2020年、私たちは「ジェネレーションZ」シリーズを開始しました。このシリーズでは、過去のシーズンですでに大きな結果を残した、最も才能のある若いスキーヤーに焦点を当てました。今年もこのシリーズを継続し、トップレベルの成績を収めた新たな才能あるアスリートや、今後数年間のワールドカップで見られるであろうアスリートを紹介します。

キャシディ・グレイ(カナダ)
カナダ出身のキャシディ・グレイは、昨シーズン、初めてのワールドカップで2次予選を通過し、大舞台でその名を轟かせました。また、イタリアのコルチナ・ダンペッツォで開催された2021年FIS世界スキー選手権にも出場し、ジャイアント・スラロームで23位となりました。伝説のリンゼイ・ボンを目指しているキャシディは、彼女の足跡をたどることができるだろうか。




ルーカス・フォイヤースタイン(AUT)
2001年生まれのオーストリア人スキーヤー、ルーカス・フォイアスタインは、昨年のジャイアント・スラロームで「FISジュニア世界チャンピオン」の称号を手にし、これまでで最も大きな成果を収めた。また、ブルガリアのバンスコで開催された2021年FISジュニア世界選手権では、スーパーG種目で2位となりました。昨年、スイスのレンツァーハイデで開催されたGSワールドカップの初戦で19位に終わったルーカスの夢は、クリスタルグローブを獲得することですが、果たして達成できるでしょうか?




ハンナ・アロンソン・エルフマン(SWE)
ハンナは、2021年のジュニア世界選手権のジャイアント・スラロームで金メダルを獲得し、スーパーGでは4位を確保しました。また、2020年の冬季ユースオリンピックにも出場し、スラローム、ジャイアント・スラローム、チーム・パラレルのスウェーデン代表として活躍しました。彼女の夢は、オリンピックの金メダリストであり、ハンナのインスピレーションの源でもあるフリーダ・ハンスドッターの足跡をたどり、オリンピックでメダルを獲得することです。




フィリッポ・デラ・ヴィーテ(イタリア)
2021年のワールドカップでデビューしたフィリッポは、ブルガリアのバンスコで開催されたワールドカップのジャイアントスラロームで16位に入賞しました。その後、イタリア国内選手権でスラロームとジャイアントスラロームの両方で優勝しました。彼の夢はジャイアント・スラロームのクリスタル・グローブを獲得することであり、それに向けて正しい道を歩んでいるように見えます。




まだまだ、これからも素晴らしいスキーヤーを紹介していきますので、お楽しみに