャー訓練中



⚔️アタックバイキングスは, ハルスタッドの沿岸レンジャーコマンドー @kystjegerkommandoenを訪問しました🇳🇴
訪問の目標は, 独自の経験を通して私たちの文化を発展させることであり, 身体と精神的な課題でした.
チームは多くの困難な仕事を乗り越え, 個人としてもチームとしても多くの精神障壁を動かしてきました💪🏽
🙌🏽この結果, アタックバイキングはチームの結束力を高め, コミュニケーション, フィードバック, デバイスのテクニックを開発しました.
さて, このチームが一緒に成し遂げることに限界はありません🤜🏼🤛🏼
👏🏼ハイパフォーマンスチームとしての専門知識と経験を共有してくれた沿岸レンジャーコマンドーに感謝🎖

今後の活躍を祈っている!🎿🍀


フランスの傑出したリード 2021-22 代表選抜



ワールドカップ優勝チームのアレクシス・ピントゥロー、クレメント・ノエル、マチュー・ファイヴル、ヨハン・クレアリー、テッサ・ウォーリーがトップに立ち、フランススキー協会はオリンピックシーズンの競技チームを指名しました。

昨シーズンGS順位で3位に入ったウォーリーは、フランスチームが技術とスピードの両方の分野で女子チームに追いついています。一方、フランスのトップスラロームスキーヤーの2人、ジャン=バティスト・グランジとジュリアン・リゼローは、フランス協会のスラロームグループの排除を説明するキャリアを終えました。今年はフランス協会から9人の選手が引退し、2021-22シーズンの男性41人と女性29人にチームを開放した。

2021-22年冬のフランスチーム
チーム:ニルス・アレグレ,マチュー・バイレット, ヨハン・クレアリー、マチュー・ファイヴル、ティボー・ファブロ、ブレーズ・ギーゼンダナー、ビクター・マファット=ジャンデット、マクセンス・ムザトン、クレメント・ノエル、アレクシス・ピントゥロー、ブライス・ロジャー、エイドリアン・テオー、クララ・ディレス、コラリー・フラッセ=ソンベット、ローラ・ガウシェ、ティファニー・ゴーティエ、ロマネ・ミラドーリ、ナサレ

Bチーム:ニルス・アルファンド、サム・アルファンド、スティーブン・アミエズ、レオ・アンゲノ、オーガスティン・ビアンキーニ、ケン・カイロ、ヒューゴ・デスグリッペス、ゲラン・ファーヴル、エイドリアン・フレシュケ、バレンティン・ジロー・モイネ、エヴァン・クルフツ、テオ・レティトル、フロリアン・ロリオ、ディエゴ・オレッキオーニ、ロヴァン・パランド、ロイ・ピカール、ニコラ・ラフ パコ・ラサット、シプリアン・サラジン、ビクター・シュラー、ルイ・トゥイール、クラリス・ブレッシュ、カミーユ・セルッティ、マリオン・シェブリエ、アリゼ・ダフォン、アヌーック・エラール、ドリアン・エスケーン、ケンザ・ラチェブ、テア・ランボレー、マリー・ラムレ、ケイトリン・マクファーレーヌ、ティファニー

若い才能: オーギュスト・オーネット、 ビクター・ベシエール、 サシャ・ディミエット・チャンベット、レオ・デュクロス、アルバン・エレジ・カンナフェリーナ、チャールズ・ガンメル・セイニュル、ジェレミー・ラジェ、トーマス・ラードン、ロイス・アブーリー、ルイソン・アカンブレイ、アクセル・シェブリ、キャンディス・デイヴィッド、カプシン・ギヨーム、ラウリン・ルゴン=ムーラン、ギャランス・マイヤー、パオラ・オレッキオン、キナロー

Life in Between Gates

ワールドプロスキーツアーに参加するアスリートたちを紹介するドキュメンタリーシリーズです。各エピソードでは、ツアーの開催地に焦点を当て、スポーツ界のトップ選手の生活を深く掘り下げていきます。視聴者は、レンズを通して彼らの日常生活を垣間見ることができ、その過程で素晴らしいスキーレースを見ることができます。


伊・ロープウェイ事故のその後・・・



イタリアで14人の死者を出したケーブルカーのブレーキを解除した容疑者3名を逮捕

長い尋問の後、彼らは、異常を解決するために緊急ブレーキの1つが意図的に解除されたことを認識していたが、「ケーブルが切断されることはない」と確信していたことを「認めた」のである。
北イタリア・ピエモンテ州のストレーザ-モッタローネ間を走るケーブルカーが転落し、14名の死者と未成年者1名の重傷者を出した事件で、ヴェルバーニアのカラビニエリの州司令部は、3名を拘留所に送りました。

早朝に逮捕された3人は、異常事態を解決するために緊急ブレーキの1つをわざと解除したことを認識していたことを「認めた」という。

逮捕されたのは、モッタローネ鉄道のオーナーであるバベノ(ヴェルバーニア)出身のルイジ・ネリーニ(56歳)、同事業のマネージャーであるエンリコ・ペロッキオ、サービスマネージャーのガブリエレ・タディーニ。これは、ヴェルバーニアのカラビニエリの州司令官、アルベルト・チコニャーニ中佐の報告である。"ブレーキが自発的に作動しなかったのか?そうだ、そうだ、彼らはそれを認めたんだ」と、この警官は『ライ・トレ』に掲載された『ボンジョルノ・レジョネ』のマイクに語った。

"ケーブルカーに不具合があり、メンテナンスを依頼したが、問題は解決しなかったか、部分的にしか解決しなかった。これ以上のサービス停止を避けるために、緊急ブレーキの作動を防ぐ「フォーク」を解除したままにすることを選択した。"

逮捕はヴェルバーニア共和国のオリンピア・ボッシ検事が命じたもので、ローラ・カレラ検事とともに、墜落した機内の分析や取り調べを経て、カラビニエリの捜査をコーディネートしました。火曜日の午後、ストレーザにあるアルマの兵舎に召集された工場の従業員と技術者に対する12時間以上に及ぶ尋問が行われた。

拘束された3人は、複数の故意の殺人、過失災害、作業中の事故防止のための道具の廃棄などの罪に問われている。

最初の検査の時から、ブレーキシステムに手が加えられていたようで、緊急ブレーキの1つのフォークが操作されて無効にされており、それが問題となってケーブルカーが継続的にブロックされていました。徹底した分析の結果、「事故機の機内には、緊急ブレーキシステムが改ざんされていた」ことが判明した。

そのため、先週の日曜日にスチールケーブルが切れたときには、ブレーキシステムが作動しなかった。

モッタローネのケーブルカーでは、断線した牽引ケーブルが「悲劇の引き金」となっていますが、そこには「安全よりもお金を優先した人々の意識的で不穏な行動」があります。

逮捕に至るまでの取り調べで、「数週間前から」ケーブルカーが危険だと警告していた人物がいたことが判明した。しかし、「非常に不可解な」決定は、おそらくウィジェットの長期閉鎖につながるであろうブレーキシステムの適切な修理を避けるために行われました。

"イタリアのメディアは、「実際、5月3日には介入があったが、その後、4月26日の再開以降に行われた他の修正作業の前では目をつぶっている。

しかし、ケーブルが切断されて事故が発生し、死者14名、生存者は5歳のエイタン・ビラン君ただ一人という、すでに知られている結果となってしまった。昏睡状態から目を覚まし、積極的な反応を示し始めていますが、依然として危機的な状況にあります。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。

乗鞍雪渓情報

GSスキーの形状(ラディウス)と膝負傷へのリスクとの関係

210527001


PDF

アグレッシブなスキー行動と見た目の美しさに及ぼすスキー形状の影響:アルペン大回転スキーレースにおける重度の外傷性膝関節損傷のリスクを低減するために設計された装置

概要
背景・目的
アグレッシブなスキーと雪のインタラクションは、力がダイレクトに伝わり、スキーがカービングするとエッジから離れにくいという特徴がある。この行動は、大回転(GS)での重度の膝関節損傷の主な原因であることが示唆されている。今回の研究の目的は、2つの観点から検討することで、GSにおける新しい用具の仕様の基礎を提供することでした。本研究の目的は,傷害予防のためのスキーの攻撃性の低減と,観客に対するスキーレーサーの技術の外見的な魅力の維持という2つの観点から,GSの新しい装備仕様の基礎を提供することである。

方法
理論的考察に基づいて3つのGSスキープロトタイプを定義し,リファレンススキー(Pref)と比較した.プレフと比較して,すべてのプロトタイプは,プロファイル幅を縮小し,スキー長を増加させた.プレフの構造半径(サイドカット半径)は27m以上であったが、プロトタイプではこれを大きくした。30m(P30)、35m(P35)、40m(P40)。ワールドカップレベルのアスリート7名が,3つのプロトタイプとプレフのそれぞれでGSランを行った。スキーと雪の相互作用に関連する運動変数を評価し,スキーのアグレッシブさを定量化した。さらに,13名のアスリートが,アグレッシブさに関する主観的な認識を評価した.また,15人のスポーツ学生が,ビデオ撮影された複数の滑走を評価し,外見的な魅力を評価した。

結果
スキーのアグレッシブさを定量化する運動変数は,P35とP40でPrefとP30に比べて値が減少した。サイドカット半径が大きいほど,主観的に感じられる攻撃性は減少した.外見的な魅力はP40でのみ低下した。

結論
今回の調査では,試作品の傷害予防効果と外見的な魅力について,以下のような評価が得られた。P30:予防効果なし、魅力低下なし、P35:予防効果大、魅力低下大なし、P40:予防効果大、魅力低下大。

本論文は、Creative Commons Attribution Non Commercial (CC BY-NC 4.0) ライセンスに基づいて配布されたオープンアクセス論文です。このライセンスでは、原著論文が適切に引用され、非営利目的で使用されることを条件に、他の人がこの作品を非商業的に配布、リミックス、改作、構築し、その派生作品を異なる条件でライセンスすることが認められています。

はじめに
スキーヤーの安全は、国際スキー連盟(FIS)にとって重要な問題である。2006年からは、FISの指導・支援のもと、「FIS傷害サーベイランスシステム」の中で、競技スキーの傷害予防に関するエビデンスに基づく研究が行われている。van Mechelenらによる一連の予防モデル1 に従って、疫学2〜5および傷害原因の分野で研究プロジェクトが実施されてきた6〜11。
9 ワールドカップアルペンスキーにおけるACL損傷の主なメカニズムは、外側のスキーの内側のエッジが雪面を急激に捉え、外側の膝が内旋および外反するスリップ・キャッチ・メカニズムであることがわかりました10。同じ研究で、ダイナミックな除雪機でも同様の負荷パターンが観察されました。同じ研究では、ダイナミックプラウでも同じような荷重パターンが観察されている。したがって、事故防止のためには、スリップキャッチメカニズムとダイナミックプラウに焦点を当てるべきである10。
ワールドカップ・スキーレース界の専門家関係者の認識では、アグレッシブなスキー挙動が前述の傷害メカニズムの主な要因の1つとされている6,8。アグレッシブなスキー挙動の特徴は、スキーと雪の間の力の伝達が直接的すぎることと、カービングをするとスキーがエッジから離れにくくなる現象である。その結果、バランスを崩したときにアスリートはスキーをコントロールすることができず、セルフステア効果により、スキーの挙動は予測不可能になる。しかし、よりアグレッシブでないスキー(例えば、回転半径が大きいもの)は、理論的にはセルフステア効果の低下と関連しており、コントロールされたスキー(つまり、バランスを崩さない状況)でのパフォーマンスに影響を与える可能性がある14 ,15。
そこで、本研究の目的は、スキーの攻撃性を低減することでGS特有の傷害を予防し、かつスキー技術の外見的な魅力を観客に維持するという目標の達成可能性を検証することで、FISの意思決定者に大回転(GS)の用具仕様変更のための根拠を提供することである。

方法
プロトタイプの定義
最初のステップとして,プロトタイプを決定し,構築し,分析した.研究者、FISレースディレクター、SRS(Ski Racing Suppliers Association)の代表者で構成される専門家グループが、実用的かつ既存の科学的知識を考慮してプロトタイプを定義した。6,15 スキーのセルフステア効果は、主にサイドカット半径とスキーの曲げ特性に依存すると想定された。SRSの建設的・商業的な配慮と、FISによる競技後のルールの適切な実行に関する制限から、一定の制約が生じる。これらの制約を考慮して,表1に示すように,3つの基本的な幾何学的変数(長さ,幅,サイドカット半径)16〜18のみを変更し,実験的にテストした。すべてのプロトタイプは,SRSの指導のもと,事前に定義された幾何学的変数と材料構成を厳密に遵守して製作された.4社(Atomic,Fischer,Head,Rossignol)が試作品をすべて製作した.対応するリファレンス・スキー(Pref)は、この研究の時点で使用されていた競技用機器です。P30、P35、P40のすべての試作品は、Prefと比較して、バインディング下のプロファイル幅(スキー幅)が小さく、スキー長が長くなっている。また,セルフステア効果に関連する主要な変数14であるサイドカット半径を大きくした(表1).サイドカット半径の増加とバインディング下の幅の減少の組み合わせにより,定義上,スキー全体のプロファイル幅がPref.と比較して減少している.

主観的に認識された攻撃的なスキー行動の決定(実験1
13人のエリート男性アルペン選手(ヨーロッパカップおよびワールドカップレベル)がこの研究に参加した。実験に先立ち,プロトタイプに慣れてもらうため,フリースキーとGSのトレーニングを数回実施した.バイオメカニクス実験に参加した後,ビジュアル・アナログ・スケール(VAS)シートに記入してもらい,プロトタイプを使って滑ったときに主観的に感じたPrefに関連する攻撃性を評価した(図1).

スキーの攻撃性は、スキーと雪の相互作用のさまざまな特徴に現れることが知られている。6,8 総合スコアは、攻撃性を直接問うことなく、結果として生じる攻撃的行動の3つの特徴の平均として算出した(3つのVAS値の平均)。総合的な攻撃性スコア」の差の有意性は、一元的反復測定分散分析(ANOVA)で検証した(Pref/P30/P35/P40; p<0.05)。有意な場合には、事後検定を行った(Bonferroni)。さらに,隣接する2つのスキー形状のスコア距離(差)についても,上述の統計的手順を適用した(Pref↔P30/P30↔P35/P35↔P40)。
アグレッシブなスキー行動のバイオメカニクス的定量化(実験2

ワールドカップレベルの男性アスリート7名がこの研究に参加した。選手は,典型的な GS コース(18 歩行,ウォーターインジェクション)において,各スキーで 3 本の滑走を行い,最も速い 2 本の滑走を分析対象とした.分析されたセクションは8つのゲートで構成されており、選手と条件ごとに16回のターンが行われました(合計ターン数=448回)。

図1 機器の攻撃性を評価するVAS(Visual Analogue Scale)。
アグレッシブなスキー行動をバイオメカニクス的に定量化するためのアプローチは,以下の考察に基づいている.具体的には,スキーの前胴部は,雪をせん断して貫通することで雪に溝を作る20,21.これにより、スキーの前胴部で摩擦が発生し、スキーヤーの慣性とともに、スキーとスキーヤーの接点(前足と道具の接触部分)で負荷がかかることになる。リバースキャンバーが深いほど(サイドカットの半径やエッジの角度によって)、セルフステア効果14,15が顕著になるため、スキーはより速く回転し、その結果、用具とスキーヤーの間で力が伝達される部分でより明確な負荷がかかることになる。したがって、アグレッシブなスキーの挙動を定量化するために地面反力を測定することは合理的であると考えられる。

今回の研究では、足とスキーブーツの間の局所的な負荷を定量化するためにプレッシャーインソールを使用した(PEDAR;Novel;100Hz)。圧力値に基づいて、体重(BW)に対する以下の力を計算した(図2)。全接地反力(Ftot),外足の接地反力(Fout),前足(Foutfor)と後足(Foutaft)のFout部分。使用した圧力インソールは,実際の力の値を過小評価することが知られている。22 しかし,ハイレベルなアスリートを対象とした従属的な(つまり,異なるスキー場での)研究デザインでは,運動実行中のアスリートへの障害を最小限に抑え,さらに,力が伝達される領域を描き出すことができるため,適用した方法は適切であると考えられる。ターンの分離はエッジチェンジ時のFtotの機能的最小値に基づいて行われた23。時間正規化されたデータは,以前に報告されたGSの運動データに基づいて4つのフェーズに分けられた:0-23% 開始,23-52% COM Direction Change I,52-82% COM Direction Change II,82-100% 完了。12,24 パラメータの計算と後処理はMATLAB R2012b(MathWorks社)を用いて行った。

図2 上:実験中に左へのターンを行う競技者。この場合、右脚が「Outside Leg」(アウト)、左脚が「Inside Leg」(イン)を表す。下。選択した地面反力パラメータを算出するためのセンサ定義→Total(Ftot)、Outside Leg(Fout)、Foutの前足側の部分(Foutfor)、Foutの後足側の部分(Foutaft)。

各競技者および条件ごとに、平均カーブを算出した。これらの個人の平均曲線に基づいて,ターン経路全体のグループ平均値を算出し,平均曲線±SEとしてグラフ化した。特定のターンフェーズの平均値はmean±SDとして報告され,有意差があるかどうかを検証した(p<0.05)。各ターンフェーズについて、反復測定多変量ANOVA(MANOVA)(従属Ftot/Fout/Foutfor/Foutaft;独立Pref/P30/P35/P40)を計算した。全体的に有意な場合は、ボンフェローニ補正による事後検定を含めて、各変数について一元反復測定ANOVA(Pref/P30/P35/P40)を行った。さらに,隣接する2つのスキー形状の距離(差)についても,事後検定付きのANOVAを適用した(Pref↔P30/P30↔P35/P35↔P40)。

ワールドカップの状況を再現するために,動的dGNSSを用いて1名のスキーヤー(プレフを使用)のスピードを測定し,静的dGNSSを用いてコース設定を特徴づけた25.ゲート距離(±IRQ)の中央値(25.44±0.81m)と水平方向のゲート距離の中央値(7.13±1.16m)は、GSワールドカップの平均的なコース設定(それぞれ26.24±2.25mと7.47±2.93m)よりもわずかに短かった。 26 地形傾斜の中央値(-23.3°±1.9°)は、GS ワールドカップレース(-17.8°±7.0°)に比べてやや急であった。

外見的な魅力の判断(実験3
この研究には、日頃からGSのイベントをテレビで見ているスポーツ学生20名が参加した。バイオメカニクス実験で行われた28本のビデオセット(5ゲートセクション、n=7×(Pref+ P30+P35+P40))を数回に分けて参加者に提示した。セッション1とセッション2では,28本のビデオのスペクトルに関して参加者にプライミングを行った。Session1とSession2では,28個のビデオのスペクトルについてのプライミングを行い,Session3とSession4では,VASを用いてランダム化されたビデオの評価を行った(図3)。セッション3とセッション4では,5分間の休憩が許され,セッション間では15分間の休憩が与えられました。

図3 外見的な魅力を評価するための視覚的アナログスケール(VAS)。
参加者の評価者信頼性を評価するために、Session3とSession4の間で28のVAS値の個人相関を計算した結果、r<0.7の5人の参加者が除外された。残った15名の参加者のVAS値について、最終的に統計的な差異を検証した(Session3)。外見的魅力に関するVAS値の有意性は、ボンフェローニ補正による事後分析を含む二元配置反復測定ANOVA(4(Pref/P30/P35/P40)×7(アスリート);p<0.05)で検証した。

結果
主観的に認識された攻撃的なスキー行動の決定(実験1
ANOVAおよびすべてのペアワイズ比較の結果、総合的な攻撃性スコアに有意な差が見られた(図4)。VASスコアはサイドカット半径が大きいほど減少した(Pref>P30>P35>P40)。また、サイドカット半径の増加に伴い、攻撃性の認知度はほぼ直線的に低下したため、隣接する2つのスキー形状間のスコア距離には有意な差は見られなかった(p>0.175; ηp2=0.272)。
図4 4つのスキー条件(n=13)における攻撃性知覚値の平均±SD。負の値は,Prefに比べて攻撃性スコアが減少したことを表す。横の棒は有意差を示す(*p<0.05,**p<0.01,***p<0.001)。
アグレッシブなスキー行動のバイオメカニクス的定量化(実験2
4つのスキーサンプルの地面反力の時間経過を図5に示す。一般的に,すべての地面反力パラメータはサイドカット半径が大きくなるにつれて減少し,特にゲート通過後の段階で減少した.この観察結果は、特定のターンフェーズに関するMANOVAの結果からも支持される。開始(p<0.225, ηp2=0.201)とCOM Direction Change I(p<0.078, ηp2=0.245)は有意ではないが、COM Direction Change II(p<0.022, ηp2=0.331)と完了(p<0.014, ηp2=0.349)は有意であった。

図5 ターンの1サイクルで発生する地面反力(Ftot、Fout、Foutfor、Foutaft、図2で定義)の平均値の推定値(±SE)周辺の不確かさの領域(n=7):黒から薄い灰色までが次のスキーに対応する。垂直の点線は、特定のターンフェーズを区切っています。
COM の方向転換 II では、次の ANOVA で Ftot、Fout、Foutfore に有意差が見られたが、Foutaft には見られなかった(表 2)。ポストホック比較では、どのパラメータについてもPrefとP30、P35とP40の間に有意差は見られなかった。他のすべてのペアワイズ比較では、Foutforeで最大の差が見られた(-11.2%から-17.2%;表2)。このパラメータでは,隣接する2つのスキージオメトリの距離も有意であった(p<0.028,η=0.831)。Pref↔P30(0.02BW±0.04)はP30↔P35(0.11BW±0.04)に比べて有意に小さく(p<0.042)、P30↔P35はP35↔P40(0.03BW±0.02)に比べて有意に大きく(p<0.048)、Pref↔P30とP35↔P40には有意な差はなかった。

表2 実験したスキー(Pref, P30, P35, P40)のCOM Direction Change IIにおける平均接地反力(Ftot, Fout, Foutfore, Foutaft in N/BW)の記述的および推論的統計量
外観上の魅力の決定(実験3
二元配置のANOVAといくつかのポストホック分析の結果、外見上の魅力に有意な差が見られた(図6)。因子 ski については、Pref、P30、P35 には差が見られなかった。しかし、P40は他のすべてのスキーと比較して有意に魅力がなかった。

図6 4つのスキー条件(n=15)における外部魅力度値の平均±SD。横の棒は有意差を示す(*p<0.05, **p<0.01, ***p<0.001)。

考察
本研究で得られた主な知見は以下の通りである。1)スキーの長さ、幅、サイドカットの半径を少しずつ変化させる(PrefとP30)と、スキーの攻撃性の認識が変化することがわかったが、バイオメカニクス的に定量化された攻撃性の有意な低下は見られなかった。(2) サイドカット半径が大幅に大きくなると(35mと40m)、ゲート通過後の地面反力が減少し、特に外側の足の前足下に作用する力が減少し、スキーの攻撃性の認識が低下した;(3) サイドカット半径が大きくなっても前足下に作用する力は直線的に減少しなかった(P30↔P35>P35↔P40);(4) P40で滑った場合のみ、外見的な魅力が有意に低下した。

アグレッシブなスキー行動の定量化
サイドカット半径は、スキーのターンの仕方を大きく左右するため、スキー形状の中でも最も重要な変数のひとつである。

スキーのエッジを立てて雪面に押し付けると、サイドカットの半径によってスキーがリバースキャンバーの状態になり、スキーが前進しながらターンする。これをスキーのセルフステア効果と呼びます14。怪我のメカニズムという観点からも、この挙動は興味深いものです。言い換えれば、コントロールされたスキーでの「セルフステアリン グ効果」という機能的にポジティブな関連語14 ,15 ,28 ,29 は、アウトオブバランスの場合にはネガティブな関連語となり、「アグレッシブなスキー動作」と呼ばれることになる6 ,8-10 厳密に言えば、本研究はコントロールされたスキーでの様々なスキー形状のセルフステアリン グ効果を調査したものである。したがって、スキーの攻撃性は間接的にしか検討されていない。バランスを崩した状態で攻撃性を評価することは実験的に難しく、また、アスリートを意識的に大怪我のリスクポジションに追い込むことになるため、倫理的にも正当化できないことを述べておかなければならない。
方法の中で機械的な観点から説明したように、Foutforeはセルフステア効果の合理的な尺度であり、したがってアグレッシブなスキー動作の推定値であると思われる。サイドカット半径が大きくなるとFoutforeが減少することは、上述の議論を裏付けている。サイドカット半径が大きいスキーをしている間は、セルフステアリング効果が弱くなり、その結果、スキーの前胴部が雪を貫通したりせん断したりすることが少なくなる。14,15,19-21 このアプローチの利点は、知覚された攻撃性の評価と比較して明らかである。結果は主観的に偏りがなく、使用したスキーの距離の違いも確認された(Pref↔P30P35↔P40)ことから、このパラメータは微妙な違いの評価に敏感であると思われる。
15,27,30 サイドカット半径の小さいスキーの操舵に関連して内脚の荷重が注目されたが、29 操舵の主役はやはり外脚である。内側の脚は主に外側の脚をサポートするために使用され、例えば、結果として生じる力の方向が全身の傾きと一致しない場合に内側に倒れすぎないようにするために使用される。今回の研究では、この現象に関して最大の違いが観察された(FoutとFoutforeで有意)。
興味深いことに、純粋なカービング・ターンを滑るための理論的考察は、COM Direction Change II の段階と最もよく一致しています。この段階では、スキッド角とターン半径が最も小さくなり、カービング量が多くなる21,31。この研究では、この段階で最も顕著な違いが見られ、セルフステア効果、ひいては様々なスキーのアグレッシブさを調べるのに適切なモデルであると思われる。ACL損傷の半分以上はターン中に発生しており、主にフォールラインからのステアリング段階で発生しているため、傷害予防の観点からも、この段階は特に興味深い。

ケガ防止策としてのスキー形状
GSにおける最も極端な水平方向のゲート距離を比較した初期の研究では、コース設定の変更が十分に大きくない限り、アスリートはタイミング戦略を変更することで適応し、部分的に補うことができるため、傷害のリスクはそれほど減らないと結論づけている12。一方、より大きな変更を加えると、通常の技術的解決策の枠を超えてしまい、アスリートはスキー技術を大幅に変更しなければならなくなる。一方、より大幅な変更は、通常の技術的解決策の枠を超え、選手はスキー技術を大幅に変更しなければならなくなります。したがって、魅力を維持しながら傷害リスクを最小限に抑えることは、意思決定者にとっての課題であり、慎重に検討しなければならない。
私たちの知る限り、予防策を導入する前に両方の側面を評価するという戦略はユニークであり、今回の研究でアルペンスキーレースにおいて初めて実施されました。予防の観点からは、サイドカットの半径が35mになると大きな利益が得られる(P30とP35の間で最も高い距離)が、魅力の観点からは、サイドカットの半径が40mの場合にのみ、P35と比較して傷害リスクの中程度の追加的な減少を伴う有意な損失が観察された。この違いは、FISの意思決定者にとって、性能に関する議論と傷害に関する議論のバランスを取る上で重要です。
何十年もの間、FISは国際スキー競技会の運営団体として、傷害予防の観点からレーシングスキーの様々な幾何学的パラメータに制限を設けてきた。しかし、2003年と2007年に仕様が改訂されるなど、継続的な努力がなされてきたにもかかわらず、16,32年の6シーズン(2006年から2012年)連続で、怪我の発生率が驚くほど高いことが報告されています2,3。今回の研究では、疫学、内部危険因子、メカニズムに関する先行研究2-11に基づいたターゲット指向の予防策を、介入の大きさと魅力への影響に関して評価しました。このように、本研究の主な強みは、FISが機器仕様の最新の改正を行う際に考慮した、エビデンスに基づくレベルの実質的な新しいデータを提供したことである18。

結論
本研究では、典型的なGSコースを滑っているときの、さまざまなスキー形状の攻撃性を調査した。バランスを崩した状態での「アグレッシブ」なスキーの挙動は、スキーと雪の相互作用において直接的な力の伝達と関連しており、GSにおける重度の膝の負傷の主なリスク要因であることが知られている。外側の脚の前足部にかかる地面反力は、スキーの攻撃性を定量化するための革新的で合理的な手段であると思われる。選手の知覚を評価するのに比べて、前述の尺度はより繊細で、主観的なバイアスがない。
さらに、この研究から得られたデータは、スキーの自己力学的効果(バランスを崩した状況での攻撃的なスキーの挙動)を減少させることによる傷害予防の潜在的な利益と、観客にとっての魅力の喪失の始まりは、異なるレベルの介入で発生することを示している。その結果、FISの意思決定者に対して、この調査は3つの証拠に基づく議論を提案した。(1) P30: 予防的利益なし、魅力の損失なし、(2) P35: かなりの予防的利益、魅力の大幅な損失なし、(3) P40: 最高の予防的利益、魅力の大幅な損失。

新たな知見とは
・アルペンスキーにおいて、予防策を導入する前に、外部からの魅力と組み合わせて予防効果を評価した初めての研究である。
・障害予防のためのアプローチで、種目別に、障害特有のリスク要因に対応している。

今後、臨床現場にどのような影響を与える可能性がありますか?
・スキーのアグレッシブさの低下は、主観的な偏りがなく、主観的な評価に基づくよりも高い解像度で、外足の前足下の地面反力を計算することで定量化できる。
・スキーの長さやサイドカットの半径を適度に調整しても、特定のリスク要因に影響はありませんが、サイドカットの半径をより顕著に大きくすることで、プラスの効果が得られます。
・怪我の予防につながる可能性と、魅力の低下が始まる可能性は、それぞれ異なるレベルの介入で生じるものであり、FISの競技規則を適切に改訂するためには、このことを知ることが重要である。

”日本のスキージャンプ界を変えたい” プロスキージャンパー 竹内択の想い





10年ごとに変わる「平年値」、そこから見えてきた温暖化の実態

やっぱり大事、”骨盤が起きた姿勢”

■骨盤を起こす、立たせることが重要
「骨盤が起きると、スピードがアップします。スキーやスノーボードをイメージしてもらえればわかりやすいのですが、雪山の斜面に対して骨盤が起きた状態で立つと、意識しなくても加速していきますよね。それと同じ理屈だと考えています」

そんな骨盤が立つ感覚を子どもたちに意識させるために最近導入したトレーニングツールが「フレックスクッション」。多くのJリーグクラブや、育成型指導で注目される興國高校サッカー部でも導入されているストレッチ専用クッションだ。

「フレックスクッションに乗ると、骨盤が立つ感覚がつかめます。骨盤の立たせ方を言葉で伝えるのは難しいですが、これに乗ったらわかる、この感覚やから、乗れば前傾姿勢が取れるよねと、体感することができます」

フレックスクッションを使った子どもたちは「体が固い方やねんけど、めっちゃ伸びる」「体が軽く感じる」「シュートの伸びが良くなった」「いつもと違うストレッチの感覚が味わえた」と感想を口にする。

フレックスクッションを使って股関節の可動域をしっかりと広げる

「フレックスクッションに乗ると、前傾姿勢がとりやすく、股関節周りや足のもも裏(ハムストリングス)、内側が張るのがわかるんです。そこが張っているということは、その筋肉が固いということ。柔軟性だけでなく、体幹も含めてアプローチできるのはいいですよね」

フレックスクッションはプロも多数取り入れているが、「(クッションに)乗ればわかるので、アスリートはすぐに、これは効果的やなと感じると思います。だから、たくさんのチームが取り入れているのではないでしょうか」と話す。





イタリアでロープウェイが斜面に落下



日曜日の朝、イタリア北部のマッジョーレ湖近くのストレサとモッタロンの頂上を結ぶロープウェイが落下、約14人が死亡した。

カプセルは正午(BSTの午前11時)にモッタロン山の頂上付近に落ちたと、イタリアの山岳救助サービスが言いました。

近くの町ストレーザのマルセラ・セヴェリーノ市長は、ケーブルが壊れたようで、パイロンにぶつかって地面に急落するまで車を送り込み、「木にぶつかる前に2、3回」を覆したと語った。

カプセルは約50フィート(15m)落ちたと考えられています。死亡した人々の何人かは小屋から投げ出された、と市長は言った。

「それはひどい、ひどいシーンでした」と、セヴェリーノさんはSkyTG24に話しました。

医師が航空救急車で病院に運ばれた2人の子供のうちの1人の心臓部を再開できなかったとき、死者の数は増加した。

トリノのレジーナ・マルゲリータ病院のスポークスマン、ピエール・パオロ・ベラは「これ以上できることは何もなかった」と語った。

ゴンドラが落下した地点は、海抜およそ1500メートルの山頂駅に到着する手前で、何らかの理由でロープが切れたとみられている。





210523001

第77回国民体育大会冬季大会スキー競技会

Facebook
会場:花輪スキー場
日程:2022年2月17日(木)〜20日(日)


ALGE
livedoor プロフィール

C.A

Archives
QRコード
QRコード
記事検索
ガソリン価格情報

gogo.gs
tozan