クラブアルペン情報局

選手への必要な情報を発信していきます。

2020年12月

ここにヒントが・・・2021年にいい事がありますように!

先日のW杯セメリングでのブルホバの滑りのワンシーンです。
自身への滑りの感覚で、何かヒントになる動きが10コマに集約されてます。

11

12

13

14

15

16

17

18

19

20


年が明けると地区予選が始まりますね。
やるのか! やらないのか?・・・
悔いのない1本を滑り切ってほしいですね。
ゴールした時に「楽しかった!」と思える滑りをぜひ実現してくださいね。

よいお年を!

”サービスマンへの感謝の気持ち”

彼らは地下室やガレージで数え切れないほどの時間を過ごし, 最も速い資料を作成しようとしている
サービスマンの皆さん, あなたの仕事をありがとう! 💪🏻🙌🏻👍🏻





シフリン/ヴロホワ・スラローム連勝は28勝で終了



NBC OlympicTalkさんの投稿 2020年12月29日火曜日


約4年ぶりに、ミカエラ・シフリンとペトラ・ヴルホワ以外の女性がワールドカップのスラロームで優勝した。

オーストリアのゼンメリングという同じ会場でのワールドカップデビューから8年、キャリア144回目のスタートで初のワールドカップ優勝を果たしたのは、2018年のオリンピック複合チャンピオンであるスイス人のミシェル・ジシンだった。

27歳のジシンは、1本目からシフリンのリードを0.02で消し去り、オーストリアのカタリーナ・リエンスベルガーに0.11の差をつけて勝利した。

シフリンは0.57秒差の3位に終わり、2011年の16歳の時以来、初めてワールドカップスラロームでの勝利がない暦年を終えた。スロバキアのヴロホワは、昨シーズンまでの5回のスラロームで優勝しており、4位だった。全結果はこちら。

シフリンとヴロホバは、2017年1月までの28回のワールドカップスラロームで優勝しています。

"巨人2人の信じられないような滑りを壊してしまった "と、キャリア10回目の表彰台で初優勝を果たしたジシンは、コーチが設定した2本目のコースを滑った。"完璧な一日だった"

シフリンが最後にスラロームで優勝したのはちょうど1年前で、それは彼女がオープニングランの後にスラロームをリードした最後の時間でもあった。

"酸っぱくなくて 悪い日ではなかった」と、シフリンはワールドカップで99回目の表彰台(うち67回が優勝)を獲得した。"私の方が速い、あるいは安定したスキーを持っていることはわかっているけど、それはプロセスだし、一歩一歩進んでいる "とシフリンは語った。

シフリンはキャリアの中で最も困難な1年を終えた。この6週間で、彼女は2月2日に父親のジェフが亡くなって以来、300日ぶりにレースに復帰し、5つのレースで1位、2位、3位、4位、5位を獲得した。

感動的な勝利は、12月14日にフランスのクールシュベルで行われたジャイアント・スラロームでのものでした。

"多くの人が『クールシュベルで勝ったから、完全に戻ってきて、普通の生活に戻ったように感じていると思うけど、私はそうは思わない。"つまり、普通というものは存在しないような気がするの。私はクールシュベルでは『戻ってくる』ということが好きではなかったの。それは常にプロセスなんだ。私のキャリアはずっと長いプロセスだったし、レースに勝ったからといってそれは変わっていない」と語っています。

女子の次のレースはクロアチアのザグレブで、日曜日のスラロームで行われます(午前9時30分(東部標準時)、オリンピックチャンネルとピーコックプレミアム)。

"私はこれらのものがどのように感じるかを覚えようとしている "とシフリンは言った、彼女は彼女の人生のために彼女の 2 番目の実行で強度をもたらすしようと戦っていたことを指摘します。"それは来ている。本当に良い方向に向かっていると思います"

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。

W杯男子ダウンヒル ボルミオ






W杯男子ダウンヒル ボルミオ



Precis sur les lignes et tres engages, Matthieu Bailet et Johan Clarey terminent 8e et 9e de la Descente de Bormio...

Equipe de France de Ski Alpinさんの投稿 2020年12月30日水曜日




🇳🇴2020 is over ⛷💨

Bormio was the last race of the year for the Attacking Vikings. We are back January 3rd, where the...

Alpinlandslagetさんの投稿 2020年12月30日水曜日




Amo praticare il mio sport e mi diverto nel fare le gare, a volte va bene😍 altre volte meno🤷‍♂️ (del resto botte e...

Christof Innerhoferさんの投稿 2020年12月30日水曜日




Happy to end 2020 healthy and with a personal best in Downhill #12th 😇
#CongratsUrs #AllTheBestToTheGuysWhoCrashed #2020WasntThatBad #HappyNewYear #StaySafe

Marco Odermattさんの投稿 2020年12月30日水曜日

W杯男子ダウンヒル ボルミオ










W杯男子ダウンヒル ボルミオ

201230DH




💥 S I E G 💥 Der Bann ist gebrochen! 🙌🏻 Matthias Mayer gewinnt den Abfahrts-Krimi auf der Stelvio hauchdunn vor Vincent Kriechmayr . 💪🏻 🚀

#teamAUT #WirsindWinter

Olympic Team Austriaさんの投稿 2020年12月30日水曜日




Matthias Mayer leads the Downhill in Bormio with 0.04 sec ahead of teammate Vincent Kriechmayr! Many more to come but keep fingers crossed.

Photos: GEPA-pictures.com

Rebels Clubさんの投稿 2020年12月30日水曜日



In der 3. Weltcup-Abfahrt der Saison schafft es Urs Kryenbuhl zum 2. Mal aufs Podest. Der Schwyzer wird in #Bormio...

Swiss Alpine Ski Teamさんの投稿 2020年12月30日水曜日




Watching and analyzing! 👀 Baumann Romed und Aleksander Aamodt Kilde, Gesamtweltcup-Sieger der letzten Saison, haben die...

DSV Alpinさんの投稿 2020年12月30日水曜日




Points collected! ✅ Alle deutschen Herren sammeln in Bormio Weltcup-Punkte. Baumann Romed fahrt als bester Deutscher...

DSV Alpinさんの投稿 2020年12月30日水曜日




Wow!!! Vilken insats av Felix Monsen💪💪 Han trivs onekligen i det raa Bormio nar han med nummer 44 gor karriarens nast...

Ski Team Sweden Alpineさんの投稿 2020年12月30日水曜日

W杯男子ダウンヒル ボルミオ



Best start to the day?
At 11.30 CET the legendary Downhill on 'La Stelvio' will go down in Bormio! 🇮🇹
And the sky is blue.. 🙃
#fisalpine
@bormio_fis_ski_world_cup

FIS Alpine World Cup Tourさんの投稿 2020年12月29日火曜日

W杯男子スーパーG ボルミオ



ICYMI:
Land Rover U.S. Alpine Ski Team athlete Ryan Cochran-Siegle's nearly eight-tenths margin of victory is the...

U.S. Ski & Snowboard Teamさんの投稿 2020年12月29日火曜日


ライアン・コクラン=シーグルゴールデン@ボルミオスーパーG

火曜日、イタリアのボルミオで開催されたFISスキー・アルペンスキーワールドカップで、ランドローバー米国アルペンスキーチームのライアン・コクラン=シーグル選手が、2006年12月のボード・ミラー選手以来、14年ぶりにFISスキー・アルペンスキーワールドカップスーパーGを制したアメリカ人男子選手となり、14年の干ばつに終止符を打ちました。

1972年のオリンピックスラロームチャンピオン、バーバラ・アン・コクランの息子であるライアン・コクラン・シーグルは、着実にトップへの道を歩んできた。彼はオーストリアのシュラドミングで開催された2013年の世界選手権で、アルパイン複合の下りの第3ゲートでのクラッシュで左膝を負傷した。同じ世界選手権では、チームメイトであり2度のオリンピックチャンピオンでもあるテッド・リゲティがスーパーGで優勝しています。何度も手術を受け、何千時間もジムに通っているライアンは、アメリカのアルペンスキーチームの中でも最も集中力が高く、指導力のある選手の一人です。2012年には、イタリアで開催された世界ジュニア選手権でダブル金メダルを獲得しました。

ライアンのコンマ8分の1近い勝率は、2016年の韓国でのオリンピックテスト種目でのスイスのカルロ・ヤンカ以来の男子ワールドカップスーパーGでの最大の勝率だ。この差について聞かれると、ライアンは謙虚に、そして彼の特徴である控えめな態度で、「良い滑りができた。良いアプローチをして、多くのセクションでスピードを持って滑ることができました。そこから得たスピードはフィニッシュまで持ちこたえ、そのギャップを保っていた」。

ライアンは、アメリカのスキーチーム、コロ州カッパーマウンテンのU.S. Ski Team Speed Center、そしてサポートしてくれた軍人やチームメイトを称賛した。"技術的にはかなり優れているのですが、滑ることはいつも苦手でした」と彼は振り返る。"ここ数年はスピードチームと一緒に滑っていて、カッパーと南米の両方で少しずつスピードを上げてきました。チームとサービスマンのグレゴール、そしてここまで来れたのはチームの努力の賜物だから、みんなに感謝しなければならない。

2006年のボーデ以来、アメリカ人男性として初めてワールドカップのスーパーGで優勝したことについて聞かれたライアンは、「トリッキーなイベントで、それを実現するためには、レース当日までに多くのことがうまくいかなければなりませんが、それはかなり壮大なものです」と答えました。インタビュアーは、ライアンが母親と同じようになったことに言及し、「彼女はワールドカップで4回優勝していたと思う...他にもたくさんのメダルを持っていたが、そうだね...かなり壮観だよ」と答えた。

トラビス・ガノングはスーパーGでも15位以内に入る成績を収め、ブライス・ベネット、ジャレッド・ゴールドバーグ、エリック・アーヴィッドソンもランドローバー米国アルペンスキーチームのために火曜日のスーパーGでスタートし、それぞれ37位、41位、45位という結果に終わった。今シーズンの米国アルペンスキーチームは、これまでに5人の選手が8回の表彰台を獲得しており、久しぶりに最強のスタートを切った。

次は水曜日のダウンヒルです。ライアン、トラヴィス、ブライス、ジャレッド、サム・モースは、ランドローバー米国アルペンスキーチームからスタートし、ライアンとジャレッドはダウンヒルのトレーニングランで好成績を収めました。両レースはピーコックでライブ配信される。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。




A good race for me and a great one for the team! 5 friends in the top 13 🤩
#9th #SG #DownhillNext #CongratsGuys #SimpleClear #BuiltForPerfection #DoppelmayrGaraventa

Marco Odermattさんの投稿 2020年12月29日火曜日




Meilleur tricolore, Alexis Pinturault se classe 12e du Super G de Bormio (ITA) et maintient actuellement sa 1ere place...

Equipe de France de Ski Alpinさんの投稿 2020年12月29日火曜日




4th and that well known wooden spoon today. Congrats @adriansejersted for another podium, again well deserved! And not...

Aleksander Aamodt Kildeさんの投稿 2020年12月29日火曜日

続きを読む

W杯女子SL セメリング



Mission accomplished!
Michelle Gisin won her first-ever World Cup race in front of Liensberger Katharina and Mikaela Shiffrin 🤩🤩🤩🤩
Congrats Michelle!!!
#fisalpine

FIS Alpine World Cup Tourさんの投稿 2020年12月29日火曜日




WOW! Michelle Gisin gewinnt den Slalom in Semmering und holt damit ihren ersten Weltcupsieg!
🥳🏆🥳
Gisin ist die erste...

SRF Sportさんの投稿 2020年12月29日火曜日




ICYMI:
It was a banner day to finish out 2020 with Mikaela Shiffrin taking third place in the FIS Alpine World Cup Tour...

U.S. Ski & Snowboard Teamさんの投稿 2020年12月29日火曜日


シフリンがセメリングで表彰台、オブライエンがキャリア最高のトップ10入り

オーストリアのゼンメリングで開催されたFISアルペンワールドカップスラロームでミカエラ・シフリンが3位に入り、ニーナ・オブライエンがキャリア初のトップ10入りを果たした9位で2020年を締めくくる好日となった。

ライトの下では、スイスのミシェル・ジシンが2本目で見事にワールドカップ初優勝を果たし、ミカエラ、ペトラ・ヴルホワ以外で28レースでワールドカップスラロームを制した初の女性選手となった。他の誰かがスラロームで最後に優勝したのは、2017年1月にフラッハウで行われたフリーダ・ハンスドッターでした。それ以来、ミカエラは19回のスラロームを制し、ペトラは9回のスラロームを制しています。ゼンメリングではオーストリアのカタリーナ・リンスベルガーが2位に入賞した。

ミカエラは1本目をわずか0.02秒差でリードしましたが、2本目はエッジの効いた2本目でタイムをロスしてしまいました。しかし、いくつかのボブルがあったにもかかわらず、彼女は表彰台を獲得し、今後のレースに向けて、1本目でリードしているときのアプローチを調整することができました。"スタート地点に立って、『今夜このコースを滑ったのは私が最後の一人』と考えるのがどんな気持ちなのか、少し忘れてしまった。"とミカエラは言った。レースで勝てなかったとしても、今日この位置にいて、その感覚を学び直さなければならないのは良いことだと思う」とミカエラは語った。2本目は本当にプッシュしていたし、それをうまく処理できなかった。いくつかミスをしてしまったが、コースアウトしていた可能性もあった。コース内に留まるために戦っていたし、自分のスキーでタフになろうとしていた。優勝とまではいかないまでも、本当に大きな一歩だと感じています。"

過去46回のスラロームレースで、ミカエラは43回も表彰台に上がっている。しかし彼女は、女性のスキーの方がどんどん速くなっていることを認めており、競争力を維持するためには、まだ毎日マインドセットを鍛えなければならない。"私が16歳か17歳の時、それが起きて、『ああ、これでいいんだ!』と思ったの。とミカエラは言った。"とミカエラは言いました。今はすべてが少しずつ変わってきている。今までとは違う考え方を見つけなければならない。戻ろうとしないようにしないと、本当に前には進めないわ」とミカエラは語った。

ランドローバー米国アルペンスキーチームのニーナ・オブライエンは、ワールドカップサーキットで初のトップ10入りを果たし、キャリア最高の9位となった。スラロームでは23位という過去最高の成績を残していたニーナは、数分後にはリーダーの椅子に座ることもあり、次から次へと選手を打ち負かしていった。トップ10入りを果たしたニーナを見て恍惚としていたマスクをしたチームメイトたちから大きなハグを受けてこの日を締めくくった。面白い事実:2人のアメリカ人女性がトップ10に入ったのは、2016年にスイスのクラン・モンタナで行われたスラロームで、ミカエラが優勝し、レジ・スティグラーが8位だった時のことです。

デンバー大学のスキーヤー、ケイティ・ヘンシエンは初のワールドカップ2本目の出場資格を得たが、ハイクをしなければならなかった。彼女は27位に終わった。ケイティのコーチを務める5度のオリンピック選手であり、アメリカスキーチームの卒業生でもあるケイシー・パケットは、彼女が2本目を滑ったら髪を切らせてあげると約束した。このイベントの様子は、ソーシャルメディアでも紹介されていますので、ぜひチェックしてみてください。

キーリー・キャッシュマン、レジ・スティグラー、ライラ・ラパンヤ、ポーラ・モルツァン(速くてしっかりしたスキーをしていたが、1本目はハイクしてしまった)は2本目の出場資格を得られなかった。

ゼンメリングは2020年から2021年へと年が変わる前の最後の女子レースだったが、ミカエラは一夜にして状況が変わるわけではないが、将来に向けて楽観的だと語った。"私の願いはシンプルです。私の願いは単純で、物事が元に戻り、私の愛する人たちが幸せで健康であることを願うことです。"私は、人々が本当に特別な新年のお祝いをして、もしかしたら新しい年には、より良い運やより良い時間をもたらしてくれるかもしれないという希望を見つけて、困難な時を過ごした人に癒しを与えてくれることを願っています"

次のステップとして、技術女子は1月3日にザグレブで行われるナイトスラロームでスノークイーン・トロフィーを競う前に短い休みがある。





What an exciting race 💥 @mikaelashiffrin with a 3rd place 👏 Congrats! #weareskiing #sheskis #redster

Joe Libraさんの投稿 2020年12月29日火曜日




Best result of the season! 💪 Lena Durr gelingt im Slalom von Semmering ein guter 13. Platz. Der nachste Angriff auf die Top 10 wird schon am Wochenende in Zagreb gestartet! 🔜🎿 #SkiDeutschland

DSV Alpinさんの投稿 2020年12月29日火曜日

続きを読む

W杯女子SL セメリング

201229SL001




After 28 races won by the Shiffrin-Vlhova duo, Michelle Gisin came to break the supremacy and took her first World Cup victory! What a historical race for this Swiss Star!
#fisalpine

FIS Alpine World Cup Tourさんの投稿 2020年12月29日火曜日




Mikaela Shiffrin leads a tight first run by just two hundredths over Michelle Gisin and 0.32 over Liensberger Katharina...

FIS Alpine World Cup Tourさんの投稿 2020年12月29日火曜日




セメリング(オーストリア)で行なわれたワールドカップ女子スラローム第3戦。1本目を30位ギリギリでクオリファイした安藤麻は、2本目5位(+0.64)のタイムをマークして、トータル15位(+3.36)。自己最高位を3つ更新し、ワールドカップポ...

スキーウェブマガジン「Replay Ski Racing」さんの投稿 2020年12月29日火曜日




Wie fantastisch ist das denn?!! JAAAAA!! Michelle Gisin gewinnt den Slalom von Semmering und feiert damit ihren ersten...

Swiss Alpine Ski Teamさんの投稿 2020年12月29日火曜日




Liensberger Katharina lies es erneut 💥. Der Ruckstand auf Platz eins wird immer weniger! ✌🏻⛷️

#teamAUT

Olympic Team Austriaさんの投稿 2020年12月29日火曜日




💪🏽Sterke norske plasseringer🇳🇴

Kristin Lysdahl ble beste norske i tirsdagens verdenscuprenn i slalam i osterrikske...

Alpinlandslagetさんの投稿 2020年12月29日火曜日

W杯女子SL セメリング



The wind has finally calmed down and lets us race! It's slalom time here in @zauberberg_semmering with the following starting times: 15.15/18.30 CET❗️
#fisalpine

FIS Alpine World Cup Tourさんの投稿 2020年12月29日火曜日

W杯男子スーパーG ボルミオ









▶Platz 2 fur Vincent Kriechmayr◀

Vincent Kriechmayr wurde im Super-G von Bormio beim Premierensieg des US-Amerikaners...

Ski Austria Alpinさんの投稿 2020年12月29日火曜日

W杯男子スーパーG ボルミオ







@rc.s on fire 🔥 in Bormio with his first World Cup victory!

🥈@vincent__kriechmayr
🥉 @adriansejersted

#fisalpine
@bormio_fis_ski_world_cup

FIS Alpine World Cup Tourさんの投稿 2020年12月29日火曜日

W杯男子スーパーG ボルミオ

201229SG001




O - M - G‼
The last time an American male won a super-G was Ted Ligety at World Champs in Schladming, Austria...but the...

U.S. Ski & Snowboard Teamさんの投稿 2020年12月29日火曜日


O - M - G‼.
アメリカ人男性が最後にスーパーGを獲得したのはテッド・リゲティ
オーストリアのシュラドミングで開催された世界選手権では、アメリカ人男性がFISアルペンワールドカップツアーで優勝したのは前回のことです。
super-Gは2006年12月20日、オーストリアのヒンターシュターダーでのボード・ミラーだった。
さて、皆さん、ライアン・コクラン=シーグル
ボルミオで開催されたFISアルペンスキーワールドカップで、彼はキャリア初のワールドカップ優勝を果たした。.🥇 👑 🥇




Mit Platz zwei holt Vincent Kriechmayr im Super-G von Bormio sein erstes Saisonpodest! 🙌🏻💯⛷

#teamAUT

Olympic Team Austriaさんの投稿 2020年12月29日火曜日




Top results! 👏 Als bester Deutscher fahrt Baumann Romed auf Rang 7️⃣. Simon Jocher erreicht sein bestes Weltcup-Ergebnis...

DSV Alpinさんの投稿 2020年12月29日火曜日




Starke Schweizer 🇨🇭 Teamleistung mit funf Fahrern in den Top 15 beim Super-G von Bormio: Mauro Caviezel verteidigte mit...

Swiss Alpine Ski Teamさんの投稿 2020年12月29日火曜日


W杯男子スーパーG ボルミオ



Our team! 🎿🙌 Unsere Starter fur den Super-G: Andreas Sander - Offizielle Seite (3) | Josef „Pepi“ Ferstl (21) | Baumann...

DSV Alpinさんの投稿 2020年12月29日火曜日




Bormio, we are ready! 💪 🇮🇹 Wir freuen uns auf spannende Wettkampfe! 😇#SkiDeutschland

DSV Alpinさんの投稿 2020年12月29日火曜日




Besichtigung lauft... Um 11:30 Uhr gehts los! 🎿Druckt mir die Daumen! 🍀#readytorace 💪🏻#bormio
#fischerracefamily #silberpfeilenergydrink #raiffeisen #bib14

Max Franzさんの投稿 2020年12月29日火曜日

W杯男子スーパーG ボルミオ



👀 looks like it was worth the wait!
'La Stelvio' is looking neat and at 11.30 CET we go with the Super G!
@bormio_fis_ski_world_cup
#fisalpine

FIS Alpine World Cup Tourさんの投稿 2020年12月28日月曜日






Dietro le quinte di una gara di Coppa del Mondo ci sono persone e personaggi che effettuano un lavoro essenziale per la...

FISI - Federazione Italiana Sport Invernaliさんの投稿 2020年12月29日火曜日


ワールドカップレースの舞台裏には、イベントの成功に欠かせない仕事をしている人たちがいます。彼らは、特に雪の日には、夕方から夜にかけてもシフト制で数時間懸命に働き、レースの円滑な運営を可能にしているショベル係とスムーサー係です。12月初旬にサンタ・カテリーナ・ヴァルフルヴァで行われたこの大会では、ピステディレクターのオマール・ガリとティノ・ピエトロジョヴァンナに率いられたボランティアたちが、徹夜でデボラ・コンパニョーニのピステに降り積もった大量の雪を取り除き、2人の男子ワールドカップ・ジャイアンツの第1回大会を素晴らしいコンディションのコースで開催することができました。そして、昨日の夜と朝の間にも、スムーサーやシャベルの軍団が「重く」ステージに登場し、夜の降雪の後、ステルヴィオの上演を可能にしようとしました。しかし、今回は朝になっても雪が大量に降り積もり、コース外の杭が重要になってきて、視界は決して良くなかった。その結果、FISはスーパーGを今朝に、ダウンヒルを明日の朝に延期することを余儀なくされた。

昨日の午後、アルタ・ヴァルテリーナの各協会に所属するショベル、スムーサー、グルーマーなど約200人のボランティアがゲレンデにいましたが、大雪のため、ネットを解体し、ゲレンデ全体を清掃した後、ネットAとBを組み立て直し、3250メートルのコースに沿ってステルヴィオ全体を安全な状態にしました。最高レベルのW杯レースを走れるようになるために必要不可欠な、素晴らしい仕事。"ステルビオに降った雪を取り除き、2つのレースに備えてゲレンデの準備をしてくれたボランティアの皆さん、本当にありがとうございました」とオマル・ガリの言葉を思い出した。昨日もゲレンデの雪の大部分を取り除くために大々的にステージに立ってくれた猫のドライバーたちと、SIB(Societa Impianti Bormio)に特別な感謝の意を表したい」と語った。

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。




第23回ぬかびら源泉郷GS大会 NJR第2戦

【男子】
201229GS001


【女子】

201229GS002

SEIKO SPORTS LINK

シフリンがスラロームで勝利を求め、人生を変える年を終える



If she doesn’t win Tuesday’s World Cup slalom in Semmering, 2020 would become the first calendar year since her maiden...

Ski Racing Mediaさんの投稿 2020年12月28日月曜日


ミカエラ・シフリンの人生を変えた年は、とんでもない終わりを迎えることになるかもしれません。

もし彼女がセンメリングで行われる火曜日のワールドカップスラロームで優勝しなければ、2020年は2012年の処女勝利以来、最も強い種目であるレースでアメリカ人選手が1勝もしない初めての暦年になるだろう。

しかし、シフリンは通常、オーストリアの首都ウィーン近郊にあるザウバーベルクコースで、2016年と2018年の2回開催された洪水のレースで優勝している。
2016年のゼンメリングで祝福するミカエラ・シフリン(アメリカ)。写真提供:GEPA pictures/Mario Kneislis GEPA pictures/Mario Kneisl

"9年も10年も経つと、どの場所でも良い思い出と悪い思い出がある。もちろん、過去にここに来て本当に良い気分になったことはあるけど、今年は新しい年だし、今までとは違うポジションにいるんだ」とシフリンは月曜日に語った。

"前回良いレースができたからといって、今回も良いレースができるとは限らない。だから、毎日仕事をしなければならないということに変わりはないんだ」とシフリンは月曜日に語った。

仕事は、2 週間前にフランスの大回転で優勝して以来、シフリンは 10 ヶ月の休憩から戻って以来、彼女の最初の勝利をしているものです。

レイティラルムでのスラロームとGSのコア種目を広範囲にトレーニングしたことで、彼女は「強い気持ちでレースに臨むことができた」という。

シフリンは、強風のためレースが中止になる前の月曜日のゼンメリングのGSのオープニングランで4番目に速いタイムを記録した。

"全体的に自分のスキーにはかなり満足している」とシフリンは滑走後に語った。

2014年のオリンピック金メダリストであり、4度の世界チャンピオンでもあるシフフリンは、ワールドカップの54年の歴史の中で男女を問わず最多の43回のスラロームを制している。

彼女の最後の優勝は、ちょうど1年前にオーストリアのリエンツで行われた。

彼女のライバルであるスロバキアのペトラ・ヴロワは、1月にザグレブとフラッハウで行われた最初の2つのスラロームで優勝したが、2月初旬に父親のジェフの死によってシフリンの人生はひっくり返った。

シフリンが休んでいる間、ヴロホワは2月中旬にクラニースカ・ゴラで行われた別のレースで優勝したが、これがコロナウイルスのパンデミックの中で残りのイベントがキャンセルされたため、2019-20シーズンの最後のスラロームになることが判明した。

11月のレヴィで行われた今シーズン最初の2つのスラロームもヴロホワが優勝しており、シフリンは1月以来のレースでそれぞれ2位と5位に入っている。

記録や統計を取ることが彼女の主な目標ではなかったが、シフリンは12ヶ月間スラロームで優勝していないという単純な事実を気にすることはないだろう。

この1年は「全く違う」年だったと彼女は言います。

"多くの人が『クールシュベルで優勝した』と感じていると思うので、完全に戻ってきたということであり、物事が正常に戻ってきたということだと思います」とシフリンは語った。
ミカエラ・シフリン(アメリカ)は、今月初めのクールシュベルでの勝利後、反応していました。

"私はそうは思わないわ。普通のことは存在しないような気がするわ。クールシュベルでは、『戻ってくる』ということが好きではなかったの。それは常にプロセスなんだ。僕のキャリアはずっと長いプロセスで、レースに勝ったからといってそれが変わることはないんだ」と語った。

シフリンは、父親を亡くし、COVID-19の制限によりオフシーズンの準備が滞っていたため、精神的にも現実的にも、自分のキャリアを再スタートさせ、"学び直さなければならない "と感じていた。

"その一つは、週末の両レースで非常に強いパフォーマンスを発揮すること、1つの週末に2つのレースでエネルギーを管理することだ」と彼女は語った。

火曜日に行われる今年最後のスラロームでは、シフリンは優勝することよりも上手に滑ることに集中するだろう。

"普通の準備期間、普通のシーズンを過ごしているので、普段よりも高い期待はしていない」とシフフリンは言った。"すべてが変わってしまった。過ぎ去った数年と比較しているわけではありません。"

www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。

W杯女子GS セメリング



🚨BREAKING: today’s Giant Slalom in Semmering cancelled due to strong wind 💨💨💨
#fisalpine

FIS Alpine World Cup Tourさんの投稿 2020年12月28日月曜日




Semmering 🇦🇹 race cancelled due to strong winds 💨 and new program for Bormio 🇮🇹 29. DEC Super G & 30. DEC Downhill‼️ #weareskiing

Joe Libraさんの投稿 2020年12月28日月曜日




Attans! Vi hade Sara Hector pa en femte och Estelle Alphand pa en 22:a plats efter forsta aket i Semmerings storslalom,...

Ski Team Sweden Alpineさんの投稿 2020年12月28日月曜日




Der immer starker werdende Wind vor dem zweiten Durchgang machte eine Fortsetzung des Rennens unmoglich.

ORF Sportさんの投稿 2020年12月28日月曜日





livedoor プロフィール

C.A

Archives
QRコード
QRコード
記事検索
ガソリン価格情報

gogo.gs
tozan